2018年10月13日 (土)

動画の紹介 ~ 視線入力でのパソコン操作 ~

10月5日のブログの中でご紹介した原田稜大さんのお母さん(美代子さん)が

「視線入力でのパソコン操作」という動画をFacebookに投稿されました。



9月17日の盛岡のシンポジウムで、稜大さんが発表されたスライドショーです。




ご了承を得てたので、このブログでもご紹介します。


https://www.youtube.com/watch?v=0KhVnm_rtwU&feature=share




「MMD」って何?


「アニメーションを自作する」ってどういうこと?




シンポジウムでお話をお聴きするまで、

何のことだか、さっぱりわかりませんでした(^-^;



お話を聴いても、私には難しい分野です(^-^;




でも、「視線入力」との出逢いによって、

稜大さんの生活が豊かになり、自信を高めていかれたことはわかります。

稜大さんのハツラツとした笑顔も印象的です。



支援者と呼ばれる私たちが、この動画を観て感じること、

この動画から学び、実践していかないといけないこと…、

深くかみしめながら、繰り返し、観せていただいています。



ぜひ、いろんな方たちにも観ていただきたいなと思います。



盛岡での出逢いとこの動画から、

「できる」に繋がる支援のあり方を

稜大さんと美代子さんから教えていただいたことに感謝しています。



私の今後の課題として、

「わかりやすく観てもらえるスライドショーの作り方」も学びながら、

私も苦手なりに挑戦していこうと思っています(*^^*)



「学び、挑戦するきっかけ」をいただいたことにも感謝です!!

2018年10月 5日 (金)

熱気あふれる盛岡のシンポジウムに参加して

9月17日(祝・月)に開かれたシンポジウムに参加してきました。

開催から2週間以上も経ってしまいました(-"-)

またもや報告が遅くなりましたが、備忘録として書いておこうと思います。



<重度障害者を支援する>実践者のための 視線&スイッチ入力のシンポジウム in 盛岡

http://www.poran.net/ito/wp-content/uploads/2018/08/20180917_Pos_Morioka_04.pdf



当日配布された資料は公開されています。

https://drive.google.com/file/d/1t1N8poYSnrW2EVT7pCI_SkViSru9HKzI/view



主催者のお1人でもある伊藤史人さんのブログには【講演映像集】が掲載されています。


2018.09.28

【講演映像集】

<重度障害者を支援する>実践者のための視線&スイッチ入力のシンポジウム in 盛岡

http://www.poran.net/ito/archives/9966



こうして講演内容が映像として観られるようになっていると

参加者には再確認になりますし、

参加できなかった方たちにとっても貴重な情報になります。



こうした報告をされているのは、伊藤さんが研修等で、

「発信することが大事」とおっしゃっていることにも共通していると思います。



いわゆる支援者と呼ばれる立場の方たちだけでなく、

登壇者や参加者の中に、当事者と呼ばれる方たちが参加し、

共に学び合っていくスタイルにとても共感します。



当日の様子がわかる写真をいくつか掲載しておきます。


Photo   登壇者の方たち勢ぞろい



Photo_2   原田稜大さんのプレゼン



Mmd   原田稜大さんのプレゼンより



Photo_3   原田稜大さんのプレゼンより



Photo_4   福島勇さんのプレゼンより



Photo_5   中島勝幸さんのプレゼンより



Photo_7   引地晶久さんのプレゼンより



Photo_6   菊池直実さんのプレゼンより



Photo_8   藤山健二さんのプレゼンより



Photo_9   及川勝利さんのプレゼンより



Photo_10   板倉ミサヲさんのランチセッション



Photo_11   原田稜大さんのビュッフェ



Photo_12   

 稜大さんが右手の指で使っているスイッチ(お母さん作)



Photo_13   

 稜大さんが左手の指で使っているスイッチ(お母さん作)



Photo_14   中島勝幸さんのビュッフェ



Photo_15   藤山健二さんのビュッフェ



Photo_16   福島勇さんのビュッフェ



事例報告の時に、

生活の中で使っていらっしゃる方たちの写真や映像が流れるだけでなく、

パネルディスカッションでは、ネットワークを利用したビデオ通話で、

ユーザーの方たちもディスカッションに参加されました。


Photo_17   ビデオ通話で参加された方たち



Photo_19   

 ビデオ通話からの映像  足の指につけたスイッチ(お母さん作)



伊藤さんが企画・運営・実践される研修に参加するたび、

私もこういうスタイルの場をやれたらいいなと思います。

ただ、テレビ通話等をやるためには、

私の苦手な分野は誰かに助けてもらわないとできませんが…(^-^;





シンポジウムの中のみなさんのお話の中で共通していたのは、

それぞれの立場や職種が違っていても、

支援者は子どもたちの可能性を信じ、「できるを引き出す力」を磨き、

関係し合う者同士が繋がり合い、具体的に実践していくこと、

そのための労力を惜しまないこと…ということでした。




私にとっては「そんなのわかりきっている」と言えるようなことですが、

当事者の方たちを含め、それぞれの方たちが異口同音におっしゃるということは

そうではない現実があるということなんだと思います。


組織という枠組みや各自の所属の中での決まり事(あるのか?ないのか?)で

流れが詰まっていたり、できるはずの繋がりができていなかったり、

引き継がれていなかったり…リアルな現実も知らされて、ショックもありました。




今、動かないで、いつ動く?!

「とにかく、やる」…

「実績を積み重ねていく」…ということが未来に繋がる!




昔、他の研修でお話してくださった講師の方の

「今が幸せであれば未来も幸せになれる」

「子どもたちの未来の幸せに繋がる今の生活に関わっているという意識を持って

支援していくことが重要」というコメントにも共通していると思いました。




視線入力はここ何年かずっといろんなところで注目されています。



体験会などのお手伝いをする私たちの場でも、

視線入力は、今一番、注目されているように思います。

ただ、その中でとても気になるのが「使用環境」のことです。



私たちはスイッチ等支援機器類の製作にも関わっていますが、

機器類そのもの以上に重要視しているのが、

「ご本人の実情把握」と使われる際の設定のしかたなど「使用環境」です。



どれだけ良いものであっても、設定のしかたなど「使用環境」を的確にしないと

ご本人の負担になったり、「合わないもの」と捉えられてしまったりします。



状況によっては「できない」という想いを強めてしまうこともあります。



「できるを引き出す力」を磨き、ご本人の幸せに繋がっていくはずものが、

支援者側の対応によって逆行してしまってはいけないと思います。



日頃からそんなことを思っているので、

各登壇者の方たちが、それぞれのプレゼンの事例紹介の映像やビュッフェ形式の実習の中で、

「パソコンの高さや向き、角度など設定のしかたやフィッティング」など、

とても細やかに対応されていることを見聞きして、

「ご本人に合った的確な使用環境」が重要ポイントだと再認識できました。





「見た目で判断しないでほしい」

「養護学校は、楽しかったけど勉強するのが少なかったです」というメッセージは

とても心に響きました。


Photo_20   ビデオ通話からの映像





私が障害のある子どもたちに関わり始めたのは40年近く前になりますが、

当時は今のような支援機器類は身近にありませんでした。




それでも、半ば手さぐり的だったかも知れませんが、

どんなに重度と言われる子どもたちも

「わかっている」

「いろんな想いを持っている

「伝えたい気持ちがある」…と信じて、

お母さんたちと一緒に関わってきました。




一番身近にいるお母さんの「我が子が持つ力への信頼」と

支援者と呼ばれる私たちの「子どもたちが持つ力への信頼」が、

日々の療育を通して、子どもたちの未来に繋がっていったように思います。



今は、いろんな支援機器類があり、進化もしています。

当時、こういうものがあったら、

その頃の子どもたちのまた違った未来が切り開けたかも知れません。



今回のシンポジウムでは、私自身の過去の振り返りもできて、

今だからこそできることは何かを自分自身に問うことができました。





25年位前までの私は「パソコンは嫌い、使う人も嫌い」と言っていました。



そんな私をよ~く知っている人たちは、

パソコンはもちろん、私がiPadや機器類を使っているのを見て驚いています。



人は変われるのです(^^)



まだまだ、ICTの分野は得意とは言えませんし、

これから先も苦手分野なのは変わらないと思いますが、

自分の障害や困難さに対応できて、快適な生活につながるものは、

積極的に使っていこうと思います。




情報として私が知り始めた支援機器類の活用によって、

今の生活が変わり、できることが増え、伝えることができる機会が増え、

幸せで快適な生活に繋がっていく人たちがいるなら、

私は私にできることをして、お手伝いしていけたらいいなと思っています。




私の報告は独断的な感想ばかりの報告です。



登壇された福島さんのブログを紹介します。

ブログ本文内から、いろんな方たちのFacebookのページにも飛んでいけます。

そちらも読んでいただけるといいなと思い、紹介しておきます。



2018.09.19

行ってきました!視線&スイッチ入力のシンポジウム in 盛岡

http://sam-eatlab.blog.jp/archives/12121297.html



2018.09.27

【必見】盛岡でのパネルディスカッションがYouTubeで公開!

http://sam-eatlab.blog.jp/archives/12220441.html



登壇された菊池さんから送っていただいた「盛岡タイムスに掲載された記事」もあります。


Photo_18   盛岡タイムスの記事




登壇された原田稜大さんが制作されている「MMD」が観られるYouTube動画もあります。

https://www.youtube.com/channel/UChMhWudg5sITw2-RfJbdzsA




シンポジウムからの流れで、とても興味深かった伊藤さんのブログも紹介しておきます。

2018.09.23

あの「パソッテル」の川端鉄工所からメールが。。。

ttp://www.poran.net/ito/archives/9977



以上、今回のブログはたくさんの人たちの力を借りて書きました。

みなさん、ありがとうございましたv(*^^*)v

2018年9月13日 (木)

「第2回 スイッチ教材製作セミナー in 周南(山口)」のお手伝い

夏休み2つめの活動の報告です。

(超長文であることを予告しておきます)



事前準備のことは以下のページに書きました。



今年度もお手伝いします (周南総合支援学校のスイッチ教材製作セミナー)

http://yamaneko-kousakusitu.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-b7f7.html




今年も帰省時期に合わせて企画していただいたことで、無理なくお引き受けできました。



日にちは昨年度同様「8月11日 山の日」でした。

2年続けて「山の日」開催なので、私たちは「山ねこの日」と名づけました(^^)



Photo   スライド トップ画面




今回は、嬉しいことに「徳山高専とのコラボ企画」でした!!



いつも、セミナーのワークショップでの山ねこの話の中で、

「遠くの山ねこより、近くの高専」という「ことわざ?!(笑)」と共に、

「Kosen-AT」をご紹介しています。



まさしく、今回はそれが実現したような企画でした。



昨年度の会場は周南総合支援学校でしたが、

今回の会場は「徳山高専」でした。



昨年度同様、参加者は周南総合支援学校の先生方に限定されていなくて、

今年は山口県内はもちろん、福岡県からの参加者もいらっしゃいました。



午前のワークショップでは、

徳山高専の「高専の障害者支援活動の事例紹介」が組まれていて、

午後の製作会では「高専の学生さんたちの製作サポート」があるとのことでした。



周南総合支援学校の田原さんと高専の三浦先生との繋がりはもちろん、

日頃から「学校同士の繋がり」があるからこそ実現した企画だったようです。



~共生社会を支える「誰にでも地球にも優しい技術者」育成を目指して~という

三浦先生の資料の表題を見るだけでも、ワクワクしました。



お話の中では「周南総合支援学校と徳山高専の連携」のことにも触れられました。



「お互いの得意なところを無理のない範囲で提供し合う」というスタンスが、

企業も含めた良い流れに繋がっていることも知りました。



Photo_3   ワークショップ(高専 三浦先生)

 
Photo_12   ワークショップ(山ねこ)


Photo_6   ワークショップ(山ねこ)


Photo_7   ワークショップ(かりん)


Photo_8   「展示物」説明中(山ねこ)


Photo_9   「展示物」説明中(山ねこ)


Bd_2   「BDアダプター」説明中(かりん)


Photo_10   

  徳山高専と周南総合支援学校の連携で作られた教材・教具


Photo_11

  徳山高専と周南総合支援学校の連携で作られた教材・教具
  



今回、もう一つ嬉しかったことがあります。

参加者の中に高校生や大学生がいたことです。



大学生の方は、理科系の大学に通う方で、お母さんが特別支援学校の先生でした。



お母さんは昨年度も製作セミナーに参加されていて、

普段、授業で使っている教材が壊れると、

息子さんに修理をお願いしているそうです。



今回、どうせなら、息子さんと一緒に参加し、

ワークショップで息子さんにいろんな支援機器類を直接見てもらえれば、

一目瞭然かなと思って誘ったそうです。



息子さんも、実際に機器類を見ることができて良かったとおっしゃっていました。

製作会ではお母さんだけでなく、同班の方たちの製作サポートもされていて、

とても心強い存在でした。



高校生の方のお母さんは、小学校の先生で、

普段は、受け持ちの子どもたちも含め、こういう世界とは無縁らしいですが、

「おもしろそうだから参加した」とおっしゃっていました。



高校生の息子さんは日頃からいろんなしかけのあるものづくりをしているらしく、

お母さんが誘ってみたとのことでした。



ところが、息子さんは「特に、好きでもない」「何となく参加した」…と、

淡々とした返答をされていました(^-^;

思春期だからでしょうか、恥ずかしさもあったのかも知れません。



私はこの「おもしろそうだから」とか「何となく」という感覚も好きです。



どんなことでも、直感的に「おもしろそう」と感じると参加したくなる私です。

分野にとらわれず、参加してみると、

予想以上におもしろくて、学び多い場もたくさんあります。



どこで何に出逢うかわからないので、私はこういう感覚も大事にしています。



今年度も聴覚障害のある先生も参加されていたので、

午前・午後とも、手話通訳の方たちも参加されていました。



手話通訳の方たちとも打合せやお帰りになる時間に少しお話しましたが、

展示してあるような支援機器類を見る機会は少ないらしく、とても新鮮だったようです。



ワークショップは、多世代、いろんな立場の方たちが参加されていたので、

私が紹介した事例報告もいろんな受け止めをしていただけたかなと思っています。



学齢期のお子さんたちの活用事例だけでなく、

水戸特別支援学校でのワークショップでもご紹介した高知のKさんのスライドを通して、

成人期の方の活用事例を聴いていただけたのはとても良かったかなと思っています。



支援機器類は学校や授業の中で使うだけでなく、

生活の中で使うことによって、ご本人の生活の一部になっていきます。



支援機器類が「生活(生きる)を支える」ものとして息づいていくことの重要性が

若い世代の方たちや先生方にも伝わっていたなら嬉しいです(*^^*)



手話通訳の担当者の方たちは午前・午後で交代され、製作会でも手話通訳がありました。



製作手順書はありますが、作業工程の中で何度か追加説明等もあるため、

手話通訳の方たちの存在は、私たちにとっても心強かったです。




製作会の様子は写真をご覧ください。


今回は「ミニ扇風機の改造」と「フィンガースイッチ」と

「キッチンタイマー仕様ラッチ&タイマー」の製作でした。


Photo_14   製作会


Photo_15   製作会


Photo_16   製作会


Photo_17   製作会


Photo_18   製作会


Photo_19   製作会


Photo_21   製作会


製作会のサポートをしてくださったのは、三浦先生含め2名の先生と

5名の1年生の学生さんたちでした。



当初、参加予定だった学生さんたちが、都合により急遽不参加となり、

開催間近にサポート依頼されたとのことでした(^-^;



学生さんたちは電子工作は慣れているものの、こういうサポートは初めてらしく、

開始時、とても緊張されていました。



それでも、各班ごとに担当してくださった学生さんたちの見守りやサポートが、

参加者のみなさんにとって、とても心強く、助けになっているのが、

傍でみている私にもよく伝わってきました。



各班での参加者の方たちや学生さんたちとのやり取りを見ていると、

学生さんたちがイキイキとした表情に変わっていくのもわかりました。



見本用の事前製作の時のそれぞれの製作所要時間を踏まえて、

時間に余裕を持って、当日用の時間配分をしていましたが、

個人差もあり、何度かの予定変更はありました。



そんな時、始まる前に「楽しく製作」とホワイトボードにも掲示して、

私がお伝えしていたことは役立ったようです。


掲示した内容です。


-------------------------------------------------


作業の進行状況には個人差が出ると思いますが、

タイムスケジュールに沿って進めます。


早く済んだ方は他の方のサポートをお願いします。


難しかったり、困ったりしてしまう方は遠慮なくヘルプを出してください。


みんなで製作を楽しみましょう!!

-------------------------------------------------



予定変更も、その都度、ホワイトボードに書き換えていきました。

今回、私は製作そのもののサポートをすることはなかったので、

そうしたフォローができました。



製作に集中し過ぎてしまうと、注意喚起や予定変更などの指示が入りにくくなります。



特に、要注意点などの指示が伝わらないと手順に不具合が生じたり、

時には危険も伴います。



一声かけた後に「視覚的に伝える方法を取って良かったと思います。



全員の無事完成をみなさんと共に喜び合った後、

各班ごとに「振り返りの時間」を持っていただき、発表していただきました。



水戸での製作会でも感じたことですが、

やっぱり、製作だけでなく、こうした「振り返りの時間」を持つことは

とても大事だなぁと思いました。



最後に、学生さんたちからも感想を言っていただきました。

(記録していたわけではないので、印象に残っている内容の概要です)



   ・人見知りで、人と接するのは苦手だけれど、

    頼られたり、褒めてもらったりして嬉しかった。


   ・子どもの頃、工作教室の生徒として参加する機会はあったが、

    今日のように教える立場になったのは初めて。

    とてもいい経験になった。


   ・喋るのは苦手だけれど、今日は喋れていた。



今回参加された学生さんたちがどんな方たちなのか知りませんが、

サポートの中で普段の自分と違う一面に気づき、自信も感じられたのでしょう、

感想を伝えてくださる時の学生さんたちの嬉しそうな表情が印象的でした。



物理的にも、人的にも、活動しやすい環境、心地よい環境は、

誰にとっても必要不可欠なんだと、あらためて思いました。


学生さんたちについては書き出すと止まりそうもないくらい、

参加者みんなが感動するエピソードもたくさんありました。



山ねこ工作室としてお願いしている「アンケート」の感想の中から一部ご紹介します。



-----------------------------------------------------------------------------



  ・高専の共生社会に向けての取り組みを始めて知りました。

   広い視点での取り組みに感心しました。



  ・若い学生がとても熱心にやってくださる様子に、

   特別支援や日本の将来も安心だなぁ~と頼もしく思いました。


   テクノロジーで「障害」はなくなるというのも夢物語ではないなと思って、

   今後、自分もどう社会に貢献していくのかということを考えるきっかけにもなりました。



  ・高専の方が教えてくださり、支援してくださり、心強く、楽しく製作できた。



  ・すごく楽しかったです。高専の生徒さんには本当にお世話になりました。

   ありがとうございました。



  ・自分の製作に一生懸命で、

   他のみなさんがどんなふうに活動していたのか、見る余裕がなかった。


   製作後のみなさんの感想もとても良かったので、

   次回は終わりにしっかり想いや考えを共有できる場を確保したいと思った。

 
-----------------------------------------------------------------------------



約1ヶ月経って、今回のセミナーを振り返って、あらためて、

「世代も立場も違う交流満載のセミナー」や

「異職種、いろんな立場の方たちが集まり、学び合う場」は本当に良いなぁと痛感しました!!



昨年度、初めて依頼を受けた時の田原さんの企画の趣旨(※)がぶれていないことも

大きい要因だと私は思っています。

-----------------------------------------------------------------------------


 ※
   ・ 山ねこ工作室が関わってきた方たちの具体的な活用事例、

    依頼者やご本人や関係者の方たちの声や想い、実物の体験を通じて、

    幅広いアイディア等を知り、参加者のみなさんと共に学び合いたい


   ・ 製作そのものよりも、ワークショップという時間の中で、

    スイッチ教材等支援機器類の意義や考え方など、

    基本の考え方を学び合うという点を重視したい



-----------------------------------------------------------------------------



今回の報告はとてもとても長文ですが、まだ続けます(^-^;



当日は高専の先生方を交えて、夜の会(飲み会)もありました。



Photo_24   飲み会


Photo_25   飲み会



飲み会では、山口の食材を使った美味しい食事や地酒などをいただきながら、

とても良い情報交換ができました。



その時の話題です。



高専には、発達障害もあり、幼児期から辛い思いをしてきた学生さんも多く、

そんな学生さんたちが自信を持って学生生活を送り、

社会に出ていけるようなサポートもされているそうです。



三浦先生がワークショップでのお話でも触れていらっしゃいましたが、

当日、お土産(笑)にいただいた「講演資料集」の中の一文です。



-----------------------------------------------------------------------------



   ・共生社会は「誰もが相互に人格と個性を尊重し、支え合い、

    人々の多様な在り方を相互に認め合える全員参加型の社会(文部科学省)」


   ・人に内在する障害と科学技術とは密接な関係があります。

      (中略)

    人の生活を支援する科学技術を発展させるためには、

    それに携わる人だけでなく後に続く人材の育成が必要ですし、

    各領域の専門家や関係者との効果的な連携、そして何より、

    国民のみなさまのご理解・ご支援が必要不可欠です。


   ・共生社会は誰も置き去りにしません。



-----------------------------------------------------------------------------



心に深く響くメッセージです。



Photo_22   お土産にいただいた「講演資料集」



あともう一つ、余談です。



「ねこ繋がり」として書き加えておきます(=^・^=)



「周南市」の愛称は「しゅうニャン市」です。



-------------------------------------------------------



  しゅうニャン市プロジェクトについて

  http://www.city.shunan.lg.jp/soshiki/3/2138.html



  ネコのように自由に、のびのびと。

  みんなが居心地よく暮らせるまち、山口県周南市。

  ここは、人がネコになれるまち。

  しゅうニャン市プロジェクト、進行中。



  しゅうニャン市(山口県周南市) スペシャルサイト

  http://shunyanshi.jp/



-------------------------------------------------------



Photo_23   徳山駅の「杉玉 しゅうニャン1号」と「山ねこ」




こんなふうに次々と「ご縁のえん」が繋がっていることが嬉しくて、

やっぱり、人と人との出逢いと繋がりを大事にしてきて良かったなぁと思います。



今回は、特に、学生さんたちとご一緒できたことが最大の喜びでした\(^o^)/



「山ねこの日」の「山口での山ねこ工作室製作会」は恒例行事になりそうです。



今回の「徳山高専とのコラボ企画」を進めてくださった田原さん、高専の先生方、

「ATAC山口組」のみなさん、高専の学生さんたち、

セミナーに参加してくださったみなさん、

ワークショップでの事例報告に協力してくださったみなさん、

参加できなくてもこの企画を応援してくださったみなさん、

楽しく、充実した時間を本当にありがとうございました。



そして、こんなにも長文の報告を最後まで読んでくださったみなさん、

本当にありがとうございました。



みなさんのおかげで、たくさんのパワーと優しさをいただき、

猛暑だった夏を元気に乗り切ることができました(*^^*)

2018年9月 9日 (日)

2018年度 水戸特別支援学校での教材・教具製作会のお手伝い

今年の夏休みも終わりました。

私たちは毎年恒例になった夏休みの活動を通して、

いろいろなことを楽しく学ばせていただいています。



まずは「水戸特別支援学校での教材・教具製作会のお手伝い」の報告から。




昨年の製作会と今回の事前準備の様子は以下のページに書いてあります。


今年度もお手伝いします (水戸特別支援学校の教材・教具製作会)6月12日付

http://yamaneko-kousakusitu.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-6721.html




8月7日(火)いつものように朝から登校し(^-^;

山ねこ作成の支援機器類の展示準備のスタートです。




Photo   展示全体写真


Photo_2   スイッチ体験ボックス


Photo_3   「押す」スイッチ類


Photo_4   「倒す」スイッチ類


Photo_5   「引く」スイッチ類


Photo_6   「握る」スイッチ類


Photo_7   「接触/非接触」スイッチ類


Photo_8   「息・声」スイッチ類


Photo_9   「ラッチ&タイマー」と改造おもちゃ


Photo_10   「改造シャボン玉機」「電動くるくるレインボー」


Vocavoca   「VOCA」「タイムVOCAん」類


Photo_11   「光るバトン」「バブルタワー」


Photo_12   参考文献





こうした展示・体験の場をいただく機会が増えたことで、

搬出準備の段取りもうまくなっているので、

教室についてからの展示準備の段取りも良くなっているのを実感します。



特に、水戸特別支援学校は教材係ではなくても、

長年、製作会のお手伝いをしてくださる先生がいらっしゃるので、

そんな力強いサポートにも助けられています。

とてもありがたいことです(*^^*)



午前のワークショップと午後の製作会は進行等、山ねこと私とで役割分担しています。

山ねこも「〇〇はかりんにお任せ」と言って、

それぞれの得手不得手を踏まえて役割分担しているので、

お互いに助けられていると感じています。



最近、山ねこがワークショップでスイッチの話をする時、

ちょっとしたクイズ形式にしている方法は良いなぁと思っています。



参加者の方たちとやり取りする、いわゆる「参加型」のスタイルは

中には苦手な方もいらっしゃると思いますが、

私は好きなスタイルなので、

クイズを提示されて答えに悩むことになっても楽しむことができます。



Photo_13   山ねこ お話し中



山ねこの話を引き継いで(笑)選手交代をして、私が担当するのは「事例報告」と「まとめ」です。



Photo_14   かりん お話し中




私は「参加型」のスタイルが好きなのですが、

演者の場合、一歩間違うと話が脱線したりして、

与えられた時間内に終わらなくなる可能性があるため、

スライドを見ていただきながら、元々作ってある原稿を読むスタイルをとっています(^-^;



ただ、時間内に終われるのは良いのですが、

キャラクターとしてお笑いのエッセンスも入るものの、

「参加型」のスタイルではないために、何となく物足りなさは感じてきました。

講演なので、別に、笑いをとる必要はないのですが…(^-^;



今回は、事例報告の中に、高知の依頼者Kさんからの報告を加えました。



山ねこ作成の「名刺ケース型ミニVOCA」を使ってくださっています。



ワークショップでの事例報告の中で紹介するために、

Kさんに「生活の中でのエピソードを教えてください」とお願いしたところ、

「生活のなかのミニVOCA」という表題のスライドが届きました。



母親として、息子さんとの生活の中で使っていらっしゃるからこそ、

気づいたり、工夫したりできることがたくさんあるということを

とてもわかりやすく、コンパクトにまとめてありました。



  ・スタートは楽しいことから!

  ・それは本人にとって得になるものですか?楽しいことですか?

  ・支援者本位の使い方になっていませんか?

  ・道具を使うことが目標ではない。生活を楽に豊かにすることが目標!



ものづくりに関わり、いわゆる支援者と呼ばれる立場の私たちにとって、

スライドに書かれている一言一言は心に響くものでした。



生活の中だけでなく、学校や施設で使っていく時にも、

「本人が主体的に使うこと」「生活を支える視点」が重要だということを、

Kさんがまとめてくださったスライドでも再確認できました。



当日、私はそれを代読するだけでした。



活用事例は使っている様子の報告だけではなく、

「支援の基本的な考え方」や「使う方の実情の的確な把握」や

「実情に合わせた配慮や工夫」「必要に応じた改良」など

ベースになる「支援者サイドの感性とセンス」が伴っていると

Kさんのような報告ができるのだとあらためて思いました。



他の事例報告にも共通していますが、

「伝えたい想いを伝える」ためにも、

これらの重要なポイントを深く、認識し直すことが必要だと思いました。



その後、山ねこによる展示機器類の解説の後、みなさんに体験していただきました。



Photo_20   展示物解説


Photo_21   展示物解説


Photo_22   視線入力体験



午後は製作会です。

今回の製作は「ミニ扇風機の改造」と「マイク型音声スイッチ」です。



製作会の様子は写真を参考にしてください。



Photo_17   製作会


Photo_18   製作会


Photo_19   製作会




製作に戸惑う方たちもいましたが、

写真をご覧になればわかるように、終始和やかでした。



Photo_23   ホワイトボード掲示



始まる前にお伝えし、ホワイトボードに掲示した私たちの想いが

みなさんにも伝わっていたのかなと思うと嬉しいです(*^^*)



今回も「木製洗濯ばさみ」は固定具として大活躍していましたし、

K先生の手づくりの「スタンド付き拡大鏡」も役立っていました。



快適な製作のためのこうした道具や工夫は大事ですね(*^^*)



Photo_24   木製洗濯ばさみの活用


Photo_25   木製洗濯ばさみの活用


Photo_26   スタンド付き拡大鏡の活用





製作会の後の質疑応答の時間は、

私たちの希望で「振り返りタイム」と名づけていただき、

各グループごとに、感想を伝え合ったり、

製作物について使いたい対象者や使い方など話し合ったりしていただきました。

その後、各グループごとに、それを発表していただきました。



製作に難航するほど、完成時の達成感が高まります。

それはとても良いことなのですが、

今までお手伝いしてきて感じるのは、

「作って終わり」「作って満足」になりかねないところがあるからです。




想定外に製作時間が延びてしまうと、短時間になりますが、

「振り返りタイム」は私たちにも参考になるので、これからも大切にしていきたい時間です。




毎回、「こんな遊び方考えてみました!」と私からもご紹介しています。



自画自賛ですが、今回の「マイク型音声スイッチ」を使った遊びは、

自分でも気に入っています(*^^*)



動画をご覧ください(*^^*)

「darumasan.mp4」をダウンロード




残念ながら、まだ、子どもたちと一緒に遊ぶ時間が持てていませんが、

先生方には、予想以上に「受けた」と思います\(^o^)/



私は、どんな支援機器類も、楽しみ、面白がって使ってこそ、

命が吹き込まれていくと思っています。



そして、私たちに「活用報告」をしてくださるお母さんたちのように、

子どもたちが主体的に使っていく中で、

生活の中の道具として息づいていくのだと思います。



水戸特別支援学校での製作会のお手伝いは「13年め」になりますが、

継続してお手伝いさせていただけることと共に、

毎回、支援についての基本姿勢を再確認させていただけることに、

心から感謝しています。

2018年8月 2日 (木)

ブルーベリー狩り

22年前に、2本のブルーベリーの苗木を植えました。


1本は根づかず、枯れてしまいましたが、

残りの1本は我が家の土に合ったのか、しっかりと根づきました。



特に、手入れすることもなく、年々すくすくと育っています。

成長し過ぎて、「ジャングル化」しています(^-^;



毎年、収穫していますが、今年は一段と大豊作です。

もちろん「完全無農薬」です!!



今日は、友人が「ブルーベリー狩り」に来ました。

収穫してお届けするのは大変ですが、

「ブルーベリー狩りに行きたい」と言ってくれるのは嬉しいです。



仕事帰りに寄ってくれて、約1時間。

山ねこも加わって、収穫しました。

(私は、おしゃべり&カメラマン)




2   収穫中



Photo   収穫中



2_2   収穫中



収穫量、約1.8キロ!!




Photo_2   収穫したブルーベリー



友人は「ブルーベリー狩りも楽しめて、お持ち帰りもできて嬉しい」と言ってくれました。



友人には「今度は、お友だちを誘って、ブルベリー狩りに来てね」と伝えました。



私たちだけでは食べきれないので、こうして、山ねこ工作室に来てくれるのはありがたいのです。




余談ですが、7月29日のブログに書いた大量のカブトムシはもういません。

ブルーベリーの木の近くの地面に、寿命を終えたカブトムシが5匹落ちていました。



自然界の命の営みをあらためて感じる日となりました。

2018年8月 1日 (水)

火星大接近の夜

2018年7月31日は、2003年以来15年ぶりの「火星の大接近」でした。

ニュースでも繰り返し紹介されていて、

本格的な観察をするためにスタンバイしている人たちもいました。



21時、山ねこが先に庭に出て、私の視覚でも観れると判断し、

「よく観えるで~」と誘ってくれました(*^^*)



夜空の観察時は天体望遠鏡を出すのですが、

山ねこはいろいろ作業に追われている時間でもあったので、

天体望遠鏡は出さず、肉眼で観ました。



我が家のまわりは、夜空の観察を妨げる灯りは殆どないので、

私にも「赤く輝く火星」がくっきりと観えました!!

東の空には、お月さまも出始めていました。



お月さまは、時々、雲に見え隠れしていましたが、

火星の観察のために庭に出て、そんなお月さまも観ることができて嬉しかったです。



私がデジカメで、手持ちで撮った写真なので、イマイチですが、

載せておこうと思います。




9   21時 お月さま



9_3   21時 火星




23時、また庭に出てみました。

お月さまは空高くにありました。


火星も移動していましたが、

お月さまと並んで、より赤く輝いているように観えました。

23   23時 お月さまと火星



23_2   23時 お月さま




日中の暑さの疲れも吹き飛ぶような、心癒される時間でした。



火星大接近2018

https://www.nao.ac.jp/astro/feature/mars2018/

このホームページに以下のように書かれています。

-----------------------------------------------------------------


「大接近」と聞くと、その日や時刻ばかりを気にしてしまいがちです。

しかし、火星の明るさは2018年6月下旬から9月上旬頃までマイナス2等を超え、

観察しやすい時期が長く続きます。

2018年夏から秋にかけて、赤く明るく輝く火星を楽しみましょう。

-----------------------------------------------------------------


山ねこの作業が一段落したら、

またゆっくりと夜空の観察をしたいなと思います。

2018年7月29日 (日)

カブトムシの観察記録~「カブトムシの家」にならなくて良かった~

6月30日の午後。


山ねこが電子工作作業の休憩がてら庭で出て、

異様に感じるバタバタ音に気づいて見つけてきたものは…。


大きなカブトムシ!

今年初めてみたカブトムシです。



630   山ねこが見つけてきたカブトムシ



私も外に出て、庭のクヌギの木(※1)をよく見ると、もう一匹いました。

梅雨明け後の翌日に見つけたカブトムシ。

夏を告げる使者到来です。


(※1)


24年前に遠野で拾ってきた「どんぐり」を植え、その後、ここまで大きく育ちました。



Photo_3   クヌギの木




7月1日の朝。


山ねこが庭のパトロール中、「カブトムシがいっぱいいる!」と伝えに来ました。


私は木の上の方までは見えませんが、私が見える範囲でも5~6匹いました。

山ねこによると14~5匹はいるようです。


交尾中のカブトムシもいました。



1_2   交尾中のカブトムシ



12_3   クヌギの木にいるカブトムシ




オス同士が闘い、落ちてくるのもいました。

落ちても落ちても、また木を登っていきます。


前日に気づいたバタバタ音は、オスが落ちてくる音でした。

数が多いので、異様にさえ感じるのです。



4月に庭木を剪定してもらったので、

このクヌギの木は樹液が溢れ出ているのかも知れません。


1   クヌギの木にいるカブトムシ



12_4   クヌギの木にいるカブトムシ



1_3   クヌギの木にいるカブトムシ



1本の木にこんなにたくさんいるのは今まで観たことがありません。




7月2日の朝。



クヌギの木を観察しました。

木の上の方に折り重なるようにいます。

木の枝や葉っぱにも見え隠れしています。



しかも、カブトムシはみんな大きいのです。



2   クヌギの木にいるカブトムシ



2_2   クヌギの木にいるカブトムシ



木の上の方にいますし、動いているので、写真には撮りきれません。


もう数えられる状況ではありませんが、20匹以上いそうです。



カナブンやクワガタもいます。

でも、こんなにたくさんのカブトムシがいては、

カナブンやクワガタに樹液が回ってきそうにないです。



それにしても、こんなにたくさんのカブトムシはいったいどこから飛んでくるのでしょう。




近所の友人の子どもたちが小学生だった頃は、近くの林にはたくさんいて、

夏休みは山ねこ工作室にホームステイしていた子どもたちと一緒に

よく虫採りに出かけていました。


こんな状況なので、今なら、我が家の庭でカブトムシ採りができます。




山ねこは「この木は『カブトムシの木』や」と言っていますが、

今は誰もカブトムシ採りはしないので、

このままだと、我が家は「カブトムシの家」になるかも知れません…。

観察するのは好きですが、それがちょっと心配な私です(^-^;





7月8日の朝。



山ねこがまた「カブトムシがいっぱいいる」と伝えに来ました。

6月30日から毎日のように観察しているので、

私もカブトムシがいっぱいいることはわかっています。


でも、その日は伝えに来た山ねこの様子が違ったのです。



庭に出てビックリ!!!!!!!




庭のスモモの木の下の熟して落ちた実のまわりにカブトムシが集まっていたのです。


山ねこは地面で死んでいるカブトムシに気がついて、なんでだろうとまわりを見回し、

あちこちに落ちているスモモの実にカブトムシが群がっていることに気づき、

私に伝えにきたのです。




いや~いるわ、いるわ、いるわ、…!!!!!!



8   地面にいっぱいいるカブトムシ



11   地面にいっぱいいるカブトムシ



ひとつの実を争うように取り合っているカブトムシもいました。


カナブンが近づくと、角で追い払っているカブトムシもいました。



8_2   カナブンを追っ払っているカブトムシ



実のそばで交尾しているカブトムシもいました。

交尾中は、すぐそばでカナブンがスモモの実を食べていても、

オスは全く追い払う様子はありませんでした。



8_3   交尾中のカブトムシと食事中のカナブン



でも、驚いたのはその後です。


何と交尾を終えたオスはカナブンを追い払った後、メスも追い払っているのです。


かわいそうに、メスは実から離れて逃げていくしかなく、

トボトボとオスに背を向けて歩き、土に潜っていきました。



そんな初めて観たドラマティックなワンシーンを含め、

スモモの木の下のカブトムシの数の多さには驚きました。



11_2   スモモの実に集まっているカブトムシ



動画も撮りました。


「怖い」「気持ち悪い」と感じる方もいらっしゃるかも知れませんので、

動画を開く場合は、お気をつけください(^-^;



「kabutomusi-douga.mp4」をダウンロード



6月30日以来観察しているクヌギの木にも、たくさんのカブトムシはいます。



さすがに、山ねこも数えきれない状況になってきましたが、

クヌギの木とスモモの木の両方のカブトムシの数を合わせると50~60匹はいそうです(@_@)



9   クヌギの木にいるカブトムシ



9_2   クヌギの木にいるカブトムシ



9_3   クヌギの木にいるカブトムシ




「カブトムシの木」ではなく、

「カブトムシの家」になるかも知れないという私の心配が現実味を帯びてきました。



樹液やスモモの甘い蜜に集まってきているとは思いますが、

この大量のカブトムシは異常な気もして、不気味になってきました。



どうなる?!…山ねこ工作室?!



夏休みになったら「山ねこ工作室でカブトムシ採りをしよう!」っていう企画を立てて、

ほしい人たちにもらっていただいた方が良いのかなぁ(^-^;



7月8日の午後。



山ねこ工作室に初めてのお客さまがいらっしゃいました。


7月21日のブログに書きました。

http://yamaneko-kousakusitu.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/atta-f216.html



4歳のお子さん連れだったので、お帰りになる時に、庭のカブトムシを観てもらいました。

必要だったら持ち帰ってもらおうと思って…。

でも、観察だけして、お持ち帰りにはなりませんでした(^-^;


カブトムシが好きな子もいるようですが、

水戸市内でも身近にカブトムシ採りをするところはなく「買う」そうです。




その後も、毎日、観察は続けていますが、

もうスモモの実は落ちていないので、スモモの木の下にはいません。



クヌギの木の方はというと…日を追うごとにカブトムシの数は減ってきました。

木の低い位置では、以前ほど簡単には見つけられません。



数が減ってきたのはなんでかなぁと思って、調べてみました。



カブトムシの寿命は、卵の時期を加えるとだいたい1年くらいだそうです。

しかも、寿命である1年間のうち10ヶ月は土の中にいるので、

土から出てきたカブトムシの成虫が生きられる寿命は、

なんと、オスで約1ヶ月~2ヶ月なんだそうです。

メスは子孫を残すため、オスより長く、約2ヶ月~3ヶ月なんだそうです。




観察を始めたのが6月30日なので、

オスは個体によっては、亡くなってしまったものもいるんでしょう。




7月28日の午後。



台風12号の進路が気になる朝でした。

朝から晴れたり、曇ったり、雨が降ったり、風が吹いたり、落ち着かない天気でした。



大荒れになる前に、ブルーベリー(※2)を収穫しました。



カブトムシも台風に備えているのか、ブルーベリーの葉っぱの陰に避難していました。

時々突風が吹くので、カブトムシも必死につかまっていました。



28   ブルーベリーの葉っぱの裏のカブトムシ



28_2   ブルーベリーの葉っぱの裏のカブトムシ



そのカブトムシを観ながら、

命の終わりが近いカブトムシもいるのだろうなと思いました。



まさか、こんな形で「カブトムシの観察記録」を書くことになるとは思ってもいませんでした。



あらためて「カブトムシの一生」を知ることになり、

とても複雑な気持ちでもありますが、

山ねこ工作室が「カブトムシの家」にならなくて良かったなぁというのが本音です。

(山ねこはわかっていたようですが…)


Photo   収穫したブルーベリー(約2㎏)


(※2)

20年位前、苗で買って来て植えたら、その後、どんどん育ちました。

手入れをしていないので、ボサボサですが…。

Photo_2  ブルーベリーの木

2018年7月21日 (土)

ご縁のえん ~山ねこ工作室に初めてのお客さま~

「福祉のえん日」の2日後、1通のメールが届きました。



「仕事で、手作りスイッチを作成したいと思っていたけれど、

なかなか学ぶ機会がなく、相談場所を探していたところ、

福祉のえん日に行った同じ職場の人を通して、

山ねこ工作室のことを知り、相談だけでものってほしい…」

そんな内容のメールでした。



このメールを受けて、山ねこがメールで何度かやり取りし、

メールをくださったOTさんが山ねこ工作室に来られることになりました。



7月8日(日)、

4歳の息子さん(R君)連れのOTさんと

「福祉のえん日」に来てくださったSTさんがいらっしゃいました。



室内に「ミニ展示」の場を作り、実際に体験していただきました。



Photo   ミニ展示



Photo_2   ミニ展示



Photo_3   参考文献



OTさんは初めて見るものも多かったせいか、体験しながら歓声をあげたり、

機器の内部を開いて観たり、機器を裏返して写真を撮ったりされました。

R君と一緒に体験するというより、ご自身が思いっきり楽しんているという感じでした(^-^;



OTさんもSTさんも体験しながら、

「これなら〇〇ちゃんにも使えそう」

「こんなのがあると、△△ちゃんもできそう」…と、

職場で関わっていらっしゃるお子さんたちを思い浮かべて、

いろいろおしゃべりされていました。



お2人のウキウキ感やワクワク感がどんどん盛り上がっていくのがよくわかりました。



もちろん、R君も展示してあるものに興味津々で、

いろんなスイッチを使って、おもちゃを動かして遊んでいました。

Photo_4   R君 体験中



Photo_5   R君 体験中



お2人は改造したいおもちゃや作りたいスイッチも持参されていたので、

体験後は「ミニ製作会」となりました。



Photo_6   製作中



Photo_7   製作中 



お2人が製作されている間、R君は私と一緒に遊んでいました。

R君もよくわかっているようで、「お母ちゃんは勉強してる」と言って、

自分は遊んで待っている…そんな感じでした。



「福祉のえん日」でも、電車や飛行機など乗り物のおもちゃは子どもたちの人気の的でしたが、

R君は「トーマス」を見つけて、遊んでいました。

説明をしなくても、前進・後進などの操作がわかるのです。



他のおもちゃもすべてスイッチと繋がっているので、

お家にあるおもちゃとはちょっと違うと思いますが、

R君はそんなことには関係なく遊べているのです。

子どもってすごいなぁと思います。



製作の小休止の時間のおやつタイムを挟んで、お2人は製作の続きをされました。



R君は「山ねこのおもちゃ」だけでなく、持参の「DVD」を観て過ごしたりしました。

私も一緒に観せてもらいました(^^)



1   室内の様子



お2人の製作が無事完了し、お母さんが完成したおもちゃを見せると、

R君は大喜びして、拍手していました。



Photo_8   完成の喜び



Photo_9   完成した「スイッチ」と「改造おもちゃ」



お母さんたちの達成感あふれる満面の笑顔がR君にとっても嬉しかったのでしょう。



お母さんが楽しいと子どもも楽しい!!

お母さんが嬉しいと子どもも嬉しい!!



この日は、そんな当たり前のことを実感できる時間になりました。



「山ねこ工作室の初めてのお客さま」が

私たちに楽しくて、ハッピーな時間をくださったことに感謝です。



お2人は作られたものをさっそく、職場で試されたようです。



職場のfacebookに写真入りで投稿されていました。



一般社団法人weighty 多機能型重症児デイサービスkokoro


https://www.facebook.com/kokoro20161201/(7月10日付)
http://jyudei-kokoro.org/index.html




2日後、お礼と報告のメールが届きました。

ご本人の了承を得たので、メールをそのまま引用します。




ここから--------------------



昨日、早速、kokoroでスイッチを試してみました。

Facebookにもスイッチを使ってる様子が投稿されてます。



子供達よりもスタッフの注目の方が熱かったですが笑笑、

これからこの子にはこの姿勢でこんなスイッチができたらな、とか

もっと機能的な評価をして、この子の能力で楽しめるかを見ていきたいと思いました。



そして、8月に夏祭りがあるので、

夜に光るようなスイッチおもちゃを夏祭りに向けて作りたいなぁと考えてます。



沢山お話したくてメールじゃ伝えきれないです笑笑!



息子は「おもちゃのお家また行きたい」と言ってます笑笑。



--------------------ここまで




その後、写真や動画付きで、以下のようなメールも届いています。




ここから--------------------



 フィンガースイッチとBDアダプターを作りました。

 無事に作れました。



Photo_10   OTさんが製作した「フィンガースイッチ」


 
  
 
 

 

 配線がよく分からず、旦那を巻き込みました笑笑。

 まだまだこれからです。

 頑張ります!



 まだまだ旦那の頭が必要ですが、

 夫婦で作って、息子が喜んで、、、

 家族としてもスイッチ制作はいいエッセンスになっています。



--------------------ここまで



OTさんの喜びだけでなく、R君の笑い声も入っていて、

ご家族団らんの様子が伝わってくる感動的な動画がとても嬉しかったです(*^^*)



私たちがスイッチや支援機器づくりを始めた20年近く前、

山ねこのことを「電子工作の師匠」と呼び、

一緒に学んで、製作してきた方たちもたくさんいます。

そんな方たちも生活や環境の変化の影響か、

一部の方たちは、今、製作からは遠ざかっているようです(^-^;



そんな状況でもあるので、

今回のように、若い世代で、ものづくりに関心を持ち、

こうして積極的に取り組んでいかれる方たちがいてくださるのは、

私たちにとっても嬉しいことです。



特に、最近、いろんな立場の方たちとお話していると、

「引き継いでいくことの必要性と同時に難しさ」が話題になります。



「福祉のえん日」での「ご縁のえん」がこんなふうに繋がっていくのをとても嬉しく思います。


OTさんのご主人もお仲間入りしてくださると嬉しいなぁと思います。



いつか、kokoroの子どもたちにも会いに行きたいなぁと思っています。

2018年7月16日 (月)

「マジカルトイボックス」の夏のイベント参加報告

7月14日(土)

国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた

マジカルトイボックスのイベントに参加してきました。



Photo   イベントのチラシ(表)



Photo_2   イベントのチラシ(裏)



冬のイベント同様、夏のイベント参加も恒例化しています。


午前中のAACセミナーでは毎回貴重なお話を伺えます。


今回の演題は「iPadを外部スイッチで操作する活用例」で、

講師はマジカルトイボックスの事務局メンバーでもある都立光明学園の外山さんでした。



iPadなど「タブレット端末」は一般的には手指で操作するものと思われていますが、

「入力装置」を無線または有線で繋ぎ、

「外部スイッチ」を繋ぐとスイッチで操作することができます。

外部スイッチを活用できる入力装置もいろいろ市販されています。



セミナーでは、そんないろいろな情報と共に、実際の活用例が紹介されました。

動画を交えた具体的な「活用例」を通して、

子どもたちの達成感や喜びなどが伝わってきました。



お話の中の大切なポイントを私なりに書き出してみます。


・本人が実現できるところは何かを的確に知る

・本人が実現したいことは何なのかを知る

  本人の満足感・本人のお得感・本人の楽しみ

・「本人ができるところ」と「本人がしたいこと」を見極めて対応する

・iPadの「設定」の中の「アクセシビリティ機能」を確認する

・アプリ側がスイッチ入力に対応しているかどうかをチェックする

・元々、アプリ自体がスイッチ入力に対応できる仕様のものもあるが、

アプリによって求められる操作方法が違う

・それぞれの「スイッチインターフェイス」には得手・不得手があるので、それらを見極める

・成長過程の子どもたちの学びをどう実現していくかという視点が重要

・本人がフィードバックしやすい設定、本人が気づける設定が重要



初めて聴いた話ばかりではなかったですが、私には、まだまだ知らないことがいっぱいです。

知っているようでも、わかっていないこともまだまだたくさんあります。



何度もお話を聴きながら、わかっていないところを確認し、

自分自身に足りないところを再確認していくことができました。



セミナーの後半は「フィティングの際の観点整理」として、

「認知面」と「操作面」の両面を考慮してフィティングを行なっていくことのポイントを

とてもわかりやすくまとめられた表の紹介と解説がありました。



有益な情報や支援機器類の存在が役立つものであっても、フィティングが的確でないと

お使いになる方たちに負荷がかかってしまったり、

かえって難しいと感じさせてしまったりすることもあります。



有益な情報や支援機器類を活用して子どもたちの成長を促し、

「学ぶ喜び」や「生きる喜び」を持てるように関わってこられた実践の背景には

そうした重要な観点があるからこそなんだなと思いました。



私たちが依頼を受けて対応させていただいている時も重視しているところですが、

今回の外山さんのお話を聴いて、より再認識できました。



私たちは教員ではないので教育現場で関わらせていただく立場ではありません。



日常生活の中で関わらせていただく立場だからこそ、

みなさんと共に「快適な生活」や「楽しい生活」を実現するためにも、

今回の学びを活かしていこうとあらためて思いました。



「iPadを外部スイッチで操作する」ことの実践そのものは、

今の私の理解力と力量ではまだまだできそうにありません(-_-;)



でも、私にできることから少しずつやっていこうと思います(^-^;



午後は、山ねこが「製作講座」のお手伝いを頼まれていたので、

私も少しだけお手伝いすることにしました。

「おしゃべりサポート」が必要な時にも備えて…(^-^;



参加者のみなさんは事前に作りたいものを申し込まれていて、

「製作講座」の前半は「初級」、後半は「中級」となっていました。



Photo_3   製作講座の様子



Photo_5   製作講座の様子



Photo_6   製作講座の様子




私たちがたまたまお手伝いに入ったテーブルの方たちは、

はんだ付け作業の経験も少ないようでした。

しかも「BDアダプター」や「フィンガースイッチ」など、

もう何年も電子工作をしていない私でも何とかお手伝いできるものを作られる方がいたので、

微力な私でも役割が果たせそうでした(^-^;



会場内で写真を撮っていらっしゃったSさんから私がお手伝いしている写真をいただいたので、

「証拠写真」として掲載できることになりました(^-^;



Photo_7   製作サポート中(かりん)



「難しい」「うまくいかない」とおっしゃる方たちのお手伝いは、

万年初心者のままの私だからこそできます。



山ねこが難なくやってしまう作業を

どんなふうにしたらストレスなくできるかという

「コツ」や「工夫」を伝えることは、私の得意分野です(*^^*)



どんな些細なことであっても、

うまくできた時の安心感や満足感は、

作業に難航されている方たちと同じ気持ちで共感できます。



動作確認をして、無事完成できたことがわかった時には、いつものことながら

「できた~!」「やったぁ!」と自分のことのように大きな声で叫んでしまいました。




「ひもスイッチは他の使い方もできるんですよ」と

小松さんが具体的にいろいろ紹介してくださいました。

同じテーブルの方たちは驚いていらっしゃいました。



Photo_14   ひもスイッチの応用例紹介




製作したものを柔軟に、多角的に観る視点は、

製作スキル以上に大切なものです。



豊かな発想が子どもたちの豊かな学びや生活に繋がっていくことを

小松さんとのやり取りの中でも学ぶことができました。



「フィンガースイッチ」については、

8月11日の山口でのセミナーでも製作をお手伝いすることになっているので、

その時に、どんなふうに伝えれば良いかという私自身の事前練習にもなりました(*^^*)v



「製作講座」のお手伝いをしながら、

今回もいろんなことを学び、楽しませていただきました。



山ねこは山ねこで、私は私で、

それぞれの役割を果たせたかなと思っています。



休憩時間を利用して、展示会場にも少しだけ行ってきました。



マジカルトイボックスのブースでは、

私たちが参考にさせてもらったものがたくさん並んでいました。



Photo_12   マジカルトイボックスのブース



Photo_13   マジカルトイボックスのブース



お互いに「まねっこ」し合って作り、

子どもたちや必要とする方たちのニーズに合わせて、

より良いものに進化させて作っていけるといいなぁと思います。



今回、私にとって「大ヒット」したのは、

「伸び縮みする指し棒を利用したタッチペン」です!



Photo_8   指し棒を利用したタッチペン 体験中



Photo_9   指し棒を利用したタッチペン 体験中



Photo_10   指し棒を利用したタッチペン 先端部分



Photo_11   手づくりのタッチペン各種



軽くて、少し長めで、持ちやすいタッチペンを探していた友人がいて、

最近、購入&改良サポートしたばかりです。



指し棒を利用をすることは思いついていなかったので、

参考にして、作ってみようと思います。



こんな時には、100円ショップで良いものが見つかります。

「指し棒」ではないですが、先が加工しやすそうなので買いました。



Img_3919   ぐんぐんのびるドッキリフォーク



こんなものが売っているのも驚きですが、

こんなものを「伸び縮みするタッチペン」の製作に使ってみようと思う発想も

なかなかいいでしょう(自画自賛)(^-^;



セミナーも製作講座も含め、

マジカルトイボックスでの再会と出逢いは本当に楽しいです!



私たちはいつもただの参加者なので、気楽に参加していますが、

イベントを実施するにあたり、準備から後片づけまで、

事務局のスタッフ、サポーターのみなさんにはいろいろご苦労があると思います。

感謝の気持ちでいっぱいです。



今回も大満足できる時間を過ごし、イベントが終わった後は、

いつものように、八木ちゃんと3人、東京で飲んで帰りました(*^^*)



帰宅後、八木ちゃんと「今日も幸せな一日だったね」とメールを交わしました。



8月にお手伝いすることになっている2つの製作会に向けて、

パワーをたくさんいただきました。



「マジカルトイボックス」はやっぱり楽し~い!!

2018年7月13日 (金)

今年度もお手伝いします (周南総合支援学校のスイッチ教材製作セミナー)

昨年の8月11日(祝・金)に

山ねこの郷里、山口にある周南総合支援学校で、

「スイッチ教材製作セミナー」のお手伝いをしたことはブログに書きました。

http://yamaneko-kousakusitu.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-fc7e.html



昨年のセミナーでは、半田ごて等は近くの徳山高専からお借りになり、

当日は高専の三浦先生も製作サポーターとして参加されました。



今年は「徳山高専とのコラボ企画」とのことで、

私たちもお手伝いさせていただくことになりました。


36734011_939830399535022_6115747406   案内チラシ




今回、学生さんたちも製作サポーターとして参加されるそうです。



とても素敵な企画なので、お手伝いする私たちも楽しみです!!



午前中のワークショップでは、

製作サポートさせていただいている方たちのお力を借りて、

活用事例報告をさせていただく予定にしています。



ご本人やご家族の生の声をお伝えできる良い機会なので、私たちも嬉しいです。



午後に製作するものは以下の3点です。

①ラッチ&タイマー

②フィンガースイッチ

③ミニ扇風機の改造



Photo_8   ラッチ&タイマー



Photo_9   フィンガースイッチと改造ミニ扇風機




必要物品や部品を購入し、山ねこは準備を進めています。


Photo   ミニ扇風機とケーブル



参加者のみなさんが、当日、少しでも快適に製作できるように

山ねこはいろいろ工夫もしているようです。



私は山ねこの作業を邪魔しないように気をつけてはいますが、

写真を撮ったりしている行為そのものが、

山ねこの邪魔になっているのでしょうか?!

山ねこはいつも苦笑いしています。



細かい作業の時には、確かに、うっとしいでしょうけど、

「作業工程の記録写真」ということで受け止めてもらっています(^-^;(…ほんまか?!)



Photo_2   キッチンタイマーの改造


Photo_3   改造済みキッチンタイマー


Photo_4   山ねこ作業中


Cnc   「CNCフライス」 ケース加工中


Photo_5   加工済みケースと改造済みキッチンタイマー



こういう大人数の製作会の準備の時、

下準備ができたケース類を並べてみると「美しいなぁ」といつも思います。


Photo_6   加工済みケース



Photo_7   加工済みケースと改造済みキッチンタイマー





今年はどんな再会と新たな出逢いがあるでしょうか。

今からワクワクしています。



夜は交流会があるかな?!

もちろん、それも楽しみにしています(^-^;

«「ご縁のえん」~「福祉のえん日」の「光と音のへや」~