« 水戸特別支援学校での教材・教具製作会のお手伝い | トップページ | 「福祉のえん日」の報告 »

2016年9月26日 (月)

「メーカーフェア」に行ってきました!

まもなく9月も終わろうとしているのに、まだ「夏の報告」をしています(トホホ)。

新鮮な情報ではないなぁ…(^_^;)

でもまぁ、こんなペースなのも私の特性ゆえ…ということで、

ご興味のある方たちはおつき合いいただければと思います。



7月のマジカルのセミナーの講師、熊谷さんに紹介していただき、

8月7日(日)に山ねこと2人で「メーカーフェア」に行ってきました!


Photo_2  メーカーフェアのプログラム


M_2  メーカーフェアの看板




入口付近から心が揺さぶられるような楽しい熱気を感じ、

会場に入った瞬間「子どもも大人も楽しめるおもちゃ箱のような空間」と感じました。

特に、私はそういう感覚的な感度が高いのかも知れません(^^)



入口から真っすぐ入ったところに「熊本大学教育学部大杉研究室」のブースがありました。

http://makezine.jp/event/makers2016/kumamotodaigakukyouikugakubu/



「熊本大学教育学部大杉研究室」は7月のマジカルでも出展されていて、

イベントの開催前から話題にはなっていましたが、

その日は私たちも出展していたため、ブースに体験しに行くことができず、

今回は真っ先に行きました!!(*^_^*)



「視線でおもちゃを動かせる」ということを実際に体験して感動し、

何とも言えない不思議な感覚が私にとっては楽しさにつながっていきました!!



どんなふうに製作されたのか、それを理解するのは私には無理ですが、

手指を上手に動かすことができない子どもたちが、

視線を使って操作できるおもちゃや教材の開発!!…

なんてステキなことでしょう!!



ブースでは来場者が次々と体験されていました(^^♪



Photo_3  「熊本大学教育学部大杉研究室」のブース


Photo_4  見て見て旗あげ君



     画面に表示された赤と白の旗のアイコンに視線を動かすと、

     モニター左右上部に取り付けられたサーボモータが動き、

     赤と白の旗を動かすことができる





こんな楽しいブースでの体験から始まって、

会場内のどこのブースに立ち寄っても、

出展されている人たち自身が楽しんでいらっしゃる様子がとても印象的でした。



ブースを出している人の中には高校生の人たちもいました。

私たちが大好きな番組「ロボコン」に出ている高専の人たちのブースもありました。



「遊び心満載」「お笑い心満載」「オシャレ心満載」…(^^♪

多世代、多分野…何でもありで、

お話を聴きながら、私たちも楽しみ、時間はあっという間に過ぎていきました。



事前に出展されていることを聴いていた「システムデザイン・ラボ」のブースには、

最後の最後にたどり着くことができました。



テンプラー筋電位スイッチ

http://at2ed.jp/pro/productDetail.php/productid/P2373/companyid/M0822/ckana/12



こめかみの筋肉の動きを使って車いすを動かせるのです!!!!!!


Photo_5  車いす操作中


Photo_6  車いす操作中




前後左右うまく動かすには、少し練習が必要でしたが、

こんな方法で車いす操作ができるなんて、すごいですね(^_^)v



開発者のSさんは、以前、マジカルのイベントでお会いしたことがあります。

Sさんから、他にもいろいろ見せていただきましたが、

山ねこがSさんと意気投合するのがよくわかる気がしました。

Sさんと山ねこの表情にはまるで少年のような瞳の輝きがありました(*^_^*)


Photo_7  空気砲




私が最初に感じた「心が揺さぶられるような楽しい熱気」

会場中に満ち溢れている「おもちゃ箱のような空間」は、

こんな大人の人たちが会場中にたくさんいらっしゃったからなんだとあらためて思いました(^^♪

(私はただひたすら遊ぶ大人です!)



当日は山口に帰省する日でもあり、

新幹線の乗車時間に間に合う時間までという時間制限付きだったので、

すべて回りきることはできませんでした。

それでも、限られた時間の中でたっぷり楽しみました!!



会場内の写真撮影可能なものは写真に撮りましたが、

あまりにも多くて、ここに掲載することはできません(^_^;)



その中から、私が「面白い」と感じたものを選んで掲載します。

山ねこセレクトとはかなり視点が違うでしょう。



電子工作はできない私ですが、

工作好きな私としては挑戦できそうなものもあり、参考になりました。

そんな視点で選んでみました。


Photo_9  段ボールで作ったスイッチ


Photo_10  回路マーカー


     線を描くだけで電気が通るマーカー

     回路用紙・回路用PETフィルムに描いて数秒で通電

     https://agic.cc/ja/education



Photo_12  ゾートロープ


     くまモンやアヒルが乗った回転台が回る時に、

     ストロボが当たると「パラパラ漫画」のような動きになる



Photo_13  ピタゴラスイッチ的な装置


     スイッチを入れるとセットされているパチンコ玉が

     からくり仕掛けによって次々に動く



その動きはずっと見ていても飽きることがありませんでした。

動画がないのが残念です。



Photo_14  ミニチュア工具(1円玉と比較)


Photo_17  JIKKALARM


     セットした時間になると包丁が上下に動く



台所から聞えてくる「トントントン」という包丁の音を目覚ましアラームにするなんて

斬新でユニーク\(^o^)/

「実家」「アラーム」をもじって「JIKKALARM」にしてある命名も楽しいです!!




Photo_18  論文まもるくん


Photo_8
  手回しオルゴール


Photo_15  扇風琴


      旧型の扇風機を使って作られた電子楽器


Photo_16  扇風琴の解説


Photo_19  スライム時計(?!)


     上の丸い容器にスライムを入れると下に流れ落ちる



スライムは私も好きな素材ですが、こんなふうに楽しむこともできるんですね。






この「メーカーフェア」は毎年開催されているようですし、

ご興味のある方たちは、ぜひ会場に出かけられて、

体験されると良いですよ(*^^)v




熊谷さんだけでなく、他の人たちからも伺っていたように、

山ねこも私もめっちゃ楽しめるイベントでした!!

ご紹介くださった熊谷さんに大感謝です!!(#^.^#)!!



来年から「メーカーフェア」も「私たちの楽しいあそび場」として、

恒例の参加行事になりそうです。

もちろん、次回は時間をたっぷりとって行きたいです(^_^)v

« 水戸特別支援学校での教材・教具製作会のお手伝い | トップページ | 「福祉のえん日」の報告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「メーカーフェア」に行ってきました!:

« 水戸特別支援学校での教材・教具製作会のお手伝い | トップページ | 「福祉のえん日」の報告 »