« 2023年9月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年10月の1件の記事

2023年10月12日 (木)

「誰でもミュージシャン?!」の話

9月28日の「kintaのブログ」で紹介されていた「touch:waves」というWeb音楽アプリ。


Webアプリ紹介「touch:waves」 | kintaのブログANNEX (cfbx.jp)


 

touch:waves (sascacci.com)

 

 

今日はそのアプリに関することを書きます。



このアプリはFacebook友だちの間でも話題になっていました。


それを読み、私もこのアプリをさっそく試してみました。


パソコンではマウス操作で。

ipadでは画面のタップとスライド操作で。


4種類の画像と音があります。



昭和生まれの私には少しなじみにくいリズムなのですが、

ミュージシャンになったような気分になり、テンションが上がりました。


音が出るたび画像がキラキラと光るのは、私にはちょっとまぶしいのですが、

不思議なことに、リズムも音も私を高揚させるのです。


金森さんがブログに「直感的に触れれば音を出してくれるので、

まるで自分が上手くなったような錯覚も。」と書かれているように、

「直感的」というのが良いんだと思います。



私が楽しんでいる横で、山ねこが何やら作り始め、完成したのは、

何と「視線入力で演奏するための支援機器」でした。



それを作った9月29日は、10月1日に視線入力のセミナーを控えていたため、

山ねこにはその時に使えるかも…という想いがあったようです。




山ねこは「自動クリック装置」と名付けました。



パソコンに視線入力装置を取り付け、

改造マウスと「自動クリック装置」を繋ぎ、山ねこは演奏を始めました。


もちろん、視線入力での演奏です。


人前では歌うどころか、演奏なんてすることのない山ねこが、

「これはおもしろい!楽しい!」と言って、夢中になって演奏しているのです。


ビックリしました!


こんな画像はめったに撮れないと思い、動画で撮りました。


山ねこの表情はかたいような気もしますが、見ている私も楽しくて、

2人で盛り上がってしまいました。


楽しいことはいいことだ!!


山ねこの許可が出たので、Facebookに写真と動画を投稿しました。



Photo_20231011164201 自動クリック装置


Webtouchwaves
パソコンに繋いだ「視線入力装置」と「改造マウス」と「自動クリック装置」



視線で演奏①.mp4 - Google ドライブ



視線で演奏②.mp4 - Google ドライブ



視線で演奏③.mp4 - Google ドライブ



視線で演奏④.mp4 - Google ドライブ

 



投稿すると、予想以上に反響がありました。



私の投稿には支援機器の説明は何も書いていないので、

いただいた内容がわからないコメントには、山ねこが返信してくれました。


私はその分野の話にはまったくついていけないからです。


Facebookにいただいたコメントと山ねこの返信コメントから一部抜粋します。



---------------------------------------



●コメント1


勝手な想像ですが、555をボリュームで時間設定してリレー出力している、でしょうか。



●返信(山ねこ)


PICマイコンで組んでいます。

その方が部品点数が少ないのと、時間設定が確実にできますので・・・。


今は、演奏しながらでも、

ボリュームでクリック間隔を0.3秒から2秒の間で可変できます。


時間を短くするとラップ調になります。(笑)


ソフトだけでやることもできます。


速打くん(任意の間隔で左クリックを自動で連打するソフト)


【速打くん】任意の間隔で左クリックを自動で連打するソフト | ナポリタン寿司のPC日記 (naporitansushi.com)



マウスは「miyasuku EyeConLT2」で動かしています。


miyasuku EyeConLT2 | 株式会社ユニコーン (e-unicorn.co.jp)

 

 

●コメント2


視線入力でやりたい!

山ねこさん、すごいの作ったんですね。

しくみは全く理解できませんが、売って欲しいなぁ。



●返信(山ねこ)


速打くんをインストールすれば、それだけでもできますよ。

明日になってしまいますが、やり方をお送りします。



●コメント3


このソフト?アプリ?で、こどもたちの楽しみ増えますね! 

既存のボタンが押せなくても支援機器で夢が叶う。

山ねこさんもノリノリ。

かっぱさんの投稿と実況で、

見えない私でも山ねこさんの様子がイメージできてニンマリ。



●返信(かっぱ)


楽しんでいただけて嬉しいです。

演奏している音楽がよく聞こえるように、私の実況の声は控えめにしました。

視覚障害のある子どもたちも楽しめると思います。



●コメント4


この装置はSOUNOS VALKAでも使えますね。

めっちゃ欲しいです!

 

sounos:product



●返信(山ねこ)


確かにSOUNOS VALKAでも使えますが、

左クリックを押したままマウスを移動した時のような連続した音の変化にはならず、

鍵盤を一個づつ叩く感じになるので、いまいちかと思います。


演奏の最中に叩く間隔を変える必要が無ければ、

速打くん(任意の間隔で左クリックを自動で連打するソフト)で同じことができます。


それでも欲しいということであれば作ります。

 

【速打くん】任意の間隔で左クリックを自動で連打するソフト | ナポリタン寿司のPC日記 (naporitansushi.com)



●返信(かっぱ)


山ねこの解説が実際にどんな演奏になるのか、動画に撮りました。



Photo_20231011164301 パソコンに繋いだ「視線入力装置」

視線で演奏⑤(速打くん利用).mp4 - Google ドライブ



●コメント5


私もSOUNOS VALKAの活用を考えました。

速打くんだと、花火のような視覚効果と、色が変えられるのがいいですね。

早速やってみたいと思います。

山ねこさん、素敵な情報ありがとうございました。



●返信(かっぱ)


山ねこはSOUNOS VALKAへの活用はイマイチと書いていますが、

こうして実際に動画をみていただくと

いろんな活用のしかたがあることを教えていただけてありがたいです。


情報提供や情報共有って大事ですね。



●返信(山ねこ)


なるほど、そういう考え方もあるのですね。


ちなみに、ハード的、ソフト的のどちらで連打するにしても、

Webアプリであるtouch:wavesの実行時は画面を最大化しておかないと、

メニューバーやタスクトレイの中身までクリックしてしまい、大変なことになります。


google ChromeもMicrosoft EdgeもF11で画面の最大化ができます。

元に戻す場合もF11ですが、

Microsoft Edgeでは画面の上端部にマウスアイコンが滞留すると

全画面表示が終了し元に戻ってしまいます。


google ChromeもF11で元に戻りますが、

画面の上端部にマウスアイコンが滞留した場合は、

その時に表示される(✕)をクリックしない限り全画面表示が終了しないので、

touch:wavesを視線入力や、マウス操作で行う場合は、

google Chromeのほうが相性がよさそうです。


島根大学の伊藤史人さんのところの、

EyeMotマウスバリケードで上端部をガードすれば、それでも大丈夫ですね。

 

EyeMoT Mouse Barricade(マウスバリケード) | ポランの広場|福祉情報工学と市民活動 (poran.net)




●コメント6(福島勇さん)※お名前の掲載は了承済み


山ねこさんが書いておられた内容を元に、うまくいった例を以下にまとめてみます。



①速打くん(2022年 Portable版)1.0.1をVectorサイトから

 ダウンロードしてインストールします。


Vector:速打くん (WindowsMe/98/95用ソフト / ユーティリティ)



※Vectorサイトには速打くん 1.0.1のGitHub版とPortable版が公開されていますが、

 Portable版をダウンロードすれば

 Microsoftの「.NET Core 3.1 Runtime」が不要なので手間が省けます。



②視線マウスアプリはmiyasuku EyeConLT2だけでなく、

 見るマウス、EyeMoT Mouseが使えますので、

 ユーザーや支援者が使いやすいものを起動して使います。



見るマウス ver. 7.9 を公開しました – Mill Mouse – Mouse Controller with Eye Tracking by Tobii Eye Tracker 4C (wordpress.com)


トレース付き視線マウス EyeMoT Mouse | ポランの広場|福祉情報工学と市民活動 (poran.net)




③WindowsのブラウザはChromeを利用し、

 touch:wavesのサイトを起動した後、F11キーを押して画面を最大化します。



④視線マウスアプリをONにします。



⑤F10を押して速打くんをONにします。



⑥視線を動かすだけで、DJ気分になれます。



⑦終わる際には、左側のAltキーを押して速打くんを一時停止します。



⑧視線マウスアプリを終わらせます。



⑨F11キーを押してChromeの画面最大化を終了します。



⑩Chromeを終了します。



※⑧⑨は順序が逆でもOKです。




●コメント7


ブラウザの相性は、実際に活用する際にはとても重要なポイントですね。

色々まとめていただき、ありがたいです。→ 福島さん 山ねこさん


---------------------------------------



これがしばらく続いたFacebookでのやり取りです。


金森さんのお勧めもあり、Facebookへの投稿をブログに書くことにしました。


こうして書いていても、機器のこともソフトのこともよくわからない私ですが、

ブログに書くことで役に立つ人がいれば嬉しいです。


そして、これなら音楽を手軽に楽しめるという人や

このWeb音楽アプリやソフトをうまく活用して、

まわりの人たちと楽しい時間を過ごせる人が増えるといいなぁと思います。



しくみはわからなくても、私は時々このアプリを使って楽しんでいます。


山ねこのパソコンテーブルから、このアプリの音楽が聞こえてくるので、

山ねこも音楽を楽しむ時間が増えているようです。

「こんなことは実に稀です。」(宮沢賢治「革トランク」より)




来月、音楽関係の活動を予定しているので、

その時に、既存の楽器や改造グッズやこのアプリやソフトも使って、

集まった人たちと音楽セッションを楽しめるように準備したいと思っています。



老若男女、障害の有無に関わらず、楽しめる時間や場を作る…

それが私の生きがいでもあるのです。



最後に。

山ねこの作った「自動クリック装置」について詳しく知りたい人は

山ねこ工作室のホームページの「連絡先」宛にお問い合わせください。




山ねこ工作室 (coocan.jp)

 

 

« 2023年9月 | トップページ | 2023年12月 »