« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月の3件の記事

2020年1月23日 (木)

マジカルトイボックス 冬のイベント、参加報告(?!)

2020年1月4日~5日のことなので、もう3週間近く前のことです。

いつものことながら、遅くなってしまいました(^-^;

その上に、めっちゃ私流の報告です(^-^;


今年は開催日程が「松の内」だったにも関わらず、参加者も多く、

やっぱり、人気のあるイベントだと感じました。


第49回イベント案内

http://magicaltoybox.org/mtb/event/event49/



マジカルの冬のイベントは、講演・演習・製作講座だけでなく、

「親睦・情報交換・交流」の時間があるのが、最大の魅力だと感じています。


そんな魅力が私たちを引きつけ、

初参加の2002年から私たちの「新春恒例参加行事」になっています。


私は視覚障害があるため、もう何年も前から電子工作が難しくなり、

山ねこに私の分も製作してもらうというスタイルにはなりましたが、

製作しなくても居心地が悪いということが全くないのが嬉しいです。



今回の製作は、私にもできそうなところがありました。

「ケーブルを必要な長さに切って、被膜を剥く」という作業です。


スタッフの方にお願いし、私の作業中の写真を撮っていただきました。

Photo_20200123173401 作業中



嬉しそうな表情の自分の写真を見て、良かった…と思ったのもつかの間、

山ねこにはダメ出しされてしまいました(^-^;


山ねこには最適な作業結果ではなかったようです…(トホホ)


視力の大きな左右差による遠近感の掴みづらさは微細な作業だとキツイです。

でも、そうして現実を知ることは自分にとって大事なことですし、

必要なことは手伝ってもらえば良いと思っています。



スタッフやサポーターの方たちの事前作業で考慮された製作だったようで、

今回はそれほど難しい工程はなかったようです。


Photo_20200123173501 「スイッチインターフェイス」動作確認中



今まで以上に感じたことは、小松さんや金森さんのお話の中に、

「情報交換・交流を積極的に…」というメッセージが多かったことです。


それは私には得意分野なので、懇親会やその後の交流会、翌日の午前中は、

たくさんの方たちといろいろお話できました。


Photo_20200123173502 懇親会(自己紹介)



宿泊
棟ロビーでの交流会では、偶然にも「日本酒好き」が集まりました。

テーブルに並んだ日本酒に引き寄せられて席に着いたのが、

私以外にお2人いらっしゃっただけなんですが…(^-^;

(山ねこは別のテーブルで飲んでいました)



4_20200123173601 交流会



まわり
の方たちは、教育や支援の話をされているようでしたが、

私たち3人は日本酒の話ばかりしていました。



お1人は、ご自宅で「日本酒会」をされるほどの日本酒好きとのことで、

スマホで撮った写真も見せていただきました。


Photo_20200123173701 日本酒の写真


「山本」という名前の日本酒があることを初めて知りました。

まだまだ、知らないことがいっぱいです(*^^*)


そんな楽しい気分の中、支援の話もたくさんしましたが、

その内容はここでは割愛します(^-^;


茨城からは以前から少しおつき合いのある女性が初参加されていました。

ずっとマジカルのイベントに参加したいと思っていたそうで、

憧れの「福岡の福島さん」との交流も楽しまれていました。


Photo_20200123173702 交流会


了承を得たので、ステキな写真を掲載しておきます。

Photo_20200123173703 嬉しい笑顔



翌日は、小松さんからいろいろ情報をいただきました。


200 手づくりタッチペン

Photo_20200123173901 手づくりタッチペン



他のみなさんが自由製作をされている時間、私は殆ど、誰かとお話しています。


ステージのプラレールを囲んだ場では「MaBeee」の遊び方の話を伺いました。

ただ、新しい電池に変えても「MaBeee」がなかなか動かず難航していました。


Photo_20200123173801 「MaBeee」動作確認中

Photo_20200123173802 「MaBeee」動作確認中



山ねこによると、電池の形状の変化もあるようです。

同じ単3電池であっても、最近は、容量をより大きくするために、

本体部分を長くして、プラス極部分を薄くした形状のものもあるようです。



新しい電池を入れても「MaBeee」が動かないのはそれが理由のようでした。

レアな情報に、私だけでなく、みなさん、驚かれていました。



他に私が注目したのは「Bluetoothスピーカー Mini music speaker」です。


Photo_20200123174001 Mini music speaker


Mini music speaker

https://item.rakuten.co.jp/crystaljoy/20170228/…



ipadに書いた文章を読み上げさせると、それがスピーカーから流れます。

マイク機能もあります。

「ボイスメモ」で録音したメッセージを再生するとスピーカーから流れます。

音質も良いし、ボリュームも変えられます。



小松さんに「遠隔操作10m位だろう」と言われたので、会場内で確かめました。

ステージ側から部屋の後側の距離でもOKでした。



製作している方たちの中には、

何をやっているの?と不思議そうに私を見ている方もいました。


私があまりにも楽しんでいたからでしょう。

小松さんに現物を売っていただきました~!!


どんな使い方で遊ぼうかとワクワクします。

遠隔操作できると「いたずら作戦」もいろいろ考えられそうです(^-^)



今年の懇親会で「山ねこ工作室からのお年玉」として提供したものは、

「歯ブラシキャップ型スイッチ」の振動なしと振動付きの2点です。


Photo_20200123174101 山ねこ工作室からのお年玉


私が作った(ここを強調!)固定具も同封しました。


Photo_20200123180701 レッグウォーマー(小型犬用)

Photo_20200123180702 固定具の使用例



「歯ブラシキャップ型スイッチ」だけでなく、

その固定具への反響がとても嬉しかったです!


特に、交流会で、今までたくさんのスイッチや支援機器を作られ、

実践されている外山さんに褒めていただけたのは嬉しかったです。



…とまぁ、肝心の講演や演習がどんなだったかわからない参加報告です!!


他県の友人からいただいたもの、

「懇親会の景品」でいただいたもの、

「自由にお持ち帰りOK」でいただいたもの、

「Bluetoothスピーカー Mini music speaker」など大集合の記念写真です(^^)


Photo_20200123174102 お宝の数々


中には「動くかどうか保障なし」というものも混じっていましたが、

山ねこに動作確認してもらったら全てOKでした(^^)


Photo_20200123174201 アンプの足


アンプの足は1つとれていますが、これは私でも修理できます(^^)


お宝いっぱい、今年も良い年になりそうです(*^^*)


マジカルスタッフ&サポーターのみなさん、参加されたみなさん、

こんな私ですが、これからもよろしくお願いします。



なお、講演や演習など内容を詳しく知りたい方たちのために、

「福岡の福島さんのブログ」を紹介しておきます(*^^*)


http://sam-eatlab.blog.jp/archives/20909621.html

http://sam-eatlab.blog.jp/archives/20909648.html

http://sam-eatlab.blog.jp/archives/20919039.html

http://sam-eatlab.blog.jp/archives/20921563.html


福島さん、

こんなところでも助けていただき、ありがとうございましたm(__)m




2020年1月 6日 (月)

「楽しそうな工作」情報

帰阪したら、必ず立ち寄る「大阪の日本橋」。

…と言っても、山ねこが部品等を購入するためなので、

行き先はほぼ限定されています。


私が買うものは殆どないですが、「掘り出し物」があることもあり、

「楽しいこと」にも出逢えます。



12月にも行ってきたので、今日はその中から紹介します。



シリコンハウス

http://silicon.kyohritsu.com/



Photo_20200106162901 シリコンハウス


このお店の3階に「ものづくり工作室」があります。


-------------------------------------------------

電子工作したい!

電子工作する場所がない!

はんだ付けは、はじめてだ!

ものづくりしたい!

なにか始めたい!を応援します。

《ハンダ付けのレクチャーします。入門者歓迎!》

-------------------------------------------------


「ものづくり工作室」はそんなニーズに応えるために作られたそうです。

Photo_20200106162902 「ものづくり工作室」のパンフレット 表


Photo_20200106163001 「ものづくり工作室」のパンフレット 裏



私たちが立ち寄る時に、工作室を使っている方たちに出逢ったことはないですが、

立ち寄るたび、毎回、工作室の担当者(?!)の方とお話します。


利用されている方は初心者とは限らないそうです。

「ものづくり工作室」を利用する方の中には、

家ではんだ付け作業をしていると家族に嫌がられるから…と言って、

道具持参で、作業場として利用する方もいらっしゃるそうです。



私は「えっ?なんで??」と思いますが、

はんだ付け作業中は「独特の匂い」があるので、それが苦手な家族もいるようです。


やっぱり、世の中、いろんな方たちがいるんですね。


「匂いの苦手さ」は嗅覚過敏のある私も理解できないことはありません。

(私の場合、はんだの匂いはOKですが…)


いろんなニーズに対応するこんなレンタルスペースは良いなと思います。



今回は、他にもいろいろお話しました。

すると、同じフロアで買いものをされていたお客さんが

私たち3人の会話の中に入ってこられました。



お店の方とお客さんの実年齢はわかりません(少し年上?!)が、

山ねこを含め、幼少期から電子工作で遊んできた世代同士、

私には全くわからない「電気用語」が飛び交う会話をされていました。

みなさん、ニコニコしながら、本当に楽しそうでした。



自宅で電子工作をせず、「ものづくり工作室」を利用される方たちの中には、

そんな会話も楽しむために利用されている方もいるんだろうなと思いました。



店内には、私の興味を引く「手づくりの電子おもちゃ」も並んでいました。


毎回、この場所で、どんなものがあるか見るのも楽しみなのです(*^^*)


写真で紹介できないのが残念ですが、

「通電糸」で縫って作れるものやキラキラビーズなどを使ったものなど、

私にも作れそうな「女の子好みの可愛いもの」もあるのです。

 


店内で、興味をそそられるチラシを見つけました。


Photo_20200106162801 イベントのチラシ


http://silicon.kyohritsu.com/talkingALIEN-2020.html


社内には「共立電子女子会」というのがあり、

このイベントは女子社員さんたちの企画とのことでした。


Photo_20200106162802 「共立電子女子会」のチラシ



「おしゃべりな宇宙人」と呼ばれる電子おもちゃが展示してあり、

私の「作りたい心」がうづきました。


当日は残念ながら参加できないので、

そのキットがないか確認しましたが、キットは販売されていないとのことでした。


う~ん、残念!!

でも、いいのです。



「ものづくり 心をつなぐ 人づくり」



山ねこ工作室がずっと大事にしてきている想いに共通する

こういう場所やこういう企画があるということが嬉しいのです。


電子工作好きの大人や子どもに限らず、

いろんな人たちが「ものづくり」に触れる機会は

いろいろあった方がいいなと思うからです。


大阪なので、たびたび出かけることはできませんが、

近くに、こういう場所があったら、私たちはきっと入りびたるでしょう(*^^*)



いつも参加しているマジカルトイボックスの製作講座の参加者は大人ですが、

小・中学生なども参加できると楽しいだろうなと思います。


山ねこ工作室では、過去に、子どもたちが参加する工作教室はやってきています。


今年は、その中に、電子工作も入れてみてもいいかも…。

でも、こんなことをブログに書いたら、山ねこは困るだろうなぁ(^-^;



私の「あったらいいな」「できたらいいな」につき合わされ続ける山ねこ(^-^;

2020年はまだ始まったばかり…これから先、どうなることやら…(^-^;


2020年1月 3日 (金)

ブログから「新年のご挨拶」

2020年初のブログ更新です。


みなさん 新年あけましておめでとうございます。

昨年はいろいろありがとうございました。

本年もよろしくお願いします。


P2020 2020年の年賀状



このようなご挨拶のあとですが、

人生初、「12月中に年賀状を書いて、元旦にお届けする」という

私のルーティンが崩れました。

このルーティンは崩したくないもののひとつでした(-"-)


でも、私にとっては、

できない時もある…できないこともある…できなくなることもある…というのを

受け入れる大きなきっかけになりました。

(山ねこは、そんな大げさな…と言っていますが…)




私は小学校1~2年の時の担任の先生とのおつき合いが今でも続いています。

大人になってからも、何度もお会いしています。


先生は、当時の私のことを

「みんなの輪の隅っこで、いつも静かにニコニコ笑っていた」

「引っ込み思案の子だった」とおっしゃいます。


今の私しか知らない人たちは信じられないだろうと思います。



当時、「日記を書く」という日々の課題(宿題)と共に、

赤字で毎日お返事を書いてくださる先生とのやり取りをきっかけに、

私に「書くことの楽しさ」を教えてくださった先生です。

今でも、先生の赤字のお返事が嬉しかった当時の気持ちを覚えています。



今思えば、この課題が負担だったクラスメイトもいたと思いますが、

私にとっては大事なものだったのです。



今まで、日記だけでなく、手紙やはがきやいろんなものを書き続け、

今は、こうしてブログなどを書き続けられるようになり、

「書くこと」を人生の楽しみのひとつとして持てるようになったのは、

その先生のおかげだと思っています。




先生から届いた今年の年賀状に書かれていたメッセージです。

----

肇さんと二人三脚で楽しく!

元気が笑顔のもと、絶対無理しないでね。

----


先生は私のことはもちろん、私たち夫婦のことをよくわかってくださっていて、

ずっと見守ってくださっています。


人生の中で出逢う人はたくさんいます。


先生との55年前の出逢いが今に繋がっていることを

あらためて嬉しく思います。



年々、友人たちからのネットでのお年賀のお挨拶も増えています。

私も少しずつ発想を変えていこうと思います。

そんな想いをこめて書いた「2020年の年賀状」です。




今回の帰省は年末だけとなり、年越しは自宅でした。


留守中のことをお願いしていたお隣さんのお家に、

大晦日、帰宅の連絡をすると「お鍋持参でおいで~」と言われ、

ご挨拶に行くと「けんちん汁」と「おもち」と「ほしいも」をいただきました。


Photo_20200103165901

お隣さんからいただいた「けんちん汁」と「お餅」と「ほしいも」



ここに住み始めた頃から、お隣さんとは家族のようなおつき合いをしていますが、

こんなにも嬉しいことがあるのです。


「年越しそば」は「つけけんちん蕎麦」にしていただき、

元日は「けんちん汁」にお餅を入れていただきました。


Photo_20200103165902 年越しの「つけけんちん汁蕎麦」



毎年、冬の帰省は義母とのホテルでの楽チンな年末年始なので、

おせち料理づくりなど苦手な私は少し困りましたが、

帰省前から「工作感覚」でアイディアを練っていました。



帰路、東京のデパートで買って来たものと、

帰省前に下準備していたものを使った「ちょこっと料理」をお重に詰め、

私なりの楽しいセッティングで乗り切りました(^-^;


2020元日の食卓セッティング(蓋オープン前)


20202 元日の食卓セッティング(蓋オープン後)


Photo_20200103172301 山ねこから「新年のご挨拶」




ゆっこさんから届いた「手づくりカレンダー」は嬉しかったです。


Photo_20200103170001 ゆっこさんの「手づくりカレンダー」



京都で買って帰った「宇治抹茶×青谷の梅酒」や「大福茶」にも助けられました。

Photo_20200103171001 「宇治抹茶×青谷の梅酒」


Photo_20200103171101 宇治の「大福茶」


Photo_20200103202601 手づくりのお正月リース

100均のグッズを活用して「お正月用リース」も作っておきました。

 

今年も、こんなふうに私たちなりの歩みで、地道に暮らしていこうと思います。



山ねこは12月から依頼を受けているものもあり、

お正月も「はんだ付け」をやっています。

書初めならぬ「はんだ初め」です(*^^*)


Photo_20200103171102「はんだ初め」




夜は飲むので、縁側のひだまりの中でも「寝正月」とはならず、

大好きな作業を楽しんでいました。



縁側が寒くなると、茶の間で作業を続けていました。


Photo_20200103171103 「はんだ初め」


202013  お正月に製作したもの


電子工作はできなくても、私は私のものづくりでお手伝いしています。

楽しい二人三脚の「ものづくり」が私たちの原動力です。


やっぱり、今年も私たちのキーワードは「ものづくり」です(*^^*)


こんな私たちですが、これからもよろしくお願いしますm(__)m


« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »