« 福岡は熱かった!!~「DonTAC」参加報告~ | トップページ | 「ご縁のえん」~「福祉のえん日」の「光と音のへや」~ »

2018年7月11日 (水)

「福祉のえん日 2018」の報告

今年3回めとなる「福祉のえん日」が、6月23日(土)に無事終わりました。



Photo  案内チラシ(表)


Photo_2 案内チラシ(裏)

今年も実行委員全員揃って参加できなかったものの、

ブース出展者も他のメンバーも、それぞれ無理なくできる範囲で準備してきているので、

人数が少なくても、余裕をもって展示準備ができていたと思います。




Photo_12  受付(福祉のえん日 手書きの扇子)




ブースのひとつでもある「辻友紀子ミニギャラリー」は、

準備時間にゆっこさんご本人は来れませんが、

事前にお預かりしていた2点のパステル画とその他の展示物と共に、

展示作業に戸惑わないようなマニュアルをいただいていました。



Photo_3  ゆっこさん作成のマニュアル


Photo_5   辻友紀子ミニギャラリー


Photo_6   辻友紀子ミニギャラリー


こうしてわかりやすく「見える化」されたマニュアルが、

当日、ゆっこさんに代わって展示作業をする人たちの役に立ちます。



マニュアルに沿って展示しながら、

他のブースとの兼ね合いで、展示位置の若干の手直しをします。



そして、ほぼ完成という時、

展示サポーターのninoさんはゆっこさんに「写メ」を送り、

自宅にいるゆっこさんに確認されました。



「ゆっこさんから『GOサイン』が出ました~!(^^)!」というninoさんの声は

他のメンバーにも伝わり、それが、私を含め、他のメンバーの安心感や励ましにも繋がりました。



準備を手伝う人たちに配慮したこうした心遣いはとても嬉しいです。




「福祉のえん日」に限らず、私は仕事をしていた時も含めて、

長年いろんな行事やイベントに関わってきているので、

準備作業の細やかな段取りが本番の安心感に繋がると思っています。




ブース出展者の顔ぶれは、今年も変わりませんが、

それぞれに「今年のコンセプト」を考えて参加しました。



それぞれ、過去2回のブースでの様子を振り返り、

来場者の方たちの「生の声」を思い出して、

来場者の方たちがどんなことを求めて来場されていたかを考慮し、

出展するものの選び方、展示のしかたなども工夫していました。




「福祉のえん日」は事前に参加確認をするわけではないので、

今年、どんな方たちが来場されるかはわかりませんでしたが、

実行委員の「来場者の方たちと共に創り上げていく」というスタンスは

1回めから変わらないので、そんな工夫や配慮ができるのだと思います。




情報入手、情報提供、情報交換…など

それぞれが求めるものはいろいろあると思いますが、

アットホームな空間がゆったりした優しい時間になっていくのだと思います。



ゆっこさんが今回の展示にこめた想いとして伝えてくださったコメントにも繋がっていきます。

------------------------------------------------

今回展示する絵は、絵本『ありがとう』から、

「紫陽花の絵」と「虹の絵」を選びました。

6月、梅雨の季節の、やさしい物語*

------------------------------------------------

ゆっこさんの物語の2枚のパステル画は、

会場内をよりいっそう優しく、温かく包んでくださっていて、心が癒されました。




今年の新企画は

「クッキーさんのキーボード演奏ミニライブ」と

「クッキーさんのスマホ・タブレット活用ミニ講座」と

「光と音のへや」です。





当日の朝、実行委員メンバーから借りた初めて触れるキーボードを

クッキーさんは会場準備時間に試し弾きしてくださっていたので、

BGW付きのとても素敵な時間になっていました。



クッキーさんには「『BGM係』という仕事ができたような気がします」と

嬉しいコメントをいただきました。



ライブ中も各ブースは開いていたので、まわりの声や音が聞こえますが、

「ブースを見ている人たちが『何か演奏してる、聞いてみよう』と思ってくださったり、

入ってきた人が『何か演奏してる』と足を止めてくださったりすることが嬉しい」と

クッキーさんは言ってくださいました。



こういうお話を伺うと私たちのスタンスと共通しているなと思います。




今回は「Facetime」を使った「遠隔参加」を組み入れるプチ企画もありました。



当初は室内と室外とで「デモ的」にやってみる予定でしたが、

参加予定だった大阪のふみえちゃんが来れなくなったこともあり、

本格的に大阪と水戸を繋ぐことになりました。



クッキーさんのミニライブの前に、

「今、大阪と中継が繋がっています」と私がコールすると、

来場者の方たちはみなさん、ビックリされていました(@_@)



ふみえちゃんのiPhoneと私のiPadminiでの「Facetime」を

プロジェクターを使って、大きな映像として出しました。

画面にふみえちゃんの顔が写った時は歓声があがりました。


この時間帯にちょうど来場していた子どもたちは、

「テレビに映っているお姉さん」のように見えたのでしょう。

名前を呼びかけられたり、話しかけられたりすると、ビックリするやら、照れるやら…。




Facetime」をご存知ない方たちはもちろん、ご存知の方たちも、

こんな「遠隔参加」のしかたがあることに驚いていらっしゃいました。

Photo_4  ふみえちゃん 大阪から遠隔参加


Photo_9  ふみえちゃんへのメッセージ


Photo_7  クッキーさん キーボード演奏ミニライブ




中継を終えた後、ふみえちゃんから届いたメールを引用します。



ここから----


実行委員のみんなにも会えて、

みんなの優しさに電話を切った今、ホッとして涙が出てきました。


クッキーさんも、私のリクエスト曲を最初に弾いてくれて

応援メッセージまで届けてくれてとても嬉しく、心強いです!^^


みなさんありがとうございます!!

ふみえちゃん元気いっぱいもらえましたーー!\(^0^)/

えん日万歳!!


今日は本当にありがとうございました。

十数分でしたが参加できて、

みんなの温かい応援のおかげでハッピーな一日になりました。



----ここまで



15分程度の短い時間でしたが、

初の取り組みの「Facetime」による「遠隔参加」は大成功だったと思います。



クッキーさんのミニライブの締めの曲は「恋するフォーチュンクッキー」でした。


この曲を演奏してくださると決まった時、

実行委員のOさんと私は踊ることに決め、各自、自主練習していました。


AKB48のようにはいきませんが、頑張って(楽しんで)自主練習した甲斐あってか、

後で動画を確認したら、まぁ何とか踊れていました(^-^;



いい経験をさせていただきました(*^^*)


恥ずかしながら、写真だけ掲載します(^-^;



Photo_8   恋するフォーチュンクッキー






「光と音のへや」は室内にある倉庫を利用して創りました。

Photo_18  光と音のへや 入口



光ってクルクル回るおもちゃを室内にぶら下げた白いシーツ越しに光らせました。



山ねこと私の合作の「バブルタワー」も置きました。

「エアポンプ」と「水槽用のエアストーン」を使って作ったものです。

タワーにする筒には「冷茶用の不透明のポット」を利用しました。



光は100円ショップの「イルミネーションLEDライト」を使い、

ポットの後ろ側から当てました。



Photo_10  バブルタワー


Photo_11   バブルタワー  仕組み




「水の泡の音」の入った音楽をYouTubeで選び、

「光と音のへや」内ではBGMとして「アンドロイドの携帯」で流していました。



短いですが、動画を貼り付けておきます。

「2.mp4」をダウンロード





こういう世界を初めて体験した人たちは驚いてくださったり、

「癒される~」と言ってくださったりして嬉しかったです。



Photo_19  ゆっこさん ビックリの表情




私が入った時には、親子が中に入っていらっしゃって、

「娘はこういう空間が落ち着くんです」と喜んでくださいました。



「光と音のへや」はずっと創ってみたかった空間だったので、

そんなふうに言っていただけて、とても嬉しかったです。





「周ちゃんギター弾き語りミニライブ」もいつもながら、楽しく、心癒されました。


Photo_13  周ちゃん ギター弾き語りミニライブ


Photo_14  周ちゃん ギター弾き語りミニライブ


Photo_15  周ちゃん ギター弾き語りミニライブ



周ちゃんのミニライブは長年聴いてきていますが、

今回、雨の季節に合わせて選曲された2曲には驚きました!!



八代亜紀の「雨の慕情」と三善英史の「雨」です。

どちらも周ちゃんの歌声では聴いたことがありません。

とても新鮮で、味わい深く、良かったです(*^^*)



周ちゃんは1回めから続けて参加してくださっているので、

「今年のコンセプト」としてこんなお楽しみを入れてくださったんですね。

事前に何の打合せもしていませんが、とても嬉しかったです。



周ちゃんの息子さんの美空くんも、福祉のえん日の常連さんです。

大阪のふみえちゃんとの再会を楽しみに参加してくれているので、

今回、ふみえちゃんが来れなくなったことを残念がっていましたが、

美空くんは遊び心フル稼働で楽しんでいました。



Photo_16  あそびコーナー



ふみえちゃん曰く「美空くんは遊びの天才」とのことです。

私も今回、それをより実感しました。



美空くんの遊びを創る感性やセンス、楽しみを生み出す力は、

「生活を豊かにする」「幸せになる」という

私たちが大切にしていることにも繋がるものです。



美空くんの存在は私たちにとっても貴重なのです。




会場内の様子、各ブースの様子は、写真をご覧になってください。



K  (株)ケイ・サポート ブース


K2  (株)ケイ・サポート ブース


Photo_17  スポーツ用車いすの試乗


Photo_20  リハビリテーションブース


Photo_21  八木ちゃんICTサポート ブース


Photo_22   会場全体


Photo_23  山ねこ工作室 ブース (視線入力体験中)


Photo_24  山ねこ工作室 ブース


Photo_25  機関車トーマスで遊ぶ子ども


Photo_26  はにゅーちん ストレッチ教室


Photo_27  はにゅーちん ストレッチ教室





16時からの「えん結び(交流会)」は実行委員を含め11名が参加しました。

初参加の方たちを交えた多世代・多職種の方たちの

お茶菓子とお茶を楽しみながらのフリートークで、いろんな話題が出ていました。



Photo_28   えん結び(交流会)



「クッキーさんのスマホ・タブレット活用ミニ講座」もあったりして、

たった1時間でしたが、とても楽しく、充実していました。



今回は受付前のホワイトボードに

「福祉のえん日は何で知りましたか?」

「職種・立場を教えてください」という問いかけの掲示をしてみました。



Photo_29  来場者のみなさんへのアンケート



出入り自由のイベントの場合、アンケート収集が難しいところもあるので、

このスタイルは良かったと思います。





来場者総数としては、昨年より少なく、80名くらいだと思いますが、

私たちはどれだけ「ご縁のえん」が生まれるかを大切にしているので、

会場内のあちこちで和やかに歓談・交流されていて、

今年もたくさんの「ご縁のえん」が生まれていたのが嬉しかったです。



自分自身のために「福祉のえん日」を開きたいと始めた1人1人の想いは、

来場者のみなさんの想いと積み重なり合っていくことで、

それが命名の「えん」ということばに込められた想いでもあり、

「ご縁のえん」に繋がっていくのです。





来場してくださったみなさん、お手伝いしてくださったみなさん、

告知等にご協力くださったみなさん、

いろいろサポートしてくださった社協やボランティアセンターのみなさん、

実行委員、主催関係者…すべての方たち、

そして、準備から終了までの長時間、おつき合いしてくれた

クッキーさんのアイメイトにも心から感謝の気持ちを伝えます。



本当にありがとうございました。



Photo_30  クッキーさんのアイメイト


Photo_31  集合写真


Photo_32


    ゆっこさんとninoさんからいただいたカッパのあみぐるみ





このブログに掲載した写真や動画の中には、

参加者の方たちから提供していただいたものもあります。

ご協力ありがとうございました。



最後になりましたが、「福祉のえん日」について、

他の方たちが書かれているブログをご紹介しておきますので、

読んでいただけると幸いです。




ninoさんあみぐるみ日記

https://ameblo.jp/amigurumi-nino/entry-12385901361.html




ヤギちゃんのブログ

https://ameblo.jp/blog-yagichan/entry-12387621451.html

https://ameblo.jp/blog-yagichan/entry-12387637957.html

https://ameblo.jp/blog-yagichan/entry-12388536627.html


ヤギちゃんのブログはまだ続きがあるようなので、みなさん、時々チェックしてくださいね。




繋がり合ったご縁が繋がって「みんなが幸せになるために」…

福祉のえん日が来年も開催できるといいなぁと思っています。



長文にもかかわらず、最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*^^*)

« 福岡は熱かった!!~「DonTAC」参加報告~ | トップページ | 「ご縁のえん」~「福祉のえん日」の「光と音のへや」~ »

山ねこ工作室の活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「福祉のえん日 2018」の報告:

« 福岡は熱かった!!~「DonTAC」参加報告~ | トップページ | 「ご縁のえん」~「福祉のえん日」の「光と音のへや」~ »