« 今年の春のお花見 その1 | トップページ | 「福祉のえん日 2018」のご案内 »

2018年4月12日 (木)

今年の春のお花見 その2

表題の内容より前置きが長いことを先に書いておきます(^-^;




昨年、両親が亡くなり、私の生活もずいぶん変わりました。



ほぼ毎日、両親のところに行っていた生活がなくなり、

しばらくの間は変な感じでした。

それでも、生前よりも両親に生かされていると感じることが増え、

元気に過ごせているように思います。

本当にありがたいことです。



ただ、大きな変化として、身体がなまってきているのを感じます。

なんでだろう…とあらためて振り返ってみてわかりました。



両親の生活介助の動作は私にとって「運動」になっていたのです。

特に、排泄介助などで一日何度も行える「スクワット」のような動作は…。



私は身体を動かすことは好きなのですが、いわゆる「運動」というものが長続きしません。

「運動」が大事だとわかっていても、何か始めても続かないのです。

特に、ウォーキングや自宅でも手軽にできそうな体操などは…(-_-;)




そんな私なので、両親の介護の中での介助の動作は、

知らない間に私にとっての大事な「運動」として日課化していたのです。



最大67キロくらいあった父を介助していた時は、

細身の身体で、よく難なく介助できるね…と言われましたが、

全くと言っていいほど腰痛知らずでした。



これは、東大阪での療育センター在勤当初から

腰痛等にならない身体の使い方を

当時の同僚のPTやOTにしっかり教わってきたことが役立っています。



幼児であっても、抱き上げ方などに留意しないと、

腰痛や腱鞘炎など、いわゆる職業病になりかねません。



初心者の時にしっかり身につけさせてもらった身体の使い方が

その後の生活にとても役立ちました。



幼児だけでなく、大人の障害のある方たちと関わる時にも、

自分自身の身体を使う日常生活動作の中でも…。




両親の訪問リハの担当PTさんには、

私自身の身体を守るように両親を介助し、

両親も楽に動けて、私も楽に動けるような体勢をとっていると褒めてもらっていました。



そうした無理のない身体の使い方に加え、

私自身のために役立っていた介助の中での「運動」が、

両親の他界後、なくなってしまったわけです。

考えてみれば、身体もなまってしまって当然かも知れません。



これは自分自身の今後のためにも良くない…と最近やり始めたのが、

ストレッチやエアロビクスやヨガです。



10年以上前「アクアビクス(※)教室」に通っていましたが、

続けて行くことができなくなり、中断していました。

(※)プールでのエアロビクス



当時、その施設は温水プール以外に、

入浴場やカラオケなどができるお座敷もありました。



震災で施設が被災し、その後、リニューアルしてスタジオができ、

ストレッチやエアロビクスなどがスタジオ・プログラムとして開講されるようになったのです。



毎日開講しているスタジオ・プログラムはいつでも自由に参加できます。



最近やっと、ストレッチやエアロビクスなどが日課化してきました。




施設のまわりには桜の木が多く、環境的にも良いのです。



Photo  敷地内の桜


Photo_2    敷地内の桜


Photo_3  敷地内の桜


Photo_4   敷地内の桜


Photo_5   敷地内の桜



スタジオからも満開の桜が見えます。

日差しを遮るために普段は閉めてあるブラインドを開けて、

満開の桜をみながら、身体を動かしました。

こんなお花見もあるんだと…とても嬉しくなって写真を撮りました。




Photo_6   スタジオから見える桜


Photo_7   スタジオ内



私が動いている写真はないですが、もちろん、楽しみながら動きました。

なまっていた身体も少し改善してきた気がします。



「骨盤ストレッチ」などを通して先生から伝えていただく話は、

これから加齢と共に衰えていく身体機能を少しでも維持するためにも、

私自身への貴重なメッセージがたくさん含まれています。



「運動」が続けにくい私なので、さぼり傾向になるかも知れませんが、

ステキな先生たちや環境に恵まれたことに感謝して、

マイペースで続けていけるといいなぁと思っています。



何事も自分に合った環境は大事です。



「会いたい人」「行きたいところ」が私のモチベーションになるので、

たぶん、大丈夫でしょう(^-^;



今年は早く咲き始め、満開でみんなを楽しませ、

見事な花吹雪の舞いを見せて散った桜たち。



今年の桜は両親と一緒に見ることはできませんでしたが、

いつもとはまた違った想いで見ることができました。

« 今年の春のお花見 その1 | トップページ | 「福祉のえん日 2018」のご案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598530/66602114

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の春のお花見 その2:

« 今年の春のお花見 その1 | トップページ | 「福祉のえん日 2018」のご案内 »