« 新しく加わった日課(ウォーキング) | トップページ | ミシンの活躍(マスクづくり) »

2020年5月25日 (月)

トークイベントにZoom参加

このブログに時々登場する森本さんに紹介していただいた

「戸田家世界一周おかえりトークイベント」にZoom参加しました。

https://peraichi.com/landing_pages/view/todafamily?fbclid=IwAR1y9E7cPnRNWOmCjyWRiTwgxn4XgcsWdC2i5onabAaiARDLBbTEYEI_ibY

ご両親とお子さんたち3人の2019年7月から2020年3月までの

8ヶ月間の世界一周の旅の報告を含めたトークイベントでした。


全4回のうち、私たちは5月3日、6日、16日の3回参加しました。


森本さんから戸田さんたちのことは伺っていましたが、

私たちは戸田さんたちにお会いしたことはありません。


戸田さんたちの生き方と旅のお話から

「子どもたちの成長する力」「家族の愛」が心に深く伝わってきて、

大人がどう生きるのかが問われるんだなあと

私たち自身の生き方も振り返ることができました。


イベントの紹介ページの冒頭にも書かれていた

『旅を通して人と学びを繋ぐ』…

イベントに参加した私たち自身も「人と学び」を繋いでいただきました。


4回めは、森本さん家族がゲスト出演されました!


森本さんが発信されたイベントの紹介ページに書かれているように、

テーマは「旅 × 家族 × 夢」

戸田家と森本家の海外旅行の体験と夢が語り合われる内容でした。


4_20200525171201 第4回のイベントの紹介


森本さんが第一子のりくさんを出産後、いろんな想いでいらっしゃったこと、

旅が森本さんの生きるカになったことなど、しみじみ聴いていました。


お母さんやお父さんが我が子を想う気持ちと

私たちのような大人が子どもたちを想う気持ちには、

少し隔たりがあるかも知れませんが、

大人が楽しく、生き生きと生きていることが重要で、

それが子どもたちの明るく、楽しい今と未来に繋がるのだと強く思いました。


「自己肯定感」「自尊感情」…


子どもたちにとって重要と言われますが、私たち大人にとっても重要なことです。


大人だって、自己肯定感が持てない時は本当に辛いです。


ツアコンのエキスパート、旅好きだから、旅のお仕事でみなさんを応援したい、

障害のあるお子さんがいても旅はできるよ…ということ以上に、

私は森本さんの自己肯定感の話に、自分の想いを重ねて聴いていました。


親になるとどうしても『ママ軸』になる傾向はありますが、

少しでも『自分軸』になれると、気持ちも生き方も変わるのではないかと

長年、たくさんのお母さんたちと関わってきて感じていることです。


自己肯定感、自己満足、自分自身を快適に!

家族に感謝!


森本さんのお話を聴きながら想いを強くしました。


Photo_20200525171602 トーク中に使われたスライド



森本さんがお話されている横には、ずっとりくさんがいました。

りくさんは森本さんのイキイキした語りを嬉しそうに聴きながら、

「お母さん大好き!」というような笑顔を見せていたのも印象的でした。


Photo_20200525171301 トーク中の森本さんとりくさん

  りくさんはお気に入りの「ブルブルボタン付きのスイッチ(※)」を持っています。

   ※山ねこ工作室作

    自宅や学校などで使っているスイッチです。 
    ブルブルボタンの振動はりくさんの心の安定にも繋がっています。


森本さんに出逢えたからこそ、戸田さんたちや関係者の方たちにも出逢えました。


今回のトークイベントに参加し、

私たちも今までの人生を振り返えり、これからの人生を想う、

とても貴重な時間を過ごすことができました(^^)


森本さんがイベント当日にFacebookに投稿されています。

ご了承を得たので、投稿文をご紹介します。


---------------------------------------------------------------


本日のトークイベントは、お話しすること自体がとっても楽しくて(笑)

あっという間に時間がたっていました。

聞いてくださった方、本当にありがとうございました。


旅の話、本当に大好き。


『車椅子で医療行為もある重度の子どもをつれて、なぜ海外旅行にいこうと思ったのか』

そんなテーマをいただいて、

最初にパリに長男を連れて行った7年前を振り返った一週間でした。


まず思いついた理由は、やっぱり『根っからの旅行好きだから』。

それともう一つ、今になって気がついたこと。

『自己肯定感を取り戻すため』だったんだー。 


結婚して長男を妊娠6ヶ月で出産して、

毎日病院に通い、必死の2、3年でした。


12才の現在までに、彼は16回の手術を乗り越えてきました。


添乗員としてのびのびと仕事していた頃とは全く違う毎日。

ちょっとのことで重症化してすぐ入院する長男にヒヤヒヤ。


そして、上手くこなせない家事、育児、看護、介護。


そんな毎日で、すっかり自分に自信を無くしていました。


早産したことで障害をおわせてしまった、という負い目。


看護で働きに出ることもできなかったので、

主人だけが働いていることに対する負い目。


これって、全部自分の心の中で勝手に膨らませていただけ。

主人も長男もそんなこと、全く思ってないよって。


そんな私が一番自分に誇りをもって人の役に立てることって、

旅行の添乗をすること。

だからなんだな~

5歳になり体調も安定してきた長男と、私の母、お姑さんを連れてパリに行った。


みんなに「楽しかった」「じゅんちゃんにつれてきてもらって良かった」と言われ、

長男も劇的に体調が良くなり、すっかり私は自信を取り戻した。


母として、娘として、嫁としての役目を果たした!という

満足感でいっぱいになった。


『ママ軸』からプラス『自分軸』で生きていくところに、

今日はたくさんの女性から共感を得たと感想を頂きました。


今回のトークイベントのおかげで、

自分自身で『旅で人のお役に立つことが私の自信になる。

私の心のケアになる』ことに気がつけた。


裁縫の得意な人、料理が得意な人、などなど

医療ケアっ子のママたちも、自分の得意なことで、

子どもや周りの人を幸せにしてるなって、思い出した。


タイムリーなことに、さっきまで、BSでバルセロナの番組をやっていた。

2年前に家族全員で行ったバルセロナ旅行の話に花が咲いた素敵な夜でした。


----------------------------------------------------------------


合わせて、森本さんのブログも紹介しておきます。


元ツアコンママの子連れ旅行体験記!車いすの肢体不自由児とどこでもいくよ一

https://ameblo.jp/musicajunko/



新型コロナウィルスで、世界中が落ち着かない今、

海外どころか日本国内でも旅ができる状況ではないけれど、

戸田さんや森本さんたちの明るい夢語りは、

私たちにとっての「希望の光」にもなりました。


Photo_20200525171501 トークイベントの報告と今後の予定のスライド


Photo_20200525171601 今後の予定のスライド



戸田さんや森本さんたちのお話の続きを

いつかまた聴く機会があればいいなぁと楽しみにしています。

« 新しく加わった日課(ウォーキング) | トップページ | ミシンの活躍(マスクづくり) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しく加わった日課(ウォーキング) | トップページ | ミシンの活躍(マスクづくり) »