« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の6件の記事

2017年1月29日 (日)

穏やかな一日

明けない夜はない。

朝は朝でも同じ朝はない。



そんなことを思って目覚めました。



冬の起床は布団の中から出にくく、朝の支度も遅れがち。

それでも毎日、いつもと同じ場所で、山ねこの出勤を見送っています。




雲の切れ間から差し込む朝日が空をオレンジ色に染めている日もあれば、

まぶしい朝の光が霜の降りた地面を照らす日もあります。


Photo_19  雲の切れ間から差し込む朝日


Photo_20  地面を照らす朝日




昨日の土曜日は山ねこもお休み。

どんな日になるかなぁと私はゆるゆると家事をしていました。



山ねこが「今日もハクチョウが来てるで」と教えてくれました。



いつもは水戸市内の大塚池にいるようですが、

特別なことがない限り(?!)、家の前の田んぼにハクチョウたちがやって来て、

午後12時をはさんで、4~5時間過ごしています。

冬の田んぼに昼食を摂りに来るのです。



さっそく、ハクチョウたちに会いに行きました(*^_^*)

ハクチョウたちは真っ青な空の下で昼食中でした。



道沿いの田んぼにいることは少なく、遠めにしか観ることはできません。

近づくと警戒して飛んでしまうことも多いので、

写真を撮る時は望遠で撮るしかありません。


Photo  田んぼにいるハクチョウたち


Photo_2  田んぼにいるハクチョウたち


Photo_3  田んぼにいるハクチョウたち


日を追うごとに数が増え、昨日は110羽位いました。

ここは安心して昼食できる場所だからなのでしょうか。



しばらく、2人でハクチョウたちを観ていました。



途中になっていた家事をするために私はいったん部屋に入りましたが、

今度は、山ねこが「ハクチョウたちが道を横切って隣の田んぼに移動している」と

教えにきてくれました。



なかなか観ることのできないシーンだと思い、

またカメラを持って出かけました。



近づいたら飛んでいくかも知れないなぁと思いながらも、

静かに静かに近づいていきました。


Photo_4  道を横切るハクチョウたち


Photo_5  道を横切るハクチョウたち




ところが、昨日はいつもとちょっと様子が違いました。



食事をし続けているハクチョウ、

ひなたぼっこしているハクチョウ、

私をじっと見ているハクチョウ…いろいろいましたが、

どのハクチョウも、私が近づいても飛んでいかないのです。



嬉しくなって、白鳥たちと戯れてしまいました。


Photo_7  道にいるハクチョウたち


Photo_8  道にいるハクチョウたち


Photo_9  田んぼにいるハクチョウたち




「カウカウ」と発する白鳥たちの声をまねて、

私が「カウカウ」と声を出すと、それに応えてくれるかのように、

白鳥たちは「カウカウ」と声を返してくれました。



白鳥たちも「おかしな人間がいるけど、なんか面白そう」と思ったのか?!

私に話しかけてくれているような気がしました。


Photo_10  ハクチョウたちと私


Photo_11  ハクチョウたちと私


Photo_12  ハクチョウたちと私

  

Photo_13  ハクチョウたちと山ねこ





道を横切るハクチョウたちを見て、迂回した車がありました。

お隣さんの車でした。

きっと、ハクチョウたちだけでなく、私たちの姿を見て、

「また山本たちが何かやってる」と気づいてくれたのでしょう^^;



しばらくすると、家に戻る方向の道を横切るハクチョウたちも出てきました。


Photo_14  道を横切るハクチョウたち


Photo_15  道を横切るハクチョウたち




白鳥たちと戯れていた私たちがハクチョウたちに取り囲まれてしまいました^^;



昨日は私たちがハクチョウたちに遊んでもらったような感じです。



朝日を仰いだ時間には予想しなかった「穏やかな時間」になりました。



午後2時過ぎ、両親のところに出かける時には、

昼食を終えたハクチョウだちはねぐらに戻ったのか、

田んぼに残っていたのは10羽くらいでした。





両親のところから帰宅する頃、帰路は夕日に染まっていました。



Photo_16  夕景(道に降りて撮った写真)




筑波山は近くはないのですが、この田んぼ道からだと筑波山が見えます。

道幅が細く、あまり暗くなると運転するには怖いのですが、

心癒される私のお気に入りの場所です。


Photo_17  筑波山(道に降りて撮った写真)


Photo_18  車窓から撮った夕景



穏やかな一日を無事に終えて、また新たな一日が始まります。



今朝は曇り空ですが、暖かいです。

いつものように淡々と過ごしていこうと思います。



Photo_21  今朝の空

2017年1月23日 (月)

縁結び

隣市の笠間市には「常陸国出雲大社」があります。

http://www.izumotaisha.or.jp/



ホームページに掲載してある由緒・歴史の概略としては、

平成4年12月4日、島根県出雲大社からご分霊をご鎮座、

平成26年9月16日、名称を「常陸国出雲大社」と改称、

単立宗教法人として新たな歩みを始めたとあります。



ご拝殿には「大きなしめ縄」が飾られています。

長さは16m、重さは6tもあるそうです。


Photo  ご拝殿


Photo_2  ご拝殿


Photo_3  ご本殿



ご祭神は大黒様で、縁結びの神様です。



山ねこの実家の近くの神社が「出雲大社周防分院」でもあり、帰省時は初詣に行きますし、

昨年は初めて「島根の出雲大社」に行ったということもあり、

いろんなご縁が繋がってよりいっそう親近感を感じています。



森の中にあるので、私たちは「森林浴」も兼ねて時々訪れています。



新年は1月15日(日)に行ってきました。

普段より人手が多いように感じました。



「茨城のパワースポット10選」にも選ばれているようで、

パワースポットとして訪れる人たちも多いようです。



「ふくはら霊園」が隣接していて、境内には樹木葬のエリアもあります。

http://www.fukuharareien.com/



初めて訪れた時よりも樹木葬のエリアは広がり、ペット霊園や永代合祀墓もあります。



同敷地内に神社と霊園があるというのは珍しいと思います。



当日は小春日和で、森林浴には心地よい日でした。

竹林に差し込む日差しがキラキラまぶしく、とてもきれいでした。


Photo_4  竹林




境内をゆっくりと散策した後、敷地内のレストランでランチをしました。



新年のしつらえなのでしょう。

小鉢には小さな昆布巻きが添えられていました。

箸袋は「おみくじ」になっていました。

そんなちょっとした心遣いをとても嬉しく感じました。


Photo_5  ランチ



「おみくじ」を開くと、山ねこも私も、

それぞれ今の気持ちにぴったりなメッセージが書かれていて、心に優しく響きました。


Photo_6 箸袋


Photo_7  おみくじ(右が山ねこ)



いろいろなことに追われている毎日ですが、

こんな穏やかなひとときを過ごすことも大切だと思いました。



「縁結び」と言えば、男女の縁をイメージしますが、

広い意味では、こうした「嬉しいひとときとのご縁」もあるのだと思います。



再び、ホームページを読むと以下のような記載がありました。


-----------------------------------------

縁結びとは単に男女の縁を結ぶだけでなく、

すべてのものが幸福であるための繋がりを結ぶこと。

-----------------------------------------



私たちが日頃から大切にしている「人と人との出逢いと繋がり」。

このメッセージを読んで、あらためて「縁結び」の意味合いをかみしめています。



冬は花が少ないですが、少ししっとりした空間で、それはそれで良いけれど、

次は、花が咲く頃に出かけたいと思います。

2017年1月15日 (日)

マジカルトイボックスの魅力

新年初の山ねこ工作室の活動はマジカルトイボックスのイベント参加です。



「山ねこさんたちが参加すると楽しいよ」と友人に紹介され、

初参加したのが2002年1月(第12回)です。

内容に興味を持って参加したものの、

山ねこと違って、私は半田ごてを持つことも電子工作も初体験でした。



当日の製作物は「スターター信号機(ポポポピーン)」

おもちゃを選んで動かしたり、絵カードを選べるスキャン機能付きの機器でした。

恐ろしいくらいの細かな電子部品を基板に半田付けして作るという

私には無謀とも言える製作講座でした^^;



ものづくりが大好きでも、

電子工作はちょっと間違えば爆発するのではないかと思うような私だったので、

ドキドキしながらの製作でした。



それでも、班分けされたテーブル毎に製作をサポートしてくださる方がいて、

時間はかかりましたが、私にも完成させることができました。



動作確認で無事に作動し、「ポ・ポ・ポ・ピーン」と音が鳴った時は、

部屋中に響き渡るような歓声をあげてしまいました。

初体験で不安でも、達成感や充実感がありました。



イベントには自己紹介を兼ねた懇親会も組まれていて、

全国各地から集まられた職種も立場も違う方たちの活動報告や交流がありました。



夜には自由参加の「夜の部」があり、より深く交流し合える時間がありました。



好奇心旺盛で、未知の世界であっても、私なりの感覚でみなさんの語りを伺い、

自分自身の活動の場に生かしたいという想いが強い私にとっては

とても魅力的な場でした。



振り返れば、その初参加の日の出逢いが、

今の山ねこ工作室の活動に繋がったものもあります。

11年間続いている水戸特別支援学校の製作会のお手伝いは、その1つです。



そんなマジカルトイボックスの魅力にとりつかれて以来、

冬のイベントは毎年参加しているので、今回15年めになります。



きっとそうした長年の出逢いと繋がりがご縁となったのでしょう。



今回は山ねこが製作講座の講師をさせていただくことになりました。

http://magicaltoybox.org/kinta/2016/09/28/13959



今まで、水戸特別支援学校の製作会をはじめ、

他でも製作会のお手伝いをしてきていますが、

スタッフも含め、100名規模の製作会は初めてです。

依頼を受けてから、山ねこはいろいろ準備をしてきました。

http://yamaneko-kousakusitu.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-8238.html



人数の多さは準備物の多さでもあるので、

私のわからないところでも、山ねこがいろいろ大変だったかも知れません。




1月7日(土)、イベント会場の「オリンピックセンター」に着きました。



Photo_18  オリンピックセンター看板


Photo_19  会場案内


午前中に会場入りし、準備のお手伝いをした後、

班分けされたテーブルの担当者の方たち向けの事前製作会となりました。

電子工作のエキスパートの方ばかりなので、製作はスムーズに進んでいました。


Photo_21  事前製作会1


Photo_22  事前製作会2


Photo_23  製作手順書


動作確認でうまく作動しなかったものがありましたが、

それは、キットの中の部品の不良が原因でした。



こうしたトラブルが発覚しても、すぐに原因を見つけることができて、

本番の製作講座までに修正し、対応できるのがスタッフのみなさんのすごいところです。



製作講座の前のプレゼン内容も、事務局の方たちのご助言を受けて、

山ねこはいろいろ考えて作りました。


Photo_24  プレゼンタイム1


Photo_25  プレゼンタイム2


Photo_26  プレゼンタイム3


Photo_27  製作講座1


Photo_28  製作講座2



当日のプレゼンと製作講座を見守っていた私にとって

山ねこがとても嬉しそうで、リラックスしているように見えたのは、

そんな準備期間の気遣い等が吹き飛ぶくらいのみなさんの熱気と楽しそうな様子が

会場中に満ち溢れていたからだと思います。



参加者、スタッフ、講師など立場を問わず、

集まった方たちがお互いに交流しながら、

楽しめるアットホームな雰囲気と安心感が大きいのだと思います。



みなさん、予定の時間よりも早く、全員、無事に完成されました。


Photo_29  動作確認中




私は動作確認のところで少しお手伝いしましたが、

作動すると歓声をあげる方たちがいました。

かつての私ほど大きな声ではありませんでしたが、

みなさんの達成感や充実感が伝わってきて、私も嬉しくなりました。



製作講座の話ばかりになってしまいました^^;



イベントの他のプログラムにも少し触れたいと思います。



講演は事務局スタッフの谷本式慶さん。



関わっていらっしゃるお子さんたちとの実践をたくさんの写真や動画を交えて、

とても具体的にお話ししてくださいました。

どの活動報告にも共通する大事な視点を繰り返しお話ししてくださいました。



「人と関わりながら、現在から将来にわたってより豊かに生きる」

AAC・ATはそれを実現する方策の1つ。

とても印象に残るメッセージでした。



ご本人たちが求めるもの、必要と思われるものに出逢っていけるように、

支援者と呼ばれる立場の人たちがどれだけ柔軟な発想になれるかも問われるのだと思います。



講演の中で、年末に亡くなられた畠山さんのお話も出てきた時には、

感情が高ぶって、泣いてしまいました。



誰でもなく、自分自身の生き方が問われていると感じた心に響く講演でした。



夕方の活動交流会は、一人ひとりの持ち時間は1分まででしたが、

参加者のみなさんの自己紹介や活動報告に大笑いしたり、感心したり…。



毎年恒例の「ガラガラ抽選器のアプリ」でのでくじ引きもありました。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.toofectarts.garagara&hl=ja



今年も「地元でのマジカル開催券」「事務局スタッフの講演依頼券(私が去年引き当てた券)」等

「ラッキーお年玉賞品」が複数用意されていました。



私が引き当てたのは、山ねこが賞品として提供していた

「LED不思議なキャンドル基板の呼気スイッチ(もどき)」だったので

会場中、大爆笑でした^^;



さすがに私が持ち帰るのも何なので、

再度くじ引きをさせていたき、「マジカルの本」を引き当てました(良かった!!)。


Photo_35  マジカルの本




夜はもちろん「夜の部」に参加。

自由な席で、みなさんフリートークに花が咲いていました。


Photo_30  夜の部 「ご当地持ち寄り品」の一部



参加者が持ち寄ったご当地の飲み物や食べ物もあって、

それらが話題になって、盛り上がっているところもありました。

この時間を一番楽しみにしていた私は、

再会した方たち、初対面の方たちとたっぷり語り合うことができました。



2日めは「熊本大学の大杉さん」と「島根大学の伊藤さん」と

「仙台高専の竹島さん」のミニプレゼンの後、自由製作タイム。



製作をしないヤギちゃんと私は談話タイムです^^;



嬉しいことに、そのテーブルが急遽「談話コーナー」になりました。

Photo_31  談話コーナー



「談話コーナー」にしていただいたおかげで、

私たちも堂々とお喋りしていられましたv(^^)v



製作途中で小休止される方や製作を終えられた方たちとの交流もできて、

とても嬉しかったです。



勤務されている学校の実践を動画や写真でご紹介してくださる方たちもいて、

感激しました。



いつもは閉会後、解散になりますが、今回は講師をさせていただいたこともあり、

午後の片づけと反省会にも参加させていただきました。



その内容はここには書きませんが、

こうした大きなイベントを毎年運営し、長年続けられているのは、

事務局はもちろん、スタッフのみなさんのご尽力であることをあらためて感じました。



一昨年、マジカルトイボックスは20周年を迎えられました。



ひとつの会を長く継続するのは簡単なことではないと思います。

運営に関わる一人ひとりの立場や家庭環境なども変わりますし、社会環境も変わります。



それでも、こうして長く続いているのは

事務局やスタッフのみなさんの想いのベースにあるものが変わらないからかなと思います。



今回のイベントは、以下の「テーマ」そのものの場と時間でした。


----------------------------------------

一人一人からはじめるAAC・AT

 ~人と人とをつなぐ 「わかる・できる・楽しめる」~

----------------------------------------



今年は今まで以上に、心に残るものになりました。



この場を借りて、事務局のみなさん、スタッフのみなさん、参加者のみなさん、

ありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。




締めくくりは「茨城3人組」での打上げ会!(*^_^*)

ヤギちゃん、山ねこさん、お疲れさまでした(写真撮影:私)


Photo_32  お疲れさまの乾杯



Photo_33  日本酒飲み比べセット(私のお楽しみ)



銘柄指定はできませんが、飲み比べセットの中に、お気に入りの「一ノ蔵」

しかも、メニューには載っていないという「ひやおろし」が出てきて、

大満足の打上げ会でした(*^_^*)



最後の締めが、お酒の話で失礼しました^^;

2017年1月 6日 (金)

ゆったり、まったりの新年会

私たちが帰省で留守中、両親はH館の職員さんや入居者さんたちと年越し。

両親共に、特に変わりなく無事に新年を迎えることができてとても嬉しいです。



3日は両親の居室で、山ねこと4人でささやかな新年会をしました。

寒い時期ですし、両親共に外食も難しくなってきているので、

お正月っぽい演出と共に、簡単おせちを準備しての昼食会です。



父も母も、いつもと違うことに戸惑うことも多いので、

その日はデイの部屋ではなく、居室で昼食をとることを事前に伝え、

テーブルの移動やセッティングも経過を見せました。



テーブルにお正月っぽく赤いクロスやランチョンマットを敷き、

「迎春」と添えたちりめん細工の「酉」を置くと、父も母も状況が把握できたようでした。



中身はみんな出来合いのもので、種類も多くはないですが、

「重箱」はかなりインパクトがあったようで、2人とも「お正月やなぁ」と嬉しそうでした。



Img_9675 新年会の写真



年末に、2人が共通してリクエストしていたお餅だけは準備しませんでした。

喉につめると危ないからと納得してもらいました。



今のところ、咀嚼も嚥下も大きな問題はないのですが、

最近、むせることが増えているので、危険を避けました。



「お餅なし」でしたが、「おぜんざい」は好評で、

2人とも「美味しい、美味しい」と喜んでくれました。



意外に受けたのが「みかん」でした。

「珍しいわぁ」と言って食べていました。



職員さんに伺うと、普段は半分にカットして出されているようなので、

「丸のままのみかん」を珍しく感じたのでしょう。



やっぱり、お正月には「こたつ&みかん」は「定番」のようです(*^_^*)



本当にささやかなメニューでしたが、

ゆったり、まったりした昼食時間になりました。





帰省中に撮った義母や義弟たちの写真を見せると、

父は「お義母さんは元気やったか?」と聞きました。

いつもこうして義母のことも気にかけてくれるので嬉しいです。



新幹線の車中で撮った富士山の写真も見せました。

いろいろわからなくなっていることもありますが、

写真を見て、2人ともすぐに「富士山」と言ったので、

「富士山」の偉大さをあらためて感じました。



元気に迎えることができたお正月の記念にと写真を撮りました。



Photo 親子3人の記念写真



今年、父と私は「年男・年女」です。

私は3月に還暦です。

「酉」を父の頭に乗せると母は大笑いしていました。

Photo_3  「酉」を乗せて記念写真




今年もいろいろあるかも知れませんが、

こんなふうに一緒に笑い合える時間を少しでも多く持ちたいと思っています。



何やかんや言って、一番笑ってるのは私です(*^_^*)

2017年1月 4日 (水)

新春に想う

年末から山口に帰省していました。

Photo   徳山駅構内 ゆるキャラの「ちょるる」




義母(80歳)はギックリ腰で大変だったようです。

すでに回復していましたが、

遠くにいる私たちには心配をかけないようにと

義弟たちに助けてもらいながら、過ごしていたようです。



いつも元気な義母ですが、

こうして何かあるたび、少しずつ用心するようにはなっているようです。



最近、帰省中は実家で過ごすことはなく、近くの温泉に出かけてのんびり過ごします。



大晦日は周防大島で過ごしました。



昨年も波乱万丈、いろいろありましたが、

お日さまは何も変わらず、

どこにいても、何をしていても、私たちを静かに見守ってくれています。



出逢ったすべてに感謝の気持ちをこめて、沈む夕日を一緒に見ました。



Photo_2  夕日


Photo_3  夕日





初日の出も楽しみにしていましたが、

あいにく目の前の山に遮られて見えませんでした。



大島大橋の眼下に見える「大畠瀬戸の渦潮」が有名だそうで、

私たちの部屋の窓から見えました。



Photo_4  大畠瀬戸の渦潮






チェックアウトの後、ぶらりと出かけた先は山口の西の端、角島方面。



道も混んでいなくて快適なドライブコース。



運転は山ねこに任せて、義母と私は車中、喋りっぱなし。



結婚当初に教えてもらいましたが、山口の道路のガードレールは黄色です。

名産品の「夏みかん」の色だそうです。


Photo_5 黄色のガードレール


Photo_6 黄色のガードレール




到着したところは角島大橋。

海の色がとてもキレイでした。


Photo_7 角島大橋と海


Photo_9 角島大橋


Photo_8
 海と空



日帰り入浴のできるホテルの露天風呂からは180度水平線が見えました。

(残念ながら、写真はありません)



入浴中も義母と私はお喋り三昧。



毎年帰省して義母と話すたび、

義母の生き方や考え方に感銘を受けています。



若くして夫を亡くし、

山ねこや義弟を女手ひとつで育ててきた義母の子育て観も聴いてきていますが、

子離れの潔さにも義母の信念を感じます。



「子どもには子どもの人生がある」という義母の考え方は

私の両親と共通するものがあります。



山ねこも私も自分らしく生きられているのは、

我が子をありのままに受け入れ、認め、褒め、

見守ってきてくれた親たちがいたからなのだとあらためて思います。



1日の夜は義弟家族と新年会。

甥も姪も成人したので、一緒に飲めます。



甥は去年から社会人になり、

姪は夢に向かって学生時代を過ごしています。

幼児期から成長をみてきているので、

甥たちとお酒を飲みながら語り合えるようになったのは嬉しいです。



そんなこんなで、短い帰省期間ながら

家族みんなが元気で、楽しく過ごせた嬉しい年末年始でした。



こんなに心豊かになれる時間を過ごせるのは

両親を看てくださっているH館の職員さんたちがいてくださるからです。




今年も感謝の気持ちを忘れず、1日1日を大切にして生きていきたいと思います。



1月2日、帰路の新幹線の車窓からは富士山が見えました。


Photo_10 富士山(新幹線車窓から)


Photo_11 富士山(新幹線車窓から)




長旅で少し疲れましたが、道中何もなく、無事に帰宅できました。



1月3日、7時4分、我が家の前の日の出です。


Photo_12 朝日




気分も新たにスタートです。

2017年1月 3日 (火)

2017年 新年を迎えて

みなさん 明けましておめでとうございます。

昨年もいろいろありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。



どんなに慌しい12月を過ごしていても、

楽しみの一つでもある「年賀状づくり」は私には欠かせない時間です。

でも、今回ばかりは年末ギリギリになってしまいました。

山口への帰省時間も迫り、タイムアップ(>_<)



こんなことは初めてです(>_<)

でもまぁ、こんな年もあるんやと自分に言い聞かせました^^;



年々、いろんな自分自身と向き合い、受け入れられるようになって

それはそれで良いことかなと思っています(*^_^*)


Photo2017年の年賀状

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »