« 朝の空 | トップページ | 手づくり「ハンドウォーマー」 »

2018年1月14日 (日)

やっぱり「マジカルトイボックス」は楽しい!!

1月6~7日は東京で第45回マジカルトイボックスのイベントがありました。

http://www.magicaltoybox.org/mtb/event/event45



山ねこ工作室の新年初の活動は

マジカルトイボックスのイベント参加と言っても良いくらい毎年恒例の年中行事になっています。

今年も参加できて良かったです。



毎回、講演会と製作講座がありますが、

参加者のみなさんとの交流・情報交換の時間も組み込まれています。



講演会の講師の佐野先生のお話の表題は

「コンピューターの入力方法を工夫する」というもので、

自作のツールを動画を交えて具体的にご紹介くださいました。

「実態に合えば自然に伸びていく子どもたちの力」というお話が印象的でした。



特に最近、私自身が「観察の重要性」「実態に合っていることの重要性」を

再認識させられていることもあって、佐野先生の一言一言が心に響いてきました。



これからも観察や環境調整など大事な視点や対応をぶらさずにいけるよう

再確認できたことを実践していこうと思います。



製作講座は、私は視覚障害があって微細作業が必要な電子工作はできないため、

もう何年も前から、私の製作物の製作は山ねこに任せて、のんびり過ごしています(^-^;



今回の製作物は「リヴァイブUSBを使ったスイッチインターフェイス」と言って、

これを使うとパソコンやタブレットなどを外部スイッチで操作できます。
Photo   リヴァイブUSBを使ったスイッチインターフェイス



スマホやタブレットなどがどんどん普及してきていますが、

画面をタッチする操作ができにくい方たちもいらっしゃるので、

外部スイッチを繋いで操作するためのスイッチインターフェイスもいろいろ開発されています。


市販品にもいろいろなものがあります。

http://www.tokyo-itcenter.com/700link/switch-int.html



今回は「リヴァイブUSB」という市販品のキットを使った製作だったこともあり、

いつもより簡略な電子工作だったようです。



私はプラグのネジの仮止め部分だけ手伝いましたが、

ほんの一部でも自分でやると達成感を感じて、嬉しいです(^-^;



製作後は、実際にそのスイッチインターフェイスを各自のiPadやスマホに繋いで、

活用演習をしました。
Photo_2


  設定→アクセシビリティ→スイッチコントロール→レシピ

  この流れで設定していく



外山さんがわかりやすく、丁寧に進行してくださったので、

多少戸惑いながらも、実体験の中で使い方の基本を知ることはできました。



…とは言っても、1人でやっているとつまずくことも多く、わかったとは到底言えません。



翌日、外山さんから個人的にレクチャーを受けて、ほんの少しだけですが、一歩進めました(^-^;



これから実際にいろいろ試しながら、使い方を覚えていければと思っています。



このスイッチインターフェイスは外部スイッチでの操作だけではなく、

「MaBeee(マビー)」という乾電池(4000円位)をおもちゃに入れて、

専用のアプリ(無料)でコントロールすることもできます。

https://mabeee.mobi/



このスイッチインターフェイスを使うといろいろ活用が広がりそうです。



山ねこは自由製作時間に「パワポDEスイッチ君」を製作してきました。
1_2

  急遽設定してくださった「山ねこ工作室コーナー」



「パワポDEスイッチ君」は平成27年度~29年度科学研究補助金

(基盤研究(C):課題番号 15KO4565:研究代表 大杉成喜)

「プロトタイピング手法を用いた重度・重複障害児のICT活用教材の開発研究」の

研究成果のひとつとして提供されているものです。




参照:見て見ておもちゃ君たち ~視線マウスとパワポで外部機器制御~
http://makezine.jp/event/makers2016/kumamotodaigakukyouikugakubu/




「パワポDEスイッチ君」とそれのパワーポイントを使った制御ソフトを使って、

視線入力によって、おもちゃをON・OFFすることができます。



私も過去に体験させてもらったことがありますが、

画面に視線を向けるとおもちゃが動いた時は感動しました。



「視線入力」は最近特にとても注目されている入力方法なので、

いろんな方たちが研究にご尽力され、こうして実用化してくださると嬉しいです。



今回、製作した方たちは、それぞれの場で実際に活用して、

感想や意見を開発者の方たちに「レポート報告」することになっています。



山ねこは帰宅してからいろいろ試していました。



今まではイベント会場などで体験させていただくことしかできなかったので、

こうして山ねこ工作室にも導入されたことで、私も体験させてもらえそうで楽しみです(*^^*)


不慣れな私の体験談は、きっと山ねこのレポート作成にも役立つでしょう(^-^;



交流会での自己紹介の時には自作のものや実践を紹介するコーナーもあります。

山ねこは「感度調整機能付き空気圧センサースイッチ」を紹介しました。
Photo_3   感度調整機能付き空気圧センサースイッチ


2   感度調整機能付き空気圧センサースイッチ本体


Photo_4   感度調整機能付き空気圧センサースイッチ



「空気圧センサースイッチ」は昨年の製作講座でみなさんが作られたものですが、

活用する中で「感度の良さ」がデメリットとして発生することもあり、

改良の依頼を受けて「感度調整機能」を付けたものです。



元々の「空気圧センサースイッチ」が現場で活用されているからこそ、

新たな改良希望も出てくるのだと思います。



「感度調整機能付き空気圧センサースイッチ」への反響は多く、

参加者のみなさんからの問い合わせも多かったです。



私はこれ以上の詳細説明はできません(>_<)

詳しくお知りになりたい方は、

山ねこ工作室のHP(※)記載の連絡先にお問い合わせください。

※http://yamaneko.life.coocan.jp/



機器類の仕組み自体は私には理解できないことも多いですが、

こうした意見交換がとても重要だということは、毎回、実感しています。



小松さんからは山ねこ作の呼気スイッチの入力操作部分を工夫したものをご紹介いただきました。
Photo_5   呼気スイッチの入力操作部分


Photo_6   呼気スイッチ操作中



入力操作部分のチューブを口でくわえることに抵抗があるという方の要望を受け、

お弁当などに入れるシリコンのおかず入れを活用して入力操作部分を作り、

マスクをつけて操作できるようにしたそうです。

この改良で、ご本人も抵抗なく使っていらっしゃるそうです。



小松さんにはマジックテープにタクトスイッチを付けて、

指に巻き付けて使うスイッチも紹介していただきました。



毎回、アイディア豊富な小松さんの作られたものや具体的な実践のお話は

とても勉強になります。



小松さんのお話は楽しくて楽しくて、私のテンションは上がります。

特に、私の「遊び心」が刺激されることが嬉しいです(*^^*)




できないことを諦めるのではなく、

どうしたらできるか、どうしたら楽にできるかなど、

あったらいいな、できたらいいなと思っている方たち、

開発に関わる方たち、支援に関わる方たち、立場を問わず、

みんなで一緒に考えていく機会になるといいなぁと

マジカルトイボックスのイベントに参加するたびに思います。




山ねこは「注文の多い私」には時々困らされることも多いようですが、

使っていく中で、不具合や改良点などもいろいろ出てきて、

それらを意見交換することで、より良いものが作られていきます。



「注文を多く出すことで、エンジニアの山ねこのモチベーションが上がる」と

私は思っています…多分…きっと…ほんまか…('◇')ゞ




私自身の機器類の学びと実践の歩みはとてもゆっくりペースですが、

「楽しい」「おもしろい」という体感を大切にして、

持ち前の「遊び心」で自分自身が使って、楽しんでみたいです。



今年も交流会・懇親会(飲み会)などで参加者の方たちといろんな交流・情報交換ができて、

有意義で充実した時間を過ごすことができました。

イベントには飲み会メインで参加しているような私なので、

懇親会が始まった時から終わるまで飲み続けました(^-^;



参加者のみなさんは全国各地から集まってこられているので、

お土産にと持参された「地酒」も並ぶので、それを味わえるのも楽しみのひとつです(^-^;
Photo_7   博多にわかせんべい(おいしかったです)


Photo_8   にわかせんべいの箱



懇親会の時は「にわか面」を付けた人たちがいっぱいでした。



新年早々、私たちがこんな楽しい時間を過ごせるのは、

事務局のみなさんやスタッフのみなさんの準備や後片づけなど

たくさんのご尽力あってのことです。

毎回のことながら、心から感謝しています。




すでに、今後のイベントの日程予定は出ています。


次回も参加できるといいなぁ。
-----------------------------------------------------

第46回イベント

日時:2018年7月14日(土)

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター



第47回イベント

日時:2019年1月5日(土)~6日(日)

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター

-----------------------------------------------------



イベント終了後は、恒例の秋葉原巡りをしました。

今回、初めてご一緒した方たちもいて、とても楽しかったです。




その後は、もちろん八木ちゃんと3人で東京で飲み会をしました。


やっぱり、これがなくちゃね(*^^*)ゞ


新年度に一緒にやる「福祉のえん日パート3」の打合せも少しできました。
Photo_9   八木ちゃんと3人の新年会



私は「ジャポネール(日本酒とジンジャエールのカクテル)」というものを初めて飲みました。

いろいろ混ぜるものや甘いアルコールは好みではないですが、これはOKでした!



あれっ、イベント参加報告のはずが「飲み会報告」になりました(^-^;



小松さんに紹介していただいた指に巻いて使えるスイッチは

これなら私にも作れるかも…と思って、必要なタクトスイッチを購入し、

自宅に帰って落ち着いてから製作しました。



山ねこ師匠に教えてもらいながら、私にもなんとか作れました。

焦点が合いにくく、これだけのはんだ付けでも難航しましたが、

はんだ付け以外の作業は問題なくできて、

新年早々、達成感を感じる時間が持てて嬉しかったです!(*^^*)!
Photo_10   はんだ付け作業中


Photo_11   指に巻き付けて使えるスイッチ(指スイッチ)


Photo_12   指に巻き付けた状態


Photo_13   操作中



今年も山ねこ工作室の活動がもっともっと楽しくできますように(*^^*)



今年は何ができるかな?次はどこに行けるかな?

どなたと会えるかな?

何が飲めるかな?

楽しみです(*^^*)ⅴ
 

« 朝の空 | トップページ | 手づくり「ハンドウォーマー」 »

山ねこ工作室の活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり「マジカルトイボックス」は楽しい!!:

« 朝の空 | トップページ | 手づくり「ハンドウォーマー」 »