« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月の1件の記事

2023年8月 5日 (土)

新作グッズ(ライトボックス)の紹介

まだ、報告していませんが、

「7月22日 マジカルトイボックスのイベントでの出展&体験」

「7月29日 かけはしねっとのイベントでの出展&体験」

このふたつのイベントに参加してきました。


二つとも、対面での参加は久しぶりです。


久しぶりなので、新たに製作したスイッチも出展しました。


スイッチに繋ぐものは、改造したおもちゃやタブレット、パソコンなどいろいろあります。


今日のブログではスイッチではなく、新作の「スイッチに繋ぐもの」を紹介します。

「ライトボックス」というものです。


作ろうと思ったきっかけは、7月2日にオンライン参加したイベントでみたものが

私の興味を引いたからです。


そのイベントは全国9か所同時に開催された「EyeMoT フェス 2023」


---------------------


ポランの広場|福祉情報工学と市民活動

【7月2日】全国9か所でEyeMoT Fes. を同時開催します! | ポランの広場|福祉情報工学と市民活動 (poran.net)



EyeMoT フェス 2023 ~EyeMoTクラウドファウンディング2023~

(338) EyeMoT フェス 2023 ~EyeMoTクラウドファウンディング2023~ - YouTube



【チーム愛もっと】公開ふりかえりの会

【チーム愛もっと】公開ふりかえりの会 | ポランの広場|福祉情報工学と市民活動 (poran.net)


---------------------


イベントの内容はこれらのサイトをご覧になっていただくとして、本題に入ります。


このイベントに参加されていた

「チーム北海道」の会場からのライブ配信の画面に写っていたのが、

「TEAM EYEMOT @HOKKAIDO」の文字がライトで浮かび上がるもので、

背景はEyeMoTセンサリーのアプリの「お絵かき」で描かれた絵でした。


EyeMoTセンサリーの「お絵かき」を使って絵を描いている人たちはたくさんいます。

その絵を工夫して、アクセサリーや雑貨に加工されているお母さんたちもいます。

アクセサリーや雑貨を商品化し、雑貨屋さんやネットで販売されている人たちもいます。


SNSで紹介されている人たちもいるので、私もいろいろ見ていますが、

「チーム北海道」の画面でみたものは初めてでした。


さっそく、以前、支援機器の製作で関わりのあるKさんに連絡しました。


Kさんは動画を送ってくださいました。

ライトボックス市販品.mp4 - Google ドライブ



あらためて拝見して私の「作りたい心」が揺り動かされました。


Kさんが使っていらっしゃった「ライトボックス」の入手先もお聞きしたものの、

近くにお店はないし、ネットでもうまく探せず、購入に至りませんでした。


でも、そこで諦めないのが私です。


「ライトボックス」「手づくり」などで検索し、結果的に自分で作ることにしました。


「ファイルボックス」の中に入れるライトは

他の工作で使うために100均で買っていたものです。


Ocb OCBタッチライト



「OCBタッチライト」の改造は、もちろん、山ねこに頼んでいました。


Photo_20230805154101
スイッチ操作でOCBタッチライト3個が同時に点灯するように改造


「ファイルボックス」の中に「OCBタッチライト」を何個入れるといいか、

ライトを効率的に光らせるにはどうしたらいいか等、試行錯誤しながら作っていきました。



 ・「ファイルボックス」の底面にアルミホイルを貼ること

 ・そのアルミホイルは皺を寄せると良いこと

 ・「ファイルボックス」に衝立を立てて空間を作ること

 ・その衝立の裏側に貼るアルミホイルは皺を寄せず、ピンと貼ると良いこと



このような「ノウハウ」は山ねこに教えてもらいました。

 

閉じたまま点灯.mp4 - Google ドライブ

 

立てて点灯正面.mp4 - Google ドライブ

 

立てて点灯側面.mp4 - Google ドライブ

 

 

Photo_20230805154801 ファイルボックスの内部

Photo_20230805154501 衝立の側面の図面

Photo_20230805154502 衝立の側面の図面(サイズ)

Photo_20230805154301 衝立の内面

Photo_20230805154302 衝立の外面


Photo_20230805154901 衝立を立てた状態


Photo_20230805155301 
ファイルボックスの内
部(衝立側)

Photo_20230805155101
ファイルボックスの内部(ライトを入れた状態)

Photo_20230805155401
ファイルボックスの内部(ライトを入れた状態)


Photo_20230805155402 衝立の収納が可能

Photo_20230805155501 衝立の収納が可能

 

作ったものをいろいろ試してみて、その「ノウハウ」が有効なことがよくわかりました。

 

絵を貼って点灯.mp4 - Google ドライブ



マジカルのイベントでお会いした「できわかクリエイターズ」の引地さんに紹介したら、

「イベントで使えますね」と言っていただけました。


ブースでも好評で、とても嬉しかったです。



「カフェで使えるといいね」とお話されている人たちがいたので、お声をかけると、

特別支援学校の先生たちでした。


子どもたちが描いた絵をどんなふうに活用するかというヒントになったようで、

ふたを開けて、隅々まで写真を撮られていました。


かけはしねっとでのブースでは「スイッチ操作すると声が出る」仕込みを加えました。


「ライトボックス」と「カードケース型VOCA」を繋ぎました。

 

Photo_20230805160301
「ライトボックス」と「カードケース型VOCA」と「ラッチ&タイマー」を繋いだ状態



スイッチは「シートスイッチ」を使いました。

 

Photo_20230805160201 シートスイッチ



「シートスイッチ」は平たい形で、工夫次第でいろんな使い方ができるので、

使ってくださっている人たちはいるものの、

ブース出展の時は、なぜかちょっと地味な存在です。


そのため、ブースの前を通れば、「光って、声が聞える」という仕込みが

ちょっとサプライズ的で楽しいかなと思いました。


「シートスイッチ」の存在も知ってもらえるチャンスです。


「ラッチ&タイマー」を繋いでもらったことで、長押ししなくても、

設定した時間内、光るようになりました。

 

ライトボックス操作①.mp4 - Google ドライブ

 

ライトボックス操作②.mp4 - Google ドライブ

 

ライトボックス操作③.mp4 - Google ドライブ




ここに、お笑い系の仕込みとして、まねっこするハムスターを加えました。

 

かけはし用ハムスター仕様.mp4 - Google ドライブ




写真も動画も、自宅で撮ったものです。




実際のイベントでの様子は、後日の報告で触れたいと思います。


この「ライトボックス」を作り、私自身も楽しめて、

来場してくださったみなさんにも楽しんでいただけたのは、

「EyeMoT フェス 2023」と「チーム北海道」のみなさんのおかげです。


こんな形ですが、感謝の気持ちを伝えたいと思います。

ありがとうございました。


これからも、私にできる楽しい工作を続けていこうと思います。


電子系の仕込みが必要になった時には、山ねこを頼って…。


でも、今は、製作依頼が立て込んでいるので、私の依頼は入れることができません。


今のうちに、いろいろまとめて構想だけして、楽しむことにします。

構想する時間も私にとっては楽しい時間なので!



(備考)


今まで、100均のタッチライトはスイッチとして使えるように改造してきました。


A_20230805174001 LEDタッチライト



このブログで紹介した「COBタッチライト」は、

今まで数多く使ってきたタッチライトと違って、上が平らなのが特徴です。



残念ながら中止になりましたが、子どもたちとの工作教室で、

「ランプシェードづくり」を予定していた時、見つけたものです。



上が平らなので、ペットボトルを置くこともできます。


タッチライトの上にペットボトルを置くと光が広がります。

 

Photo_20230805171402 水を入れたペットボトルを置いた状態


Photo_20230805171401 水を入れたペットボトルを置いた状態

Photo_20230805171501 切り込みをいれたコピー用紙


On 切り込みをいれたコピー用紙を被せた状態

 

OCBタッチライトの光り方.mp4 - Google ドライブ




しかも、この「COBタッチライト」は中央のスイッチを長押しすると、

「SOSのモールス信号」の点滅になります。


「SOSのモールス信号」については、以下のサイトに紹介されています。

ダイソーのCOBタッチライト【レビュー】 - つむらの自腹です (tsumuradesu.com)


参考になれば、幸いです。

 

 

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »