« 両親から私への「エール」 | トップページ | 今年の春のお花見 その2 »

2018年4月11日 (水)

今年の春のお花見 その1

「三寒四温」「光の春」「音の春」「気温の春」など季節の移ろいを表すことばが大好きです。

季節の移ろいをほんの少しでも感じられるように暮らしていられれば、

多少辛いことやしんどいことがあっても前向きになれました。



3月は生まれ月でもあるので、昔から好きな季節でした。

冬眠から目覚める虫や動物のように、芽吹く草木のように、

背伸びをしてそろそろ動き出すぞ…という感覚があって、

何となくウキウキ気分になれるからでした。



ところが、どうでしょう。

「季節の移ろい」ということばさえなくなったのかと思うような最近の気象に戸惑う毎日です。


3月は春を間近に、冬と夏が交差するような激しい気温の変化で、

体調を保つことに今まで以上に気をつけていました。



水戸では、梅まつり開催中に桜が咲きました。

一気に気温が上がり、開花宣言されたと思ったら、満開になりました。

テレビでは連日、お花見のニュースが映し出されていました。




3月31日の午後、私たち流のお花見に出かけました。

私たちが「春の内原散歩」と呼んでいるお花見コースです。



「桜並木」がきれいなところは「渡満道路」です。



Photo   「渡満道路」


Photo_2   「渡満道路」


Photo_3   「渡満道路」


Photo_4   桜並木と菜の花



芝生の緑と桜のコントラストがきれいなのは「くれふしの里古墳公園」です。

どんぐりの木も多く、子育てサロン「うちはらっぱ」では、毎年秋に遊びに行く公園です。



Photo_5   「くれふしの里古墳公園」


「はに丸タワー(展望台)」から見える風景です。

Photo_6   「くれふしの里古墳公園」


Photo_7   「はに丸タワー」を見上げる私


Photo_9   「はに丸タワー」の上にいる山ねこ


Photo_8   「はに丸タワー」と桜



ここは「牛伏古墳群」が整備されてできた公園です。

http://www.asahi-net.or.jp/~ZT8M-TKHS/ushifusekofun.html



Photo_10   お富士様古墳(前方後円墳)



「かたくり」が群生している「かたくりの里」もあります。



Photo_11   かたくりの花


Photo_12   かたくりの花


Photo_13   堀の水面に映るかたくりの花


Photo_14   堀の水面に映るかたくりの花



樹齢300年を超える大きな「しだれ桜」があるのは「安国寺」です。



Photo_15   「安国寺」の山門


Photo_16   「安国寺」のしだれ桜


Photo_17   「安国寺」のしだれ桜


Photo_18   「安国寺」のしだれ桜


Photo_23   「安国寺」の本堂の窓に映るしだれ桜



夜はライトアップもされます。

打ち水された山門の御影石は鏡のようになり、しだれ桜が映し出されます。




Photo_19   


   打ち水された御影石に映るしだれ桜(2000年4月12日撮影)



前の週には咲いていなかった桜も咲いているだろうと思って、

笠間まで足を延ばし、また両親のお墓参りにも行ってきました。



予想通り、神社の入口の満開の桜が私たちを出迎えてくれました。


Photo_20   「常陸国出雲大社」


Photo_21   展望台から見える風景


Photo_22   拝殿



快晴の空。

静かな春の日。



「ご縁」に感謝して、

「ご縁のえん」を大切にして、幸せな未来に繋いでいきたい…

心から思いました。

« 両親から私への「エール」 | トップページ | 今年の春のお花見 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598530/66592389

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の春のお花見 その1:

« 両親から私への「エール」 | トップページ | 今年の春のお花見 その2 »