« 作って楽しい! 遊んで楽しい! その2 | トップページ | こんなコラボも・・・(*^_^*) »

2014年9月14日 (日)

素敵なコラボレーション




8月23日、仙台高専で開かれた「JAPAN ATフォーラム 2014」に参加しました。


http://www.tc.knct.ac.jp/~kkiyota/WEIT2014/forum.html



 At_2

                              


理工学的な内容ばかりなので、内容を理解できたわけではありません。



そういう意味では、私は全く場違いのところにいた感じでした(苦笑)。




それでも「参加して良かった!また参加したい!」と思ったのは、


学生さんたちがいろんな視点で研究や開発に取り組んでいらっしゃることや


特別支援学校の児童・生徒さんたちや高齢者の方たち等々と直接的に繋がり合い、


お互いの夢を実現しようとされていることを


具体的な事例を通してたくさん知ることができたからです。





講演・パネルディスカッションも含め、全体を通して共通していたキーワードは


「当事者の視点」「生活の視点」「現場のニーズの把握」


「人と人とが出逢うこと」「繋がり合うこと」「実際に行動すること」


「楽しむこと&楽になること(どの立場の人たちも)」


私はそのように受け止めました。




これらはいろいろな場で繰り返し伝えられていることでもありますが、


みなさんの発表から、それをより実感&再確認できる時間になりました。





余談になりますが、私たちは「ロボコン(※)」が大好きです。


 ※ 全国の高専や大学の学生さんたちが参加するロボットコンテスト。


   
アジア・太平洋ロボットコンテストというのもあります。

                   
        



山ねこは学生さんたちが製作したロボットのメカニック的なところに注目しています。


私はメカニック的なところはわかりませんが、


学生さんたちのさまざまな工夫やこだわりに注目しています。





毎回、テーマがあって、そのテーマを達成できていることが審査基準となり、


速さとしても競うことになります。





出場するロボットは精巧さはもちろんですが、


「笑いの要素」や「美的な要素」など個性がよく出ています。





1人で作る楽しさもあると思いますが、仲間と一緒に作る楽しさもあると思います。


当然ながら、製作だけでなく、「操作」という重要な役割もあります。


製作過程で操作する時と本番で操作する時とでは環境も違っています。





そんないろいろな条件の中で繰り広げられる「ロボコン」と今回のフォーラム、


内容は違っていても、若い人たちのものづくりへの想いや夢は共通していると感じました。





私はロボットは作れないただのおばさんですが、


いつかそんな若い人たちとのコラボができると楽しいだろうなぁと思っています。





介護の分野にも入ってきているロボット…。


若い人たちと私とのコラボは私自身が介護ロボットを利用する時かも知れません(^^)




そのためにも、どんな場や時間も思いっきり楽しむ心を忘れず、


いろんな視点でものを見る目と感じる心を培っておきたいなぁと思っています。

« 作って楽しい! 遊んで楽しい! その2 | トップページ | こんなコラボも・・・(*^_^*) »

山ねこ工作室の活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素敵なコラボレーション:

« 作って楽しい! 遊んで楽しい! その2 | トップページ | こんなコラボも・・・(*^_^*) »