« 今夜のお酒 | トップページ | 父と母の夏祭り »

2015年9月12日 (土)

教材・教具製作会のお手伝い

今年も、毎年恒例になった水戸特別支援学校での教材製作会のお手伝いをさせていただきました。

製作会は8月6日(木)でした。

1ヶ月以上も前のことですが、製作会までのことを中心に報告したいと思います。



毎回、製作会の前には教材・教具係の先生と事前にお会いし、

「製作物選び」と「会の運営の方向性」を話し合います。

製作物はアンケートなどを参考に先生たちの希望の多いものの中から選ぶ場合もありますし、

係の先生たちの希望で決める場合もあります。



今年度の係のK先生は製作会の参加経験はあるものの、

初めて係になったとのことでした(念願叶って… (^^))


K先生には山ねこ工作室所有の支援機器類を実際に見ていただき、

作ってみたいものを選んでいただくことになりました。



まず初めにK先生の目に留まったのが「CDケーススイッチ」でした!

CDケースの素材が「布なのが良い!」とのことでした。



スイッチはいろいろなタイプがありますが、素材はプラスティックや金属のものが多いです。

確かに、スイッチに触れる時、

お子さんによっては素材の感触が使いにくさに繋がっていることもあると思います。



「素材という視点」で着眼されたK先生のお話は「なるほど!」と思いました。



次に、K先生の目に留まったのは「無線で動く機関車トーマス」でした!



製作会では「無線(ラジコン)」のおもちゃの改造はしたことがありません。

コードで繋がっていることで使い勝手が悪いこともあると思います。

私たちも迷わず「いいね!」しました(^^)



ただ、残念なことに、同じものは探しても見つからず、

3人で「ラジコンで動くおもちゃ」を探すことになりました。



私が探していて驚いたのは、自動車や電車など乗り物ばかりではないことでした。

「ムカデ」「イモムシ」「カブトムシ」などの昆虫もありました。

なんと「ゴキ○○」までありました(-_-;)



そんな中、見つけたのが「ショッピングカート」と「台車」でした。

何かを運ぶということならいろいろ使えそうだと思いました。

ただ、何となくかわいくないし、応用のきくものがいいなぁと思って探していて見つけたのが

「ごみ箱どうぶつラジコン」でした!!



私の大好きな「カエル」もあり、個人的にも気に入りました(^^)

ゴミ箱部分が取り外せて、台車として使えることもわかりました。



こうなると、次から次へとアイディアが浮かぶ私です!!



「愛(アイ)ディア」も含め、K先生に連絡し、

係の他の先生たちと相談していただくことにしました。

「自動車などの方が子どもたちはイメージしやすいのでは?」という意見もあったようですが、

結果的には「ごみ箱どうぶつラジコン」に決まりました(*^_^*)



K先生がさっそく発注し、7月12日に係の先生たちが山ねこ工作室に集まり、

「プレ製作会」をしました。


Photo  カエル・パンダ・クマ 3種類のゴミ箱ラジコン


Photo_2  プレ製作会その1


Photo_3  プレ製作会その2


Photo_4  製作手順書づくりのためのメモ(これ大事!!)




実は、この「プレ製作会」、とても重要なのです!!



中には「半田付け初心者」もいますし、

難なく作業できる方もいれば、そうでない方もいます^_^;

でも、それが良いのです!!



山ねこの説明が上手く伝わるか、

作業の所要時間がどの程度かかるか、

作業の中でどの部分が難しいのか等

「プレ製作会」が製作会本番に向けてのシュミレーションにもなるからです。



また、係の先生たちは製作会当日「サポーター」という役割もあるので、

「プレ製作会」での体験がとても役立つのです。


苦心したところや要注意点などが当日の参加者への助言にも繋がります。


「プレ製作会」で無事に完成した喜びや達成感を当日は参加者の方たちと共感し合えます。



山ねこは電子工作が手馴れているため、こういう感覚が実体験として持ちにくく、

所要時間の目安も測りにくいのです。



そういう意味では、「プレ製作会」はとても貴重な時間なのです(*^^)v



無事に完成し、ラジコンを使った動画の撮影会をしました。

「台車でおやつを運ぶ」という動画です。

私はもちろんですが、この撮影会を係の先生たちはとても楽しまれていました。


Photo_7  撮影風景その1


Photo_8  撮影風景その2




やっぱり「大人が遊ぶ!大人が楽しむ!」は大事です(*^_^*)



こうして楽しい「プレ製作会」は終えたものの、

今回は参加申込みが伸び悩んでいたようです(-_-;)



改造おもちゃが「ゴミ箱」だからでしょうか?!^_^;

職員会議で、その動画と事前に私が撮っていた動画を観せて参加者の再募集をしたら

申込者が定員に達したそうです(*^^)v

動画はとても受けたそうです(^^♪



そんなこんなで、K先生から連絡をいただいた6月から製作会本番までの準備期間を

とても楽しく過ごせました。



本番の製作会の様子も伝えたいことはたくさんありますが、

長文になるので、写真に沿った報告で簡略化します(^^)



今回は「ワークショップ」もテーマを絞り、

要望の多かった「キネクトとOAKの紹介と体験」「ipadと繋げるスイッチの紹介と体験」を中心に

山ねこが担当しました。


Photo_9  キネクトとOAKの紹介


Photo_10  キネクトとOAKの紹介


Photo_11  キネクトとOAKの体験


Photo_14  ipadタッチャーの紹介


Photo_12  CDケーススイッチの製作


Photo_13  棒スイッチの製作


Photo_15  ラジコンのコントローラーの改造

Photo_16  ラジコンのコントローラーの改造


Photo_17  改造したゴミ箱ラジコンを使ってボーリング




製作会終了後の「振り返りタイムを兼ねた交流会」では、

ラジコンの使い方の「愛(アイ)ディア」の紹介を中心にしたお話を私が担当し、

参加者のみなさんからも「愛(アイ)ディア」を出し合っていただきました。


Photo_18  交流会


Photo_19  交流会後のジャンケン大会勝者へのプレゼント

                              (手づくりトラック)




「ワークショップ&機器展示&体験」と「製作」という組み合わせでの製作会は

最近の定番になっていますが、

いつもより交流時間を多く持てたことがとても良かったです。



A  機器展示

        密かに注目を浴びていた「5種類のスイッチを繋いだ分配器」



C  機器展示



B  機器展示




教材・教具は子どもたちのために

先生たちがいろいろ考えて作ったり、準備されたりするものだと思いますが、

作ったり、使ったりする段階で、

子どもたちと一緒に楽しみ合い、笑い合えることは大事なことです。

使っているお子さんとまわりのお友だちと先生とがコミュニケーションし合って、

楽しさや嬉しさを共有し合えることが大事なのだと思います。




使わせたい…ではなく、子どもたち自身が「使いたい」という気持ちになってこそ、

教材・教具は意味あるものになっていくのだと思います。





私たちが大事にしている

 「ちょっとした工夫や便利なグッズの利用で、『楽になる』『楽しくなる』『嬉しくなる』…

 『生き生きとした暮らし』と『笑顔』に繋がっていく」

という想いを参加者のみなさんと共感し合うことができました。

「記念すべき10年め」にふさわしく、充実した製作会になって、とても嬉しかったです(*^^)v



製作会の様子は学校のブログでも紹介されています。

ぜひ覗いてみてください(^^♪

茨城県立水戸特別支援学校 ブログ(8月24日付)

http://blog.goo.ne.jp/mito-sh/e/ddd1efa26c63a2cfd81cb50ed9b8b12f

« 今夜のお酒 | トップページ | 父と母の夏祭り »

山ねこ工作室の活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598530/62266499

この記事へのトラックバック一覧です: 教材・教具製作会のお手伝い:

« 今夜のお酒 | トップページ | 父と母の夏祭り »