« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月の1件の記事

2019年12月28日 (土)

あそび場が増えるのは嬉しい(^^) ~かけはしねっと交流会に参加~

12月21日(土)つくばに行ってきました。

----------------------------------------------------

「TSUKUBA福祉機器展2019」

日時:2019年12月21日(土)10:00~15:00

会場:つくばカピオ

(〒305-0032 茨城県つくば市竹園1丁目10ー1)

入場無料

https://www.kowagishi.com/2018/06/05/post-1528/

----------------------------------------------------


私たちは、この中の「かけはしねっと交流会」で、

お手伝いをすることになりました。


Photo_20191228002501 福祉機器展のチラシ


かけはしねっと 活動報告ブログ(12月10日付)

https://kakehashinet.jp/info/2940410


「かけはしねっと」のみなさんとは、2017年からご縁を得て、

過去2回、イベントのお手伝いをしています。


●道具との出逢い(嬉しい報告から)2018年5月23日 (水)

http://yamaneko-kousakusitu.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-1902.html

●かけはしねっと企画「支援機器の製作と体験ワークショップ」のお手伝い

http://yamaneko-kousakusitu.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-94c4.html

 


今回の企画のお手伝いは初めてです。


福祉機器展の会場の3階の一室が「交流会」の場として用意されていて、

その中のテーブル2台が展示スペースでした。

過去のイベントのように、申し込まれた方だけが参加される場ではないため、

事前に、来場者数もメンバーもわからないという状況ですが、

でも、それはそれで、ワクワク感やウキウキ感があります。



スイッチ類は、最新作の「歯ブラシキャップ型スイッチ」を含め、

いつも通り、いろんなタイプを持参していきました。


Photo_20191228014001 歯ブラシキャップ型スイッチ




部屋は「くつろぎスペース」としても使えるようになっていて、

お子さんたちも多く参加されるだろうと伺っていたので、

スイッチで動かすものは「福祉のえん日」や特別支援学校等とは少し変えて、

いろいろ選んで持っていきました。


「ダンシングオラフ」や「歌うアヒル」など、

今まで、外出の機会の少ないものも連れて(笑)行きました。




私は遊び方や使い方のレパートリーを考えて、

それらを実現する方法を山ねこに相談し、

少しでも楽しめるような「仕込み」もしておきました。


10時~16時まで、時間もたっぷりあるので、

参加者の方たちとアイディア交換しながら、

楽しい遊びに展開できるといいなという想いもありました。



Photo_20191228001201 展示の準備完了


Photo_20191228001301 展示


Photo_20191228001302 展示


Photo_20191228001303 展示



福祉機器展の会場では、タイムスケジュールとして、

特別講演や茨城の人気ヒーロー・時空戦士イバライガーショーがあったので、

交流会の部屋は来場者の少ない時間帯や多い時間帯など、差がありました。


それでも終始、ゆったりとしていて、温かな空気感がありました。


お子さんの年齢層も、幼児から成人されている方たちまで…と幅広く、

お母さんやお父さんやご家族、事業所の職員さんやリハ関係者、議員さんなど、

いろんな方たちが来場してくださいました。


1階で出展されていた「産業技術総合研究所(産総研)」のブースにも

午後からは「クマちゃんと5種類のスイッチ」が出張出展していました。

それらを見て、来場してくださった方たちもいました。


Photo_20191228001401 「産総研」のブースに出張(笑)したスイッチ類




こうしたスイッチ類や改造おもちゃに触れたことの少ない方たちが多かったようで、

ビックリしたり、おもしろがったり、感動したり、感激したり…といった

私たちにとっては「新鮮な感想」を伺えたのが嬉しかったです。


興味や関心の視点がいろいろ違っているところも嬉しかったです。


視点や思考が多岐にわたると、お話している中で、

私たちの発想も豊かになります。


アイディアはこうした交流の中で生み出されることを再認識しました。


Photo_20191228001601 会場内の様子


Photo_20191228001701 会場内の様子


Photo_20191228001801

「CDケーススイッチ」で「クマちゃん」を動かす


_moment_20191228012601

「ひもスイッチ」で「電動の犬」を動かす


_moment_20191228013101

「マイク型音声スイッチ」で「改造カプチーノミキサー」を動かし、太鼓を叩く

 

今回、新ネタ(笑)として提供したのは、以下のものです。


------------------------------------------------------------------


①「電動の犬」に話しかけながらお散歩する

  ※犬には「かけはしねっとの『はっしー』」と命名してもらいました。


Photo_20191228001702 「はっしー」スタンバイ(笑)



 「電動の犬」と「マイク型音声スイッチ」を繋ぐ

   ↓

 「マイク型音声スイッチ」に向かって「はっしー、出ておいで」と言う

   ↓

 犬小屋に見立てた箱から犬が出てくる

   ↓

 犬に「一緒に散歩に行こう」「楽しいね」などと声をかけながら、一緒にお散歩する


 (補足)

  今まで、「電動の犬」はいろんなスイッチと繋いで遊んできました。

  「マイク型音声スイッチ」と繋ぎ「だるまさんがころんだ」をしたこともあります。

  今回、話しかけながら…というのが、楽しいお散歩になったと思います。


  歌を歌って、より楽しいお散歩をしているお子さんもいました。

  「はっしー」も活き活きとしていて、お子さんと交流しているなって思いました。

  いやぁ、お子さんの発想って素晴らしいです。



②スイッチ操作で「改造マッサージ機」を動かす

  ※スイッチは何でもOK


 「スイッチ」と「音楽を録音したVOCA」と「マイク型音声スイッチ」と

 「クッションに仕込んだ改造マッサージ機」を繋ぐ

   ↓

 スイッチ操作すると、「VOCA」から音楽が流れる

   ↓

 「マイク型音声スイッチ」がその音を拾う

   ↓

 「クッションに仕込んだ改造マッサージ機」が動く


 (補足)

  「クッションに仕込んだ改造マッサージ機」はスイッチと繋げば動きますが、

  間に「音楽を録音したVOCA」と「マイク型音声スイッチ」を入れたことで、

  より楽しくなりました。


  音楽の強弱によって、マッサージ機の振動の程度も変わるのです。


  これを提案したら、

  「子どもにマッサージしてもらえる」

  「これって、子どもの役割・子どもの仕事になるね」

  「子どももお母さんに喜ばれて、褒められて、嬉しくなるね」

  「子どもも自分がやったことが役に立って、嬉しくなるね」

  …という感想をいただきました。



③「アレクサ」を「VOCA」と「スイッチ」で動かす

  ※スイッチは何でもOK


「スイッチ」と「アレクサ、〇〇して」と録音した「VOCA」を繋ぐ

   ↓

「アレクサ」の傍に、録音した「VOCA」を置く

   ↓

スイッチ操作すると、「VOCA」からメッセージが再生される

   ↓

「アレクサ」が「VOCA」のメッセージに対応する

 ※今回は「歌うたって」や「クリスマスの歌、うたって」などを録音しました。


 (補足)

   誰でも思いつきそうなことだと思いますが、

   「VOCA」の存在を知っている方たちからも

  「こんな発想はなかった…(^-^;」という声も聞かれました。


  「アレクサ」は市販品で、使っている方たちも増えてきていると思います。


  「しゃべることができないから使えない」ではなく、

  「VOCA」に限らず「音声出力できる機器類」とのコラボで、

  活用の幅は広がりますよね。


  来場者の中に「トーキングエイド」と「アレクサ」 を

  併用しているという方もいました。


------------------------------------------------------------------


今年は「パプリカ」という歌が流行りましたが、

ここでも、子どもたちが「パプリカ」を楽しんでいました。


_moment_20191228010001

 「パプリカ」を録音した「VOCA」に合わせて歌を歌う




今まで、展示・体験の場は特別支援学校中心に長年やってきていますが、

やっぱり、子どもたちが参加していると遊びのレパートリーが増えます。


何人かの方たちから、スイッチの個別相談も受けました。


実際に、ご本人が体験された上で意見交換しました。


ご本人は来場されていませんでしたが、

支援者の方たちが、ご本人の状態を伝えてくださった上での意見交換もしました。


具体物があると、それらを元に、その場で微調整もできますし、

工夫や改良などのアイディアも出し合えます。



来場者の方たちと私たちとのそんな様子を見て、

「かけはしねっと」の方たちは「こういう交流の場を作りたかった」

「企画して良かった」と喜んでいらっしゃいました。



やっぱり、こういう展示&体験会はいいです!!

私たちにとっては「あそび場が増えた」という実感でした。


同室で「かけはしねっと」の方たちが「ハンドスタンプ」もされていました。


Photo_20191228002701 「かけはしねっと」のコーナー


Photo_20191228002801 「ハンドスタンプ」


Photo_20191228002802 「ハンドスタンプアートプロジェクト」のチラシ




「ハンドスタンプ」のことは初めて知りました。


「ハンドスタンプアートプロジェクト」

http://www.handstampart.com/index.html



まだまだ知らないことがいっぱいです。



これからも、末永く、できる範囲でお手伝いできればいいなと思いました。


Photo_20191228002901 「かけはしねっと」のみなさんと記念写真




2019年は、今まで以上にたくさんのあそび場を提供していただきました。

山ねこ工作室としての活動報告はこれが最後です。


まだ、報告できていない活動もありますが、

それは、新年になってからにします(^-^;



2020年も、いろんなところに出かけて、楽しんでいきたいなと思います。


ブログを読んでくださっているみなさん、

今年もありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。


良いお年をお迎えください(*^^*)

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »