« 「福祉のえん日 2018」のご案内 | トップページ | 道具との出逢い(嬉しい報告から) »

2018年4月27日 (金)

「山ねこカフェ」で「遠隔参加の実験」

私たちは時々「山ねこカフェ」と名づけて、気軽に集まり、歓談する場を設けています。

別に、名づけることもないのですが、

名づけた方がより楽しくなるかなという私の遊び心です(^-^;




4月22日(日)は「福祉のえん日」のことも話せるといいなぁと思って、

実行委員のメンバーを誘いました。



メールで送った案内文です。

-----

10時~16時の時間帯に「山ねこカフェ」をオープンするので、

それぞれご負担のないスタンスで、お茶のみがてらお越しください。

いつものことながら、昼食は提供できないカフェで申し訳ありませんが、

よろしくお願いします(^-^;

-----



この案内文を読んでいただければわかりますが、

「カフェ」なのに、昼食時間に「ランチ」が出ません。



私は食事づくりは決して嫌いではないのですが、上手ではないし、

人数が多くなると、まごまごしてしまうのです。



山ねこ工作室設立当初、我が家に遊びに来てくれた大阪の友人たちが

「場所と時間を提供してくれればそれでええねん!」と言ってくれたのです。

私のことをよく知っている友人たちが勧めてくれた通り、

ずっとこのスタイルが定番になっています。



「山ねこ工作室」と関わりのある方たちは、

昼食時間を挟んでお越しになる時は「各自昼食持参」だということをご存知なのです(^-^;



気の利いたお振舞いができない私ですが、それが良いのか?!

「山ねこ工作室はいつ行っても気を使わなくて良い」と言ってもらえるので嬉しいです。

何事も「発想の転換」ができるといいかなと思っています。




さて、本題に入ります。


この日は部屋にドーンと、大型テレビを準備しました。

(26インチなので、山ねこは大型じゃないと言っています)

両親が生前使っていたテレビです。



我が家にテレビは2台必要ないので、

このテレビはモニター代わりに使うことにし、何かの時に使おうと思っていました。



今回は話し合いの時に必要な資料等を観る時に使いました。

画面も大きく、見やすくて、とてもいい感じでした。



でも、実は、もう一つ、「サプライズの作戦」がありました。



予定があって参加できない八木ちゃんに

FaceTimeで遠隔参加してもらうことでした。



八木ちゃんから私宛にスタンバイOKのメールが入り、山ねこが動き始め、

画面に八木ちゃんが写ると、みんなビックリしました!!



Photo   八木ちゃん登場!!




作戦大成功~!!



私の「できたらいいな」が

八木ちゃんのパソコン、

山ねこのiPhone、

我が家のテレビ、

100均のアンプとスピーカー、

これらを繋いでもらって実現しました。



iPhoneに100均の広角レンズをつけると参加者みんなが写るようになりました。



Photo_2   iPhoneに「広角レンズ」取り付け


Photo_3   八木ちゃんと打合せ中


Photo_4   八木ちゃんと打合せ中




必ず、その場にいないと(参加しないと)…と思うんじゃなくて、

参加の仕方にはいろいろあるということを知り、

こうして実体験すると、相互に嬉しい感覚を実感できます。



障害の有無に関わらず、いろんな事情で参加できない時に、

お互いにこのような実感を積み重ねて、

「発想の転換」もできるといいなと思いました。



この日は、OTのKさんが持参してくださった興味深いものをみんなで体験しました。



手づくりの「簡易筋電計」です。



筋電計はフイードバック療法として、病院等で使われている医療機器とのことですが、

(私は知りませんでした)

訪問リハの訪問先で手軽に使えるものはないかと探していて、

以下のページを見つけたそうです。



(参考)

簡易筋電計の作り方

http://www.f.waseda.jp/y.muraoka/Simple-EMG-BF/1home.html



Kさんはここに掲載されている回路図を元に手づくりされました。

(山ねこもサポートしたようですが…)



Photo_5   簡易筋電計 回路図



マヒ等により、体感的にわかりにくい筋肉の動きを

視覚的情報(図やグラフ)に変えてパソコン画面に写し出せます。



Photo_6   簡易筋電計 体験中



私自身は筋肉の動きは体感的にわかりますが、

実際に体験してみると、力の入れ具合がグラフ化されることで、

よりリアルに筋肉の動きが体感できました。



例えば、力を全く入れずに、グーパーしても、

筋電図のグラフは平らなままですが、

力を入れてグーパーすると、グラフは波打ちます。

入れる力を強くすると、グラフは大幅に波打ちます。



こうしてグラフで表示される「見える化」によって、

体感的にわかりにくい方たちにとっては、

リハビリ等で手足や体を動かす時に体感しやすくなると思いました。



この体験タイムの様子は、八木ちゃんにもFaceTimeを通して見てもらえました。

八木ちゃんも興味津々で「僕もほしい」と言っていました。



「福祉のえん日」の打合せも兼ねた「山ねこカフェ」でしたが、

八木ちゃんの75㎞位離れた自宅からの参加で、

楽しく、有意義な話し合いができました。

あっという間の2時間でした。



この日のことは全員初体験でしたが、みんな感動していました。



私はどれもこれも仕組みや設定の仕方はわかっていませんし、

説明されてもよくわかりません(-_-;)



でも、「やりたいなぁ」とつぶやく(叫ぶ?!騒ぐ?!)と

いろんな人たちが実現に向けていろいろ考えて助けてくれます\(^o^)/



「あったらいいな」「できたらいいな」を叶えてくれる大切な仲間たちがいて幸せです!



いっぱい笑い合える「山ねこカフェ」をありがとうございました。



楽し過ぎて、さよならの時間はちょっと寂しくなりましたが、

八木ちゃんにみんなで手を振ってお別れした後、終了しました( ´ ▽ ` )ノ



Photo_7   八木ちゃんに「さよなら」のご挨拶



「福祉のえん日」もこんな感じで遊べたらいいなと思っています。
 

« 「福祉のえん日 2018」のご案内 | トップページ | 道具との出逢い(嬉しい報告から) »

山ねこ工作室の活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「山ねこカフェ」で「遠隔参加の実験」:

« 「福祉のえん日 2018」のご案内 | トップページ | 道具との出逢い(嬉しい報告から) »