« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の4件の記事

2018年3月18日 (日)

両親から私への「エール」

3月16日(金)朝日新聞の朝刊に掲載されていた「折々のことば」に

両親を介護していた頃のことを思い出しました。



316   3月16日(金)朝日新聞の朝刊「折々のことば」



このことばは、記事にも書かれているように、

樋口了一さんが歌っていた歌の歌詞からの引用です。

2008年に発表された楽曲だそうです。



手紙~親愛なる子供たちへ~

“老い”をテーマにした感動の名曲はこうして生まれた


http://www.tapthepop.net/day/67493#bmb=1



この歌は、母から教えてもらった歌です。

歌詞の中の一言一言が心に響き、涙が止まりませんでした。



当時、両親は水戸に転居していましたが、2人でアパートに住んでいて、

母は老人会や公民館での活動にも通っていました。



その後、サービス付き高齢者向け住宅に転居し、要介護生活に入りました。

介護の中で、この歌詞に重なるエピソードもたくさんありました。



昨年、父と母が続けて他界し、今も喪失感があふれ出てくることがあります。



介護しているようで、実際は、両親に支えられていた私でした。

2人が亡くなる時までずっとずっと…。



母が元気だった頃、私にこの歌を教えてくれたのは、

この歌を通して、私に伝えたい想いがたくさんあったのでしょう。



ここしばらく、この歌のことは忘れていました。



この「折々のことば」で、この歌に再会できたのは、

両親が私に送ってくれた「エール」なのかも知れません。



今日はお墓参りに行ってきました。

草木の芽吹きも見られて、心地よい森林浴ができました。


Photo   両親が眠る樹木葬霊園の中


Photo_2   園内散策


Photo_3   木彫りのねずみ


Photo_4   常陸国出雲大社の大しめ縄



少しだけど、また一歩、前に進めそうです。
 

2018年3月10日 (土)

「福祉のえん日」今年もやりま~す!!

今年も「福祉のえん日」を開催することになりました。

2016年が初回なので、今年は3回めとなります。



これから内容をより具体的に詰めていくところですが、

今日は、今までのことを振り返ってみようと思います。



企画・開催・運営するのは山ねこ工作室だけではなく、

2005年に発足した「子育て&発達支援サークルはじめの一歩」と

2010年に発足した「project-y」という実行委員会です。



想いはあふれていても、イベントを実現するのは簡単なことではありません。



「茨城3人組」(あえて、このように呼びます)が持ち続けていた想いが、

ステキな人たちとの出逢いと繋がりの中で少しずつ深まりながら、

「支え合いの力」となって一歩ずつ歩んでこれたと思っています。


3   

    
  茨城3人組  (2017年6月10日撮影 福祉のえん日の夜)



「福祉のえん日」のきっかけを振り返ってみると、

2002年に初めてATACカンファレンスに参加した時の

中邑賢龍先生との出逢いが始まりでした。



ずっと温めていた想いが「茨城3人組」の中で熟していく中で、

茨城で講演会を開き、講師をお願いしようと具現化しました。



中邑先生にそんな想いを直接お伝えできたのが2010年12月でした。

何の組織力もなく、微力な私たち仲間の想いとお願いでしたが、

中邑先生は快くお引き受けくださいました。



その後、日程調整し、講演会の実施日まで決まっていたところに、

2011年3月11日、突然起きた「東日本大震災」でした。



当時の私たちは心が平穏でなく、繰り返される余震におびえ、

公共施設や交通機関等の事情も不安定だったこともあり、

中邑先生はもちろん、ご参加くださるみなさんのことも考えると

予定通り開催する気持ちになれず、迷った上、見送ることになりました。



お願いしておきながら、中邑先生には本当に申し訳ないことをしたと今でも思っています。



それにも関わらず、中邑先生には再度のお願いをお引き受けいただき、

講演会を開催できたのが、2012年6月30日でした。



「中邑先生講演会」&「おもちゃと福祉機器展」(2012年6月30日付)

http://yamaneko.life.coocan.jp/y_event/project_y/project_y.htm



講演会当日は「アクセスインターナショナル」の岡部さんのご協力も得て、

「おもちゃと福祉機器展」はもちろん、

「VOCA」を使った「コミュニケーションワークショップ」を実施することもできました。



この日がなければ「福祉のえん日」に繋がらなかったと思っています。



2016年、第1回「福祉のえん日」を開催することが決まった時にも

ステキな出逢いがありました。



マジカルトイボックスの事務局長の金森克浩さんに講師をお願いできて、

「楽習セミナー」が開催できたことです。



「楽習セミナー」の報告(2016年8月30日付)

http://yamaneko-kousakusitu.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-c1be.html



この日のブログを読んでいただければわかりますが、

金森さんに講師としてお越しいただけることになったのは、

2016年冬のマジカルトイボックスのイベントのくじ引きで私が引き当てた

「事務局の中の誰かを無料で講師依頼できるチケット」という

最高に幸運な「ラッキーチケット」のおかげでした。



第1回「福祉のえん日」は、このような経緯から、

講師の金森さんによる「楽習セミナー」との「関連開催」となったのです。



どんなことも、脈々と繋がるご縁の流れの中にあると私は思っています。



そういうものを私は「ご縁のえん」と呼んでいます(*^^*)



3月4日(日)に第1回実行委員会を開き、いろいろな意見交換ができました。



私が時々、突飛で、ユニークなひらめきをすることは、友人はもちろん、

このブログを読み続けてくださっている読者の方たちもご存知でしょう。



こういうイベントの時も同じです!



みなさんの意表を突くようなことを私が言い出すこともよくあります。

いつものことながら、実際にできるかできないかに関係なく…(^-^;



それでも、いろんな人たちがいるので、

私の話が突飛で意表を突くような話であっても、

どんなふうにしたら実現できるかを一緒に考えてくださるのです。



私はアイディアを出すことはできても、

実現するための知識や技術がないことも多いので、

それらを補ってくださる方たちがいるのです。



凸凹の多い私には最高に頼りがいのある人たちばかりです。



また、変なところが凸っている私のことを受け入れ、認め、

「それがあなたの良いところ(*^^*)~♪」と褒めて、盛り立ててくださるのです。



褒められて育つ私なので、こういう環境の中にいると、

これまた次々とアイディアが浮かんでくるのです。



そんな恵まれた環境の中で、どんどんテンションを上げていく私に

山ねこはハラハラしている時もあるようですが…(^-^;



話し合いの小休止の時間にみんなで写真を撮りました。



私が「集合写真を撮る時は『自撮り』するんやと思うけど、人数が多いと難しいね」と言ったら、

間髪を入れず、みんな「セルフタイマーがある!」と言いました。



「えっ、何それ?」…と私(-_-;)



愛用のiPadminとのつき合いはもう5年くらいになるのに、

セルフタイマーという機能があることを知りませんでした(>_<)



これが私の実態です(^-^;


Photo   第1回実行委員会 集合写真


Photo_2   第1回実行委員会 集合写真



この写真はセルフタイマー機能で撮影しました。



また一つ、新たなiPadminの使い方を知ることができて、とても嬉しいですV(*^^*)V



みんなが付けているのは「にわか面」です。

2月3日~4日の福岡紀行の時に購入してきました。

「マジンガーZ面」は鈍拓男さん(※)からのいただきものです。

   ※2月25日と3月2日のブログに何度も登場されている方です(^^)



山ねこが被っているのは「ミラクルハット」です。

ゆっこさんからいただいた私への誕生日プレゼントですが、

山ねこが気に入って被っています。

これが山ねこによく似合うのです(*^^*)



みんなに「似合っている」「可愛い」と言われて、山ねこはお満悦でした。



この写真に映っている7人は、職種も年齢も違います。

訪問リハのPTさん、訪問リハのOTさん、病院のOTさん、特別支援学校の先生、

会社員、エンジニア、保育士(ただの遊び人)。



毎回、ミニライブで参加の周ちゃんはシンガーソングライターだし、

昨年、初出展のゆっこさんはパステル画家です。



毎回、大阪から手伝いに来てくれる保育学生もいるし、

来場者ながら、場を盛り上げてくれる小学生もいます。



まさしく、職種も年齢も立場も「多様性」そのものです(*^^*)



みなさんと話していると、多面的・多角的な思考もできて、とても楽しくなります。



実行委員会の日のおやつには、小倉で購入してきた「ネジチョコ」を準備しました。


Photo_3   ネジチョコ


Photo_4   「ボルト」と「ナット」


Photo_7   「ボルト」と「ナット」をはめているところ


Photo_5   「ボルト」と「ナット」を途中まではめた状態


Photo_6   「ボルト」と「ナット」を完全にはめた状態




「本物のボルトとナット」を使うことも多い人たちなので、

大受けするに違いないと思っていましたが、予想以上でした。



みんな、食べる前に写真を撮り、ネジ止めしていました。



どの「ネジチョコ」もピッタリとネジ止めできるので、

「予想以上に、工作精度が良い」と言われました\(^o^)/



私が想像している以上に、私の遊び心に乗っかってくださるのは、

みなさんも遊び心いっぱいだからです。



写真やおやつだけでも、こんなに盛り上がってくださる人たちがいて、

本当に幸せです(*^^*)♪



実行委員会の中で「福祉のえん日」のスタンスを再確認し合いました。


 ・ 準備期間も含め、実行委員自身が楽しむことを大切にする


 ・ 展示、体験を通して出展者、来場者の方たちが交流、情報交換し、

  それぞれの立場で楽しむことを大切にする


 ・ 「福祉のえん日」での出逢いから新たな繋がりへの広がり、深まりを大切にする


 ・ 参加者や来場者の方たちの「楽しかった」「おもしろかった」「良かった」という実感、

  「また参加したい」「またやりたい」「また会いたい」という実感を大切にする


 ・ 無理をしないで、できること、やりたいことを優先する(地道にコツコツと…)



開催日は6月23日(土)に決まりました。



詳細はこれから煮詰めていきますが、

実行委員はそれぞれ、無理をせず、楽しみながら、

自分にできることを少しずつ準備し始めているところです。



今年はどんな出逢いと再会があるか、今からワクワクしています。



最後に、自分自身の備忘録として再確認できるように書いておきます。



  ● 企画名:「福祉のえん日」


  ● 内容:ちいさな福祉機器展 ~ 体験する 楽しむ つながる ~


  ● 企画への想い 

       命名者(実行委員ヤギちゃん)の補足説明より(2016年)


   ・ 「福祉」は、障害者・高齢者などの括りをせず、

      社会福祉全般の意味でみんながイメージしやすい言葉として


   ・ 「えん日」は、お祭りという意味合いがありますが、

    “えん”には、演、縁、円、援の意味を込めました。

      (NHKBSの番組「きらり!えん旅」からヒントを得ました) 


   ・ それぞれが持っているものを出展し、

      集まって来てくれた人に体験してもらうことで(演)、

      (縁、円、援)を増やすことができる、 そんな日にできたらいいなという想いです。
 


-----


近日中に「案内チラシ」を作る予定です。

「案内チラシ」ができたら、山ねこ工作室のホームページにも掲載し、

Facebookでも発信していこうと思っています。



いろんな人たちが集まって、楽しく遊べる日が待ち遠しいです。

2018年3月 6日 (火)

「iPadmini」で「神秘的な世界」を味わう楽しみ

1月11日のNHKの「あさイチ」という番組で、

「霜活」ということばを初めて知りました。



「霜活」というのは「霜の写真を撮る活動」とのことです。



最近いろんな「〇〇活」と呼ぶ活動が増えていますが、

こんな活動もあるのか…とビックリしました!!



冬の朝は寒く、起きるのも辛いですが、

葉っぱや地面でキラキラ輝く霜の美しさは知っています。

寒くても、辛くても、冬の朝だからこそ観られる風景があります。

ステキな風景が元気づけてくれることもあります。



以前、霜を写真に撮ろうとしたことはありましたが、

私は視覚障害で両目の焦点も合いにくく、

霜のように接写が必要な写真を撮るのはとても難しく、

撮影に難航することが多かったのです。



番組では「マクロレンズ」というものを使って

スマホで写真を撮る方法を伝えていました。

しかも、100円ショップでも買える「マクロレンズ」で

手軽に撮れるというのです(*^^*)



番組で紹介されていた霜の写真に感動しました。



山ねこは昔は「カメラ好き」で、

重くて長い「一眼レフのカメラ」などを持ち歩いているような人でしたが、

最近はそういうカメラを持ち歩くことはなくなりました。



帰宅した山ねこに「霜活」と「マクロレンズ」の話をすると、

「100円でマクロレンズが買えるなんて!」と驚いていました。



その後、セリアで買ってきた「マクロレンズ」を

私の「iPadmini」に取り付け、初めて撮った霜の写真です。


Photo    葉っぱに付いた霜(2月6日撮影)


Photo_2    葉っぱに付いた霜(2月6日撮影)


Photo_5    葉っぱに付いた霜(2月6日撮影)



少し手ぶれしてしまったけれど、

山ねこには「いいんじゃない(*^^*)」と褒めてもらいました。



別の日に撮った霜の写真です。


Photo_3    葉っぱに付いた霜(2月16日撮影)


Photo_4    葉っぱに付いた霜(2月16日撮影)


Photo_6    葉っぱに付いた霜(2月16日撮影)


お花の写真も撮りました。


Photo_7    オオイヌノフグリ(2月17日撮影)


Photo_8    ホトケノザ(2月17日撮影)



道端に咲いている1センチ足らずの小さなお花ですが、

春が近づいているのを知らせてくれる大好きなお花です。



2月22日の朝、雪が降りました。



山ねこが「雪の結晶がよく見えるで!」と私に伝えて、出勤しました。



山ねこの指令(笑)を受けて、任務遂行(*^^*)



葉っぱに降り積もる雪は時間が経つとだんだん溶けてしまうし、

撮影は少し難航しましたが、私なりに撮れたかなと思います。


Photo_9    葉っぱに積もった雪の結晶(2月22日撮影)


Photo_10    葉っぱに積もった雪の結晶(2月22日撮影)


Photo_11    葉っぱに積もった雪の結晶(2月22日撮影)


Photo_12    葉っぱに積もった雪の結晶(2月22日撮影)


Photo_14    葉っぱに積もった雪の結晶(2月22日撮影)


Photo_15    葉っぱに積もった雪の結晶(2月22日撮影)


Photo_16    葉っぱに積もった雪の結晶(2月22日撮影)


Photo_17    葉っぱに積もった雪の結晶(2月22日撮影)


Photo_18    葉っぱに積もった雪の結晶(2月22日撮影)


Photo_19    フロントガラスに積もった雪の結晶(2月22日撮影) 




「iPadmini」を使う新たな楽しみが増えて、とても嬉しいです。



今日は「啓蟄」です。

暖かな日差しを感じて出てくる虫たちもいると思うので、

「マクロレンズ」を使った虫の撮影にも挑戦してみようと思っています。



山ねこには「狙われる虫がかわいそう」と言われています。

確かに、私は捕食中のカマキリなどをデジカメで狙い、

カマキリたちにとっては迷惑な撮影をされていますから…。



「マクロレンズを通して虫の顔を観てみたい」と言ったら、

「レンズを向けられてじっとしている虫なんていない」

「命がけで生きているんやから」と山ねこに言われてしまいました。



確かに、虫にとって、レンズは大きな物体だし、

そんなものが近づいてきたら、生きた心地がしなくて逃げるよね(^-^;



「つき合ってくれそうなのはイモムシくらいやろ」と言われたので、

私の標的になるのはイモムシかな(^^)v



今後は「マクロレンズ」だけでなく、

「魚眼レンズ」や「広角レンズ」に挑戦してみようと思います。


Photo_20    「魚眼レンズ」「マクロレンズ」「広角レンズ」


Ipad    レンズの取り付け方



最近、私も冬眠から目覚めた虫たちのように動いています(^-^;
 

2018年3月 2日 (金)

プチ観光・福岡紀行

1週前の「盛岡紀行」に続き、また「プチ観光」してきました。

今回は「福岡」です。



ひとつ前のブログに書いたように、

「築城での製作会」に参加するための福岡入りでしたが、

今回は1泊だったことで、少しゆっくりと観光できました。



福岡空港からは電車での移動だったので、

駅構内やホームなども私たちには観光スポットでした(^^)



Photo   博多駅構内「電車と時刻の表示板」



2月3日、博多駅に着いた時は構内を少しウロウロしてから「行橋駅」に向かいました。



何しろ、電車好きなので、路線の表示を見るだけで楽しいし、

いろんな電車も見られて嬉しかったです。



「行橋駅」に向かう電車は「ソニック」という特急でした。

初めて乗る電車なので、車内でもウキウキしていました。



Photo_2   白の「特急ソニック」


Photo_3   ソニック車内


Photo_4  


  ソニック車内  座席の小さなポケット(切符を入れるため?!)



落ち着きのない私に、山ねこは少しハラハラしていたようでしたが、

山ねこは私と違って、ウキウキが表面化しないだけです(^-^;



「行橋駅」から電車を乗り継ぎ、「築城駅」に着いてからのことは、

ひとつ前のブログに書いた通りです。



翌日は福岡空港からの出発時間(19時35分)までほぼ丸一日使えるので、

有効かつ楽しく過ごせるようにいろいろ考えました。



前夜の飲み会で、お勧めのお店を教えていただけたのは幸運でした。

昼食は「小倉駅ホームのおうどん屋さん」夕食は「博多駅ホームのラーメン屋さん」です。

私たちは「駅うどん・駅そば」が好きなので、こういう地元情報がとてもありがたいのです。



Photo_6   小倉駅ホーム「かしわうどん」のお店


Photo_7   かしわうどん


Photo_8   博多駅ホーム「はかたラーメン」のお店


Photo_9   はかたラーメン




昼食と夕食の時間を踏まえて、小倉界隈を観光することに決めました。



行橋駅から小倉駅に戻る時は普通電車を利用し、電車の旅を楽しみました。


Jr   小倉行き普通電車



鈍拓男さん(※文末に説明)に「ソニックは青色もある」と聞いていたので、

小倉駅で「青のソニック」を見た時は嬉しかったです。

「青のソニック」は「白のソニック」とはまた違ったフォルムでカッコよかったです。



Photo_5   青の「特急ソニック」



小倉駅では「観光案内所」に寄って、パンフレットをもらい、

私たちなりのプランを立てることにしました。



案内所内には「銀河鉄道999」のメーテルの立看がありました。

なぜなのかわからず、スタッフの方に質問して、

松本零士さんの出身地が久留米市だと初めて知りました。



駅のすぐ近くに「北九州市漫画ミュージアム(2012年開業)」があることも初めて知りました。


北九州市漫画ミュージアム

http://www.ktqmm.jp/about



また、小倉城の近くには「松本清張記念館」があることも知り、

この2つの場所を組むコースにしました。


松本清張記念館

http://www.kid.ne.jp/seicho/html/index.html



Photo_17   小倉駅構内


Photo_18

 小倉駅構内 「銀河鉄道999・北九州市漫画ミュージアムの案内」




少し寒かったけれど、朝からチラチラしていた雪もやみ、

青空が広がっていて散歩するにも気持ち良かったです。



Photo_21   小倉駅



小倉駅から小倉城方面に向かう商店街は味わいがありました。



Photo_10   小倉駅近くの商店街



アーケードには地元の方たちの作品でしょうか?!

いろいろな川柳の垂れ幕がぶら下がっていました。


Photo_11   小倉駅近くの商店街



「よもぎうどん」の看板にも心惹かれましたが、

昼食後だったので、さすがに入ることはできませんでした(^-^;



Img_1975   よもぎうどんのお店


Photo_12   小倉城


Photo_13   小倉城



青空に映える小倉城を見た後、「松本清張記念館」に行きました。



Photo_14   「松本清張記念館」の看板




「松本清張記念館」では数々の作品が生まれた背景や

映画化された作品にまつわる軌跡について展示されていて、とても興味深かったです。



独身時代は映画鑑賞が好きで、邦画もよく観に行っていました。

中でも「砂の器」は回数も覚えていないくらい頻回観た映画です。




作品のテーマも印象的でしたが、

劇場の大画面で観た迫力や「宿命」の演奏が圧巻だったことは

今でも脳裏に焼き付いています。




テレビ放映されたり、DVD化される映画も多く、

最近は映画館に観に行く人たちも減っているかも知れませんが、

映画館での鑑賞の醍醐味をあらためて思い返していました。



前夜の語らいにも共通して、タイムスリップできる空間と時間がとても心地よかったです。

そんな余韻を残しながら、第2の目的地に向かいました。



駅から「北九州市漫画ミュージアム」に向かう通路には

メーテルと鉄郎やキャプテン・ハーロックの銅像がありました。



ベンチに座るメーテルの隣に並んだ山ねこは何とも絵になる気がして、

思わず写真を撮りました。



このブログには山ねこの写真が多いですが、

山ねこの自然な動きが「私好みの被写体」になりやすいのです。


Photo_15  

   「メーテル」と「山ねこ」と「鉄郎」


Photo_16  

   「宇宙海賊キャプテン・ハーロック」


Photo_19  

   「北九州市漫画ミュージアム」エントランス


Photo_20  

   「宇宙海賊キャプテン・ハーロック」のフィギュア





「北九州市漫画ミュージアム」に展示してあるものは

「松本清張記念館」に展示してあるものとは違いますが、

私が生まれ育った昭和時代の生活を思い起こせる作品もあり、

展示してある作品を通して、子ども時代にタイムスリップしました。



「閲覧ゾーン」には座ったり、寝転んだりして読めるコーナーもあり、

たくさんの方たちが漫画を読んでいらっしゃいました。



今は漫画を読む日常はないけれど、高校生の頃までは漫画三昧でした。

漫画を通して心が豊かになったところも多かったかなと思います。



「松本清張記念館」と「北九州市漫画ミュージアム」で過ごした時間の中で、

人生には無駄なものはなく、

その時代その時代に出逢った人やできごと、体験したことが、

その後の人生に深く関わってくるんだなぁと再認識しました。



今回の福岡での2日間は、私にとって「タイムスリップの旅」でもあり、

未来に繋がる良い旅になりました。



また行きたいなぁ(*^^*)

いや、行こう!!(*^^*)

いや、行くぞ!!(*^^*)





ひとつ前のブログに何度も登場した鈍拓男さんです。

ただ、お名前の漢字を書き間違えていました。

 正:拓男 

 誤:宅男

何度確認しても、何が間違っているのかわからず、

拓男さんに教えていただいて、漢字の書き間違いだとわかりました。


修正しなくては…と思いましたが、

「おもしろいからそのままでいいですよ」と言われました。

温かなメッセージを素直に受け取り、

ひとつ前のブログのお名前は修正していません(^-^;

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »