料理

2019年6月11日 (火)

「工作感覚の料理」を楽しむ

今日は久しぶりに「料理の話」です。


独身時代も含め、私の身近には料理上手な人たちが多く、

いわゆる「持ち寄りパーティ」でも、

私は手づくり料理を持っていくことはあまりありません(^-^;

飲み物持参が多いかな(*^^*)


後片付けは嫌ではないので、

独身時代は洗い物を一手に引き受けていました(^^)v

(これも、必要不可欠で、大事な役割分担です)

感謝されると嬉しかったです。


10年以上前までは、夏休みになると「ホームステイ」と言って、

大阪や神奈川などから友人の子どもたちが長く泊まりに来ている時も、

子どもたちと楽しめる「遊び感覚での料理」を楽しんでいました。


友人親子が「ホームステイ」している時には、

料理が得意な友人に料理を任せて、私は子どもたちと遊んでいました。

後片付けは私が担当して…(^^)v


料理が得意とは言えないそんな私が、

料理を楽しめるようになったのは、きっかけがあります。


ひとつは、野菜が豊富な土地柄だからです。


直売所などでも、地元産の新鮮な野菜が安価で売られています。


自宅で野菜を作っている人たちも多く、

食べきれないほどいただくこともあります。

そんな時は、野菜の料理のしかたを教えてもらいます。

やったこともない料理にチャレンジできる良い機会にもなっています。


もうひとつは、庭に出てくる山菜があるからです。


元々、庭にあって増えたものもありますが、

大好きだった岩手の人たち(故人)にいただき、植えて育ったものもあります。


初めて知った山菜もあります。

もちろん、いただいた時に料理のしかたを教えてもらっていました。


毎年、そんな自然の恵みとの再会が嬉しくて、食べたくなります。

食べたくなるから、作るのです(*^^*)


今日は大好きなものを紹介します。




3月20日

暖かい陽だまりの中、「ふきのとう」を見つけました。


320

収穫した4つのふきのとうは「ふきのとう味噌」にしました(^^)

320_1



4月17日

「ウルイ」を収穫しました。


4171


4172

「ウルイ」は「酢味噌和え」にしました。

417

ヌルっとした食感も気に入っています。


「ウルイ」は収穫のタイミングを逃すと大きくなってしまいます。

今年は良いタイミングで収穫できたので、何度も食べました。



4月18日

「ウコギ」を収穫しました。


418  


418_1


418_2

「ウコギ」は「お浸し」にしました。



新芽が柔らかくて美味しいのですが、

今年は収穫のタイミングを逃したので、食べた回数は少なかったです(^-^;


それぞれ味は違いますが、

春の山菜に共通している美味しさは「苦味」です(^^)



4月28日

たくさんいただいた「タケノコ」は「タケノコご飯」になりました。


428



5月6日

岩手の直売所で買ってきた「コゴミ」は「胡麻和え」にしました。


56


56_1


岩手で初めて食べた時から気に入っているものです。



5月23日

大きな大根を2本いただきました。

大根がたくさんある時には、亡母に教わった「甘酢漬け」をつくります。



5月24日

準備をして、まずは3時間、大根は水につかっててもらいました。


524


ズボラな私にピッタリなレシピなのです(^^ゞ


「塩、砂糖、酒、酢」を分量通り合わせて大根を漬け、重しをして終わり。


524_1


524_2


食べ頃の3日後を待ちます。



5月25日

1日漬けたら、大根から出た水分でこんなふうになります。


525




5月27日

食べ頃の3日後になったので、見てみました。


527

味見もしたら、いい感じです(*^^*)


実は、「大根の甘酢漬け」を初めて作って、開封した時、

「大根が泳いでいる」と叫んでしまいました(^-^;


漬けた時の3日前の写真と比較するとよくわかるでしょう(*^^*)

お隣さんへのおすそ分けの準備もできました。



残った甘酢は氷を入れて飲んでみました。

作業の後のホッと一息タイムに爽やかな味でした。


527_1




5月27日

「フキ」を収穫しました。

例年、細めの時に収穫するのですが、

今年はタイミングを逃したので、少し太くなっていました。


527_2


下処理をしてみると、これくらいの太さの方が楽なのがわかりました(^-^;

フキは太さで仕分けて下処理し、茹でて、

料理するまで水につけて冷蔵庫で待っててもらいました。


527_3


527_4


527_5 




ちょうど、お隣さんが来たので、「フキ食べる?」と聞くと、

「実は、ちょっと前に、大きく育ってきているなぁと思って見ていたの。

息子も好きだから嬉しい!」と言われました。


下処理も済んでいるフキを見て、

「もう茹でてあるの~!!嬉しい\(^o^)/」と喜ばれました。


お隣さんとはここに住んで以来、家族ぐるみのおつき合いです。

調味料が切れている時は、お互いに分けてもらいにいくような関係です。

作ったものをおすそ分けし合うこともあります。

お隣さんは料理上手なので、嬉しいです。


ちょうど食べ頃になった「大根の甘酢漬け」もおすそ分けできました。


夕飯は、大根の甘酢を活用して酢飯にし、

細めのフキは小口切りにして混ぜて、「フキ寿司」にしました。

太めのフキは油揚げと一緒に薄味の「煮物」にしました。



527_6



これだけ料理のことを書くと、料理が得意そうに思われるかも知れませんが、

ネットでレシピの検索をすることはあるものの、

基本、今あるものを私なりに工夫して作ります。



私にとって料理は「工作感覚」なので、

試してみようと思える時に、いろいろチャレンジして作るのです。

料理と言っても、手のこんだものはなく、

こうして紹介したようにシンプルなものばかりです。

時には、実験のような感じの料理です(^-^;


好き嫌いのない私で良かったと思います。


山ねこは少しだけ好き嫌いはありますが、

何でも食べてくれる人なので、とても助かっています。

言い方を変えると、

山ねこにとっては「何を食べさせられるかわからない」のです(^-^;



夏になると、夏の食材が食卓にのぼります。

今年はどんな新作が生まれるか楽しみです(^^)/


次回の「料理の話」では「山ねこ担当の料理」を紹介します。

お楽しみに~(*^^*)

2016年5月21日 (土)

手づくりの「わさび漬け」

GWは私たちの第2の故郷とも言える岩手に帰る(行くという表現より適している)が、

今年は2人揃ってGW前から不調になってしまい、泣く泣く断念しました(-_-;)

お世話になっている人たちに会うことができなかったことだけがとても残念でしたが、

今年のGWは自宅での静養の日々となりました。



完全回復したある日、山ねこはネットであるものを注文していました。

いつもは岩手で買ってくる「わさびの葉」です。



時期が少し遅れたために「花わさび」はなく、

5月12日に、箱いっぱいの少し大きく育った「わさびの葉」が届きました。


Photo  宅急便で届いた「わさびの葉」




GWと言えば「岩手」、岩手と言えば「わさび」、わさびと言えば「わさび漬け」(*^^)v

いつも留守中のことを頼んでいく家族同然のお隣さんはみんな知っています(*^_^*)



「わさび漬け」の存在を初めて知った当初小学生だった一番下の息子さんも成人し、

「山ねこさんのわさび漬け」が届くのを心待ちにしていると言っていたくらいです。



ここで、本題に入ります。



「わさびの葉」が届いたとたん、山ねこの動きは一気に変ります!!

それに合わせて、私も「わさび漬けづくり体制」に入り、台所で必要な準備をします。

普段はゆっくりペースの私も、この時ばかりはテキパキと動き、

準備ができたら山ねこを呼びます。



山ねこを呼んだら、私の出番は終わり(^^)

何もしない!! 口も手も出さない!!

このスタイルは毎年変わりません(*^_^*)



「辛く、おいしいわさび漬け」の完成を目指し、山ねこはひたすらテキパキと動きます。

多分、「時間との勝負」なのだと思います。



山ねこがその体制に入ったら、いつも私は別室でひと休みするのですが、

今回はブログに載せようと思い、デジカメを持って山ねこの傍をウロウロ…(^^)

「邪魔、邪魔(-"-)」と何度も山ねこの檄が飛びましたが、

私なりに邪魔をしないように気をつけながら、デジカメを向けました。



おかげで何とか「わさび漬けづくり」の手順を写真に撮ることができました!!


Photo_2  葉と茎を切る


Photo_3  太めの茎は細かく切る


Photo_4  ボールの中で揉む


Photo_5  揉み終えた葉と茎


Photo_6  熱湯にサッとくぐらす


Photo_7  水気を切って、ビンに入れる


Photo_8  ビンに入れた葉と茎


Photo_9  調味液(醤油、みりん、お酒)を入れる




あとは熟成を待つのみ。

…と言っても、でき立てはでき立てで美味しい!!

鼻にツーンとくる「わさびの辛味」!!



毎年毎年、「わさび漬けづくり」を楽しむ山ねこは

この「辛味の仕上がり」が「自分自身の技」だと思っているようです!!



やっぱり、わさびの辛味をどこまで出せるかが腕の見せどころなのだと思います。

(本人は「テキトー!」とは言っていますが…)



いつもより量は少なめでしたが、ちゃんと「お隣さん用のビン」もありました(*^^)v



お隣さんには翌々日の14日に届けました。

お隣さんの玄関先で山ねこと3人で話していると息子さんと娘さんが帰宅。

「わさび漬け(^^♪」と歓声が上がりました!!



今年もお隣さんにも待たれていた「わさび漬け」(*^^)v

そんなお隣さんたちの嬉しいリアクションに、

今年も山ねこの「嬉しくて、満足そうな笑顔」がはじけていました(*^_^*)



山ねこは「わさびの葉」以外に、お気に入りのお菓子なども注文していました。



Photo_10  岩手物産品




お隣さんにもその中から少しだけおすそ分けしました。



今年は岩手への帰省はできなかったGWでしたが、

岩手からのお土産を届けられた感じです(^^ゞ



お隣さんは他の田んぼより少し遅れて田植えをすることになったようで、

水も入って、まもなく田植えが始まるそうです。

作業の合間に召し上がっていただけそうで嬉しいです(^^)



去年作って好評だった「梅サワー」も大きなビンから小さなビンに小分けし、

「約1年熟成させた梅サワー」として、またお届けしました。



「去年の梅サワーを大事に大事に飲んでいる」と言ってくれた娘さん(^^)

作り手冥利に尽きる嬉しいメッセージです!!

おもわず「今年も庭の梅がたくさんできたら、また作るね」と応えました。



山ねこと私は作るものの分野が違うことは、ブログでも何度も伝えてきましたが、

こんなものも作っているということで、今日はそれをご報告しました!(*^_^*)!



今しばらくの間、山ねこ工作室に遊びに来てくださる人たちには、

「わさび漬け」と「梅サワー」を楽しんでいただけると思います。

(わさび漬けの方は早めに来ないとなくなってしまうかも知れませんが…)



どなたもけっしてご遠慮はありません(^^)



昨日は宮城のお酒、今日は茨城のビールで「家飲み」しました(*^_^*)

もちろん、「山ねこのわさび漬け」をお供に(*^_^*)


Photo_11  一ノ蔵 特別純米樽酒


Photo_12  キリン一番搾り 取手づくり